安全にお金を借りる方法を徹底検証!消費者金融、銀行カードローンに国からの貸付まで

安全にお金を借りる方法を徹底検証!消費者金融、銀行カードローンに国からの貸付まで

消費者金融、貸金業者からお金を借りることに、不安や心配を抱え込んでしまう方もいることでしょう。
ここではそんな不安を払拭するために、安全にお金を借入する手段について徹底解説!

これでもう大丈夫、安心◎でお金を借りる方法を皆さんにご紹介していきたいと思います!

安全にお金を借りたい!消費者金融に銀行カードローンって本当に安心して利用できるの?

親や友人にお金を借りる、利子もかからず大変安心してお金を借りることができますが、信頼がグラグラとグラついてしまいます。

人に迷惑をかけずに、なおかつ安心してお金を安全に借りれるところはある?

ここでは徹底的に安心してお金を借入できる場所について、考察していきたいと思います。

そもそも安全にお金を借入するとは?

安全、安心こんな2文字を追求したお金の借り方、その定義は人によっても異なるかもしれませんが、一般論で安全にお金を借りれる場所を言及すると以下のような場所が考えられます。

銀行

銀行といってもメガバンク、信用金庫、地銀にオンラインバンクなど様々です。
これらの多くはカードローン、住宅ローンをはじめに、様々なタイプの金融商品を用意しています。

因みに銀行は銀行法という法律の下で融資を行っており、年収の制限なく借入が可能、そして大型融資に強いという特徴があります。

あわせて読みたい
銀行でお金を借りる方法
銀行でお金を借りる方法!審査が容易ではない低金利融資の実情とは銀行は民間融資のなかでも、特にローン商品豊富な営業を行っています。また、潤沢な運営資金により低金利での貸し出しにも特化しています。最近では有名になった銀行カードローンをはじめ、銀行でお金を借りる方法について徹底解説していきます。...

消費者金融

消費者金融とはつまるところ、貸金業法によってお金を貸している貸金業者の事です。
消費者金融以外にも信販会社なども、いくつかの金融商品を用意していますが、これらも貸金業法という括りで融資を行っています。

消費者金融、信販会社などの金融商品は、貸金業法の1つである総量規制の制限を受けることになりるので、年収の1/3以上のお金を借りることができません。
しかし銀行とは異なり柔軟な審査、即日融資が可能な業者も多いため、非常に利便性が高いのが自慢です。

あわせて読みたい
消費者金融とはに答えるページです。申し込みも簡単で審査も比較的通りやすいのが特徴となっており、即日融資はもちろん大手消費者金融なら1ヶ月間無利息で借り入れが可能なところも!冠婚葬祭の急な入用にも短期の借り入れにもお金を借りやすい消費者金融を徹底解説します。
消費者金融でお金を借りる方法!おすすめの即日融資から審査方法まで解説します!消費者金融とはに答えるページです。申し込みも簡単で審査も比較的通りやすいのが特徴となっており、即日融資はもちろん大手消費者金融なら1ヶ月間無利息で借り入れが可能なところも!冠婚葬祭の急な入用にも短期の借り入れにもお金を借りやすい消費者金融を徹底解説します。...

クレジットカードのキャッシング枠

社会生活に必須のクレジットカードですが、ショッピング機能とは別にキャッシング機能を利用することで、ネットまたはATMでお金を借入することも可能です。
キャッシング枠は個別に与えられるわけではなく、あくまでショッピング枠との合算なので、お買い物をしすぎると、キャッシングできる額が少なくなります。

なおショッピング機能に関しては総量規制の縛りは受けませんが、キャッシングをする場合は年収の1/3以内の借入額に納めなければなりません!

あわせて読みたい
クレジットカードのキャッシング枠でお金を借りる方法クレジットカードには現金を引き出せるキャッシング枠がついている場合がほとんどです。そしてあまりに気軽なため使いすぎてしまう人も多いのが現状です。計画的な利用であれば生活にも融通が聞くキャッシング枠について解説していきます。...

