楽天銀行カードローンの金利の仕組みを徹底解説!他社との金利比較も

楽天銀行カードローンの金利の仕組みを詳しく解説!他社との金利比較も

人気の銀行系カードローン「楽天銀行カードローン」の金利についての解説記事です。

限度額100万円未満の場合の金利は14.5%とシンプルですが、それ以上の限度額となると金利決定には多くの要素が絡んできます。

楽天銀行カードローンが金利を決める時に重視する情報を知っておくことで、より低金利での利用が可能になるでしょう。
また他の主要な銀行カードローンや消費者金融との金利も比較しています。

特に多くの利用者が設定されやすい「限度額100万円以下」で細かく金利を比較していますので、ぜひ申し込み前に参考にしてみてください!

楽天銀行カードローン
近年、ユーザーからの人気がドンドン高まっているのが楽天銀行カードローン
カード発行で楽天ポイントが進呈されるのは楽天ユーザーにとって嬉しいメリット。

もっとも、人気急上昇の要因は楽天ポイントのプレゼント!
入会で1,000ポイントもらえるのは楽天ならではです。

楽天銀行口座を持っている方なら最短翌日審査・融資も可能なので、いま最も使い勝手のいい銀行カードローンといえます。

人気指数
限度額 800万円
金利 1.9%~14.5%
口座開設 不要
アルバイト OK

パート・アルバイトもOK!スマホで楽々申し込み!

詳細ページ公式ページ

楽天銀行カードローンは100万円未満の限度額だと必ず上限金利14.5%になる

楽天銀行カードローンの金利は「1.9%〜14.5%」となっており、その中で限度額に応じて金利が細かく区分されています。

限度額100万円未満の金利は14.5%です。

限度額が10万円でも90万円でも、限度額が100万円未満であれば金利14.5%で固定となります。
100万円以上の限度額を含めた一覧を用意しました。

限度額 金利
100万円未満 14.5%
100万円以上200万円未満 9.6%~14.5%
200万円以上300万円未満 6.9%~14.5%
300万円以上250万円未満 4.9%~12.5%
350万円以上500万円未満 4.9%~8.9%
500万円以上600万円未満 4.5%~7.8%
600万円以上800万円未満 3.0%~7.8%
800万円 1.9%~4.5%

※スマホでご覧の方は横スクロールできます。

初めて楽天銀行カードローンを利用する人は、金利14.5%になると考えておきましょう。
なぜなら入会直後の限度額は、たいていの場合100万円未満となるからです。

楽天銀行カードローンのような無担保の個人向けカードローンで、いきなり限度額が100万円を大幅に超えることは珍しいです。
コツコツと使って信用を積み重ねていくうちに限度額が上がっていくことはありますが、いきなり限度額100万円以上は難しいでしょう。

そのため大半の人は14.5%の金利で楽天銀行カードローンを使い始めることになります。

限度額100万円以上は年収や勤務先などのスコアリングで金利が決まる

収入が高い人やコツコツと楽天銀行カードローンを使っている人は、限度額が100万円以上になることがあります。
そうなると金利は14.5%ではなく、もっと低い金利になる可能性がでてきます。

ところで限度額100万円以上〜200万円未満の「9.6%~14.5%」とは、どういう意味なのでしょうか?
このように金利に幅がある場合、審査で返済能力が高いと見なされた人の金利は低くなります。

逆に返済能力が低いと見なされた人の金利は高くなります。

  • 返済能力が高い → 金利が低くなる
  • 返済能力が低い → 金利が高くなる

返済能力とは、お金を借りる際にしっかりと返せる経済力があるかどうかということです。

返済能力を判定するために、楽天銀行カードローンでは年収や勤務歴などを総合的に判断して数値化しています。
この仕組みは「スコアリング」と呼ばれています。

スコアリングが高い=返済能力が高い、というわけです。

スコアリングで重視される情報とは

スコアリングは申込時に入力した情報や、信用情報と呼ばれる個人のクレジットヒストリー(ローンなどの利用歴)で決まります。
スコアリングで重視される情報を確認しておきましょう。