国、地方自治体による貸付

国や地方自治体によっては利用目的別に別れた貸付制度を用意しており、銀行を凌ぐ低金利でお金を借入することができます。

ただし金利が抑えられるだけ審査が厳しく、なおかつ年収の制限など様々な利用条件が課されるため、利用できる方は制限されてしまいます。

あわせて読みたい
生活福祉資金貸付制度でお金を借りる方法厚生労働省管轄の融資制度が生活福祉資金貸付制度ですが、低所得であったり、65歳以上の高齢者がいる世帯、障害者いる世帯など、民間の銀行や消費者金融で借りにくい層の方たち向けの融資制度になります。...

ファクタリング

ファクタリングとは個人への融資というよりは、事業主向けの売掛金を売買することで資金調達する方法です。
つまり入金予定の売掛金をファクタリング業者に買い取ってもらうことで、早急に現金化できるのが特徴ですが、これは厳密にいうと融資とは異なる金融取引の1つとなります。

このようにお金を借入する方法は様々ですが、全てに共通している点は正規の業者、金融機関、国(自治体)であることです。
お金を借入する上での安全性とは、つまり法外な利息を取られることなく、秩序に基ずいた手順と利用制限で借入が可能なことをいいます。

お金を借入する選択肢の中で、何を優先するかはそれぞれ異なりますが、いかに状況に応じた方法、業者選びができるかが大切になってくるのです。

闇金以外は安心、安全!貸金業者が消費者に優しくなったその理由

お金を安全に借りる選択肢を紹介していきましたが、特にその使いやすさで秀でているものとして消費者金融が挙げられます。

消費者金融の5文字にネガティブな印象を覚える方もいると思いますが、現在の消費者金融は安全に利用できる環境が整っているため、過度な不安を覚える必要はありません。

以前は怖いお兄さんがオラオラ口調で債権回収に来るイメージがありましたが、一体どんな経緯を経て優良な消費者金融に生まれ変わったのか、ここではそんな変貌の歴史について触れてみたいと思います。

あわせて読みたい
闇金でお金を借りる方法(騙されないための基礎知識)
闇金でお金を借りる方法(騙されないための基礎知識)通常の金融機関で借りれない人達がいる限り「闇金」という違法業者はなくならないと思います。 弱みに付け込んでお金を貸し、法外な金利で取立てを行うので、絶対に借りてはいけませんし、甘い勧誘に騙されてもいけません。 審査なしを魅力に感じてしまうなら審査基準が違うACマスターカードの利用を考えてみるのも良いかも知れません。 ...

消費者金融の一時代が終焉したグレーゾーン金利

昔むかし消費者金融はサラ金、または街金と呼ばれ、非常に悪いイメージがありました。

消費者金融の歴史を紐解けば、それこそ戦後の日本にまで起源を紐解くことができますが、当時の金利は今では考えられない、100%越え、70%、50%というあり得ない推移で適応されてきたのです。

いまでこそ消費者金融の金利は18~20%程度でうろついていますが、2000年代前半は20%を超える金利でカードローン商品が融資されていた時代もありました。

何でそこまで金利が高く設定されていたかというと、利息制限法で制定されていた上限金利15~20%ではなく、出資法の上限金利である29.2%に標準を合わせた融資を行っていたからです。
出資法の上限金利をオーバーした貸付は勿論刑事罰の対象になってしまうので、多くの消費者金融は利息制限法の上限金利20%~出資法で定められた上限金利29.2%の間、つまりブラックともホワイトとも言えないグレーゾーンの金利で融資をしていました。

この高金利が招いた不幸は、元金がほとんど減らないというシリアスな金銭的側面だけではなく、返済をするためにあらたに借入を繰り返す自転車操業、つまりは多重債務者を産み、借金を返しきれず自己破産を選ぶ、または自死を選択してしまうケースが多発する悲劇を招いたのです。

この本来払う必要のない金利は2006年12月13日に貸金業法が改訂された際に違法と定められ、出資法の上限金利は20%まで引き下げられ、グレーゾーン金利の返還運動が起き、これがCMでもよく耳にすることになった過払い金請求です。

社会の目はこの過払い金請求に非常に敏感に反応し、消費者金融に対する過払い金請求の嵐が起き、貸金業者は大きな負債を抱え多くの業者が支払いに対応できず廃業していきました。

現在10万円未満の融資の場合は最高20%、10万円~100万円未満の場合は18%、そして100万円以上の場合は15%の金利制限が設けられていますが、この金利体制で借入ができるようになったのは、2006年に改正された貸金業法によるものだったのです。

あわせて読みたい
世代別 お金を借りる 方法
お金を借りる理由と方法!世代別のお金の借り方を徹底解説!お金を借りるのに年代などは関係ありません。しかし、実際に借りるとなるとそれぞれに優遇されていたり限定されていたり様々な借り方があります。世代別のお金の借りる方法について解説していきます。...

貸金業法改正後に金利以外で変わったこと

適正な金利があらたに制定されたことで、上限20%で借入できるようになった他にも、貸金業法改正でより消費者に寄り添う形で変化したことがあります。

まずは正規貸金業の新規登録の基準が厳格になったことで、きちんとした資金力と貸金業取り扱い責任者がいない業者は登録ができなくなりました。

また過剰貸付が原因による多重債務者を減らすために、年収による貸付の制限(年収の1/3以上の融資ができなくなる)の総量規制が導入され、今までは無収入の専業主婦も借入できたカードローン利用が原則不可能になったのです。

このほかにも信用情報機関の制定、闇金対策、悪質な取り立て行為の禁止なども盛り込まれ、今までのネガティブな意味合いが込められたサラ金からの脱却を図っていきました。

このように貸金業法が利用者目線の法律に改定されたがゆえに、消費者の安心感は増強され、そして弱小で悪質な貸金業者は淘汰されていったのです。
つまり貸金業法改正後に生き残った、またはあらたに生まれた消費者金融は、一抹の不安を覚えることなく借入が可能な優良会社へと変革していきました。

ただしどれだけ安全度が高い貸金業界といっても、いまだに詐欺まがいの法外な金利でお金を貸し付ける闇金やソフト闇金なるものが暗躍している点は否めません。

お金を借入できない層の心の弱みに付け込む、いつの時代を生きてもこのような非正規貸金業者は生まれるものですが、私たち自身もお金に自分を支配されない強さ、そしてどんな状況でも理性を失わずに生活をする、これこそがお金の貸し借りをする上での重要な教訓になっていくのです。

あわせて読みたい
改正貸金業法の基礎知識!お金を借りるルールはちゃんと知っておこう!改正貸金業法により変わった生まれ変わった消費者金融の新しいルールを詳細含めて解説します!お金を借りる前の基礎知識を身に着けたい方、改正後のメリット・デメリットを知りたい方は必見です。...

安心して金利を抑えてお金を借りるなら!国、地方自治体の制度も考えよう

消費者金融でも銀行カードローンでも安心して利用できることがわかって頂けたと思いますが、そもそも支払う金利が高く返済計画が構築できないという方もいることでしょう。
ここではなるべく低い金利で借入できる、そして理由があって消費者金融や銀行の審査が難しい方のため、国または地方自治体による支援、融資についてご紹介していきたいと思います。

様々な利用制限や条件こそありますが、申込可能な状況であるのなら、ピンチを補う1つの手段になることでしょう。

あわせて読みたい
低金利でお金を借りる!知っておくべき6つの公的融資制度
低金利でお金を借りる!安い金利が前提なら知っておきたい6つの公的融資制度!低金利でお金を借りるなら公的な貸付制度を活用しましょう! 基本的には低所得者に向けた弱者救済を目的とするものばかりとなっていますので、高所得のかたは民間のローンの利用をおすすめします。 この記事では6つの低金利制度の利用方法や気になる点を中心に、公的制度、民間金融機関の低金利ローン、銀行カードローンや消費者金融についても解説しています。...

生活福祉資金制度

生活福祉資金制度とは、全国各地の都道府県の社会福祉協議会が実施する貸付の事です。
生活の基盤が安定しない障害者、低所得者、お年寄りの生活を安定させることを目的にした融資であり、その使用用途によりいくつかの貸付が用意されています。

総合支援資金

主に生活を安定させるための支援金の事で、生活支援資費、一時生活再建費、住宅入居費があり、保証人を用意できる場合は無利子、保証人ナシの場合は1.5%の年利で借入が可能です。