  • 年収
  • 他社借入額
  • 勤務先/勤続歴
  • 延滞歴などのブラック情報

これらの情報をスコアリングで数値化して、楽天銀行カードローンでは審査をしています。
つまり上記の情報が良好であれば、金利は低くなりやすくなります。

あわせて読みたい
カードローン 審査基準 解説
カードローンが重視する審査基準!どんな属性が審査に通りやすい?これからカードローンを借りようか悩んでいる方、カードローンの審査基準について詳しく知りたい方、消費者金融、銀行カードローンを含めた審査のマメ知識も含めて徹底解説します。...

年収

年収はスコアリングシステムの中で、もっとも重要な情報の1つです。
年収が高いほど楽天銀行カードローンからの評価は高くなり、有利な金利となりやすいでしょう。

また年収は限度額にも直結してきます。

日本には年収の3分の1を超える借入を禁じる「総量規制」というルールがあります。
楽天銀行は総量規制の対象外ですが、現在は自主的に総量規制を導入していると考えられています。

そのため年収の3分の1を超える限度額は見込めません。
年収が300万円未満の人は総量規制によって限度額は100万円未満になってしまい、金利は14.5%で固定されてしまいます。

あわせて読みたい
総量規制対象外で借りれるカードローンとは?改正貸金業法の基礎を徹底解説年収の1/3までしか借り入れができない総量規制という言葉をご存知でしょうか?これは主に消費者金融が始めたものですが現在では銀行カードローンも自主規制によりこれに準じています。しかし、この規制の対象にならない金融商品もあるのです。今回はこの商品について徹底解説していきます。...

他社借入額

他社借入額とは他の金融機関で借りているお金のことです。
他社借入額も年収と並んでスコアリングでもっとも重視される情報となっています。

例えば以下のように同じ年収のAさんとBさんがいるとしましょう。

年収 他社借入額
Aさん 600万円 0万円
Bさん 600万円 200万円

※スマホでご覧の方は横スクロールできます。

Bさんはすでに他の金融機関で200万円もの借入をしています。
いくら同じ年収でも、スコアリングシステムでは無借金のAさんに大差をつけられてしまいます。

またBさんの場合は楽天銀行カードローンの自主的な総量規制に引っかかってしまい、もう1円も借りられない可能性が高いです。
年収600万円の場合は、3分の1となる200万円までしか借りられないからです。

このように年収と他社借入額は密接につながっており、楽天銀行カードローンの金利や限度額に大きな影響を与えています。

あわせて読みたい
多重債務の状態で新たにお金を借りることはできる?年収次第では新規は無理です。
多重債務の状態で新たにお金を借りることはできる?行き詰まる前の対処法を解説していきます!多重債務になって返済に困ってくると新規の借入先を探して審査に落ちるというループに陥ります。実際多重債務で新規に借り入れはできるのでしょうか?年収との関連性に注目です。...

勤務先/勤続歴

勤務先が安定している方が評価は高い

大企業の正社員や公務員など、安定した立場にある人はスコアリングが高くなります。
逆に中小企業に勤める人や、派遣社員、パート・アルバイト、自営業の人のスコアリングは低くなりがちです。
楽天銀行カードローンは派遣社員やパート・アルバイトでも審査対象ですが、金利・限度額は不利になりやすいでしょう。

あわせて読みたい
フリーターでも使えるカードローンはある? アルバイト・パートでも借り入れはできる!知って安心の審査基準!比較的、低収入と言われているフリーターの場合、時給制のバイトだと急な病欠、災害により給料が少なくなってしまうこともあるでしょう。 どうしても欲しいものがある時にはカードローンを利用したいと思う場面もあると思います。 ですが、正社員じゃなくても契約できるか不安になる方も居るなか審査を通過するためのコツについて解説していきます。...

勤続歴が長い方が評価は高い

勤続歴とは現在の職場で働いている年数のことです。
同じ職場に長く勤めていると、今後もその職場に勤務し続ける可能性が高く、収入が安定すると見なされます。
そのためスコアリングは高くなり、金利は低くなりやすいのです。

延滞歴などのブラック情報

他社で延滞歴がある人は、金利・限度額・審査の通り安さは非常に不利になるでしょう。
延滞歴は「信用情報」と呼ばれるデータベースに記録されています。
楽天銀行カードローンは審査時に必ず延滞歴をチェックするため、隠そうとしても必ずバレてしまう仕組みになっています。

数日程度の延滞であれば、楽天銀行カードローンの審査にあまり影響は与えません。
しかし数ヶ月にも及ぶ延滞になると「長期延滞」となってしまい、いわゆるブラックリスト入りしてしまいます。
低い金利どころか、審査にはなかなか通らないでしょう。

あわせて読みたい
延滞中でもお金を借りる方法?延滞中でも利用が可能な消費者金融まとめ!
延滞中でもお金を借りる方法!支払いが遅れている時に利用が可能な消費者金融まとめ延滞中だけど、お金って借りることはできるの? 金融ブラックになってしまったら、新規の借入はできないというけれど、本当にお金はもう借りられない? 今回は延滞中の借入に焦点をあてながら、融資のリアルについて考察していきたいと思います。 ...

楽天銀行カードローンの金利を他社と比較!もっと金利が低いところはある?

楽天銀行カードローンの金利を、他のカードローンと比較してみましょう。
上限金利や下限金利だけでなく、100万円以下(未満)の限度額での金利でも比較します。

銀行カードローンとの比較

100万円以下(未満)の金利 下限金利〜上限金利
楽天銀行カードローン 14.5% 1.9%〜14.5%
三井住友銀行カードローン 12.0%〜14.5% 4.0%〜14.5%
みずほ銀行カードローン 14.0% 2.0%〜14.0%
ジャパンネット銀行 ネットキャッシング 18.0% 2.5%〜18.0%
りそな銀行「りそなカードローン」 10〜70万円:12.475%
100万円:11.5% 
3.5%〜12.475%
住信SBIネット銀行カードローン プレミアムコース: 7.99%
スタンダードコース:14.79%
※審査に応じてコースが決まる
プレミアムコース:1.59%〜7.99%
スタンダードコース:8.99%〜14.79%

※スマホでご覧の方は横スクロールできます。

3大メガバンクである三菱UFJ銀行、三井住友銀行、みずほ銀行カードローンの金利は、楽天銀行カードローンとほとんど変わりません。
限度額100万円以下では14.0%前後となっています。

「りそなカードローン」や「住信SBIネット銀行カードローン プレミアムコース」は、楽天銀行カードローンよりも金利が低くなっています。
特に住信SBIネット銀行カードローンのプレミアムコースは、100万円以下の限度額で7.99%です。
楽天銀行カードローンの14.5%の約半分の金利となり、利息支払いは楽になるでしょう。

ただし金利が低いカードローンの審査は厳しくなります。
年収などのスコアリングしだいでは審査に通らないでしょう。

あわせて読みたい
カードローンを最低金利で借入することはできる!?気になる金利のカラクリについて徹底解説
カードローンを最低金利で借入することはできる!?気になる金利のカラクリについて徹底解説カードローンは各会社ごとに上限金利と下限金利が決められています。できれば0.1%でも低い金利で借りたいところですが、金利はどのように決定しているのでしょうか。金利のカラクリについて徹底解説。...