福祉資金

福祉費とは、つまり生業するにあたり必要な資金のことであり、冠婚葬祭、福祉サービス、住宅の増改築、一時的な生活の維持が困難になった場合に利用できる貸付です。
利用用途によって上限額は異なりますが、最高580万円までの貸付を、保証人アリの場合は無利息、保証人ナシの場合は利率1.5%で借入できます。

教育支援資金

教育支援費、就学支度金として利用できる融資であり、低所得層に属する方が申込できます。
原則保証人を用意する必要はなく、無金利で利用可能なありがたい支援金と言えるでしょう。

不動産担保型生活資金

居住用不動産を担保に入れることで、生活資金を借り入れる資金の事です。
土地または住居の不動産評価額の70%程度を借入できますが、要介護の高齢者世帯以外は保証人を用意する必要があります。

年利に関しては3%、または長期プライムレートの内、いずれか低い方の金利が適応されます。

このように保証人ナシの場合でも1.5%という究極な低金利で借入ができるのが生活福祉資金制度の特徴なので、生活資金、教育や福祉などの人が生き抜く上で最低限必要な経費を借入する上では、第一選択になる貸付と言えるでしょう。

気になる方は居住地域の社会福祉協議会に問い合わせをしてみてくださいね。

求職者支援資金融資制度

職業訓練を受け、更に職業訓練受講手当の10万円を毎月受け取っていても、生活を維持することができない方もいると思います。
求職者支援資金融資制度は職業訓練受講手当を受け取り、なおかつハローワークでの求職者支援資金融資要件確認書交付を受けた方が利用できる融資制度です。

あわせて読みたい
求職者支援資金融資制度でお金を借りる方法
求職者支援資金融資制度でお金を借りる方法国や自治体といった公的な機関からお金を借りる制度があるのはご存知でしょうか?審査や条件が厳しく時間もかかりますが、最も低金利で融資を受けられる手段ですので人文の目的と照らし合わせてみてみましょう。...

家族と同居している方は上限10万円、独身の方は上限5万円を最大12か月に渡り融資を受けることができます。

なお保証人を用意する必要こそありませんが、年利は一律3%での貸付になります。

母子福祉資金貸付

各市町村によってその貸付の内容は異なりますが、つまるところ一人親家庭(シングルマザー、シングルファザー)を対象にした貸付の事です。
就学、生活維持、就職など様々な資金貸付が用意されており、東京都福祉保健局を例に挙げると、12の貸付が用意されています。

利息は無利息~1%程度で利用でき、様々な用途に流用できるためその利用価値が大きいことは言うまでもありません。

あわせて読みたい
母子家庭でお金を借りたいなら知っておくべき母子父子寡婦福祉資金貸付金母子家庭・父子家庭のひとり親の家庭に対して融資で支援する制度があります。条件に合致する方は利用しない手はありませんので確認してみてください。...

教育一般貸付

日本政策金融公庫からの融資のことで、いわゆる国の教育ローンのことです。
最高350万円(海外留学の場合は450万円)、固定年利1.78%で利用でき、日本学生支援機構による奨学金ともに利用できるのも魅力的!

子どもの人数によって、利用条件も細かく設定されているため、年収が比較的高い方も条件次第では利用可能です。
また母子家庭(父子家庭)、交通遺児家庭、世帯年収200万円以内などの方には、金利、返済に関して優遇措置を受けることもできるので、お子さんの教育資金に頭を悩ます場合は、銀行のローンに申込む前に教育一般貸付を検討することをオススメいたします。

あわせて読みたい
教育一般貸付でお金を借りる方法国や自治体といった公的な機関からお金を借りる制度があるのはご存知でしょうか?審査や条件が厳しく時間もかかりますが、最も低金利で融資を受けられる手段ですので人文の目的と照らし合わせてみてみましょう。...

このようにTPOに合わせて低金利または無利息で利用できる国、地方自治体の貸付は少なくありません。
上記以外にも利用目的によって異なる様々な貸付が見られるので、それぞれの緊急度、貸付額などに合わせて、最も適切な貸付サービスを利用していきましょう!

あわせて読みたい
生活福祉資金貸付制度でお金を借りる方法厚生労働省管轄の融資制度が生活福祉資金貸付制度ですが、低所得であったり、65歳以上の高齢者がいる世帯、障害者いる世帯など、民間の銀行や消費者金融で借りにくい層の方たち向けの融資制度になります。...