消費者金融との比較

消費者金融は限度額によって細かく金利は区分されていません。
下限金利と上限金利が決められているだけのカードローンが大半です。
ここでは上限金利で比較してみましょう。

消費者金融の初回の申込時は上限金利の18.0%(プロミスは17.8%)となることが多いです。
楽天銀行カードローンの方が低い金利となりやすいでしょう。

楽天銀行カードローンの金利は銀行カードローンとしては標準的

楽天銀行カードローンの金利について詳しく解説してきました。
最後に重要点をまとめておきましょう。

  • 限度額100万円未満は金利14.5%で固定
  • 限度額100万円以上は年収などを数値化したスコアリングで金利が決まる
  • 他の銀行カードローンと比べるとあまり金利に差はない
  • 一部の銀行は楽天銀行カードローンより金利が低いが、その分審査には通りにくくなる
  • 上限金利が18.0%の消費者金融よりは金利が低くなりやすい

楽天銀行カードローンは楽天会員ランクで審査が優遇されるほか、入会時に楽天スーパーポイントが付与されるメリットも得られます。

アコムやアイフルなどの消費者金融に申し込む前に、金利の低い楽天銀行カードローンの審査を受けてみてはいかがでしょうか?

楽天銀行カードローン
近年、ユーザーからの人気がドンドン高まっているのが楽天銀行カードローン
カード発行で楽天ポイントが進呈されるのは楽天ユーザーにとって嬉しいメリット。

もっとも、人気急上昇の要因は楽天ポイントのプレゼント!
入会で1,000ポイントもらえるのは楽天ならではです。

楽天銀行口座を持っている方なら最短翌日審査・融資も可能なので、いま最も使い勝手のいい銀行カードローンといえます。

人気指数
限度額 800万円
金利 1.9%~14.5%
口座開設 不要
アルバイト OK

パート・アルバイトもOK!スマホで楽々申し込み!

詳細ページ公式ページ

即日融資で無利息期間もある!短期借り入れなら大手消費者金融

プロミス
審査は最短30分、「瞬フリ」サービスの利用なら、原則24時間最短10秒で振込可能です。

駅前に必ずある自動契約機や店頭なら土日・祝日・夜間(21時まで)も、最短1時間でカード発行前でも即日融資が可能。急な出費にも迅速に対応してくれます。

初回限定の最大30日間無利息サービス※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。)や女性専用キャッシングなど、利用者にはうれしいサービスを実施しているのもプロミスの特徴です。

人気指数
限度額 1万円~500万円
金利 4.5%~17.8%
即日融資
無利息期間 最大30日間 ※無利息サービスは初めての方のみとなります。

スマホアプリで使い勝手抜群!セブン銀行ATMで24時間いつでも借りれるプロミス!

詳細ページ公式ページ

アコム
最大30日間無利息サービス実施しているアコムは、ネットで申し込めば来店不要
平日14:30までに申し込みが完了すると即日融資が可能です。
もし時間が過ぎてしまったり土日祝日に急遽お金が必要になってしまった場合には、全国どこにでもある自動契約機「むじんくん」を利用すれば、最短30分でお金を借りることができます。
人気指数
限度額 1万円~800万円
金利(実質年率) 3.0%~18.0%
即日融資
無利息期間 最大30日間 ※無利息サービスは初めての方のみとなります。

キャッチフレーズ通りの初心者にもわかりやすいはじめてのアコム!

詳細ページ公式ページ

アイフル
初回利用でも1,000円から借りられることから、キャッシング初心者でも安心して利用できると評判のアイフル。
手続きは全てネットで完了できるので、来店不要で即日融資も可能となります。

無人契約でんわBOX「てまいらず」なら9:00~21:00まで利用でき、電話するだけでその場でカード発行をしてくれます。

人気指数
限度額 1,000円~800万円
実質年率 3.0%~18.0%
即日融資
無利息期間 最大30日間 ※無利息サービスは初めての方のみとなります。

細かな利用者目線で借り方の種類も豊富なアイフル!

詳細ページ公式ページ