消費者金融も銀行ローンも安全に借入可能!状況に合わせてローン、貸付を利用しよう

安全にお金を借入するには様々な選択肢があることを分かって頂けたと思います。
借入のしやすさ、スピードを追求するのであれば消費者金融、利子に優先順位を置くのであれば公的な貸付や銀行カードローンをオススメいたします。

それぞれの借入方法に関してのメリット、デメリットも異なり、その使いやすさも借りる人の状況や金銭的な価値観によって異なるので、一概にどの借入方法がオススメかを名言することはできません。

だからこそ自分の置かれているTPOを客観視し、金利ばかりに目を向けるのではなく、広い視野で今の自分にシックリくる借入方法をチョイスしていきましょう。

あわせて読みたい
お金を借りることが可能なところはどこ?7つの場所の特徴と条件別におすすめを紹介!
お金を借りることが可能なところはどこ?7つの場所の特徴と条件別におすすめを紹介!お金を借りられるところと言うと、銀行や消費者金融などの金融機関をイメージするかもしれませんが、他にも融資をしてくれる場所はあります。また、どこで借りるのが良いかは一人ひとりの条件によって違います。借り入れができる7つの場所の特徴と、条件別におすすめの借入先を紹介していきます。...

低金利かつ安心安全を積み重ねてる銀行カードローン

楽天銀行カードローン
近年、ユーザーからの人気がドンドン高まっているのが楽天銀行カードローン
カード発行で楽天ポイントが進呈されるのは楽天ユーザーにとって嬉しいメリット。

もっとも、人気急上昇の要因は楽天ポイントのプレゼント!
入会で1,000ポイントもらえるのは楽天ならではです。

楽天銀行口座を持っている方なら最短翌日審査・融資も可能なので、いま最も使い勝手のいい銀行カードローンといえます。

人気指数
限度額 800万円
金利 1.9%~14.5%
口座開設 不要
アルバイト OK

パート・アルバイトもOK!スマホで楽々申し込み!

詳細ページ公式ページ

今日中に借りたい!法改正で安全も保証された消費者金融

プロミス
審査は最短30分、「瞬フリ」サービスの利用なら、原則24時間最短10秒で振込可能です。

駅前に必ずある自動契約機や店頭なら土日・祝日・夜間(21時まで)も、最短1時間でカード発行前でも即日融資が可能。急な出費にも迅速に対応してくれます。

初回限定の最大30日間無利息サービス※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。)や女性専用キャッシングなど、利用者にはうれしいサービスを実施しているのもプロミスの特徴です。

人気指数
限度額 1万円~500万円
金利 4.5%~17.8%
即日融資
無利息期間 最大30日間 ※無利息サービスは初めての方のみとなります。

スマホアプリで使い勝手抜群!セブン銀行ATMで24時間いつでも借りれるプロミス!

詳細ページ公式ページ

アコム
最大30日間無利息サービス実施しているアコムは、ネットで申し込めば来店不要
22時までに契約を完了することで24時間、土日も銀行振込可能です(金融機関・申し込みの時間帯によっては利用不可な場合もあります。)
確実に契約時間に間に合わせたい場合もWEBで申し込みを済ませてから、22時までに全国どこにでもある自動契約機「むじんくん」を利用すれば、最短30分でお金を借りることができます。
人気指数
限度額 1万円~800万円
金利(実質年率) 3.0%~18.0%
即日融資
無利息期間 最大30日間 ※無利息サービスは初めての方のみとなります。

キャッチフレーズ通りの初心者にもわかりやすいはじめてのアコム!

詳細ページ公式ページ

アイフル
初回利用でも1,000円から借りられることから、キャッシング初心者でも安心して利用できると評判のアイフル。
手続きは全てネットで完了できるので、来店不要で即日融資も可能となります。

無人契約でんわBOX「てまいらず」なら9:00~21:00まで利用でき、電話するだけでその場でカード発行をしてくれます。

人気指数
限度額 1,000円~800万円
実質年率 3.0%~18.0%
即日融資
無利息期間 最大30日間 ※無利息サービスは初めての方のみとなります。

細かな利用者目線で借り方の種類も豊富なアイフル!

詳細ページ公式ページ