楽天銀行カードローンの審査基準を解説!審査に落ちてしまう人に共通する特徴とは?

楽天銀行カードローンの審査基準を解説!審査に落ちてしまう人に共通する特徴とは?

ネットバンクとして利用者の多い楽天銀行は「スーパーローン」(以下:楽天銀行カードローン)というカードローンを扱っています。
普段、楽天市場、楽天カードなどのサービスを利用している方にとっては馴染みがあるのではないでしょうか?

楽天からのメルマガなどでも楽天銀行カードローンの案内が来ることが多いですが、だからといって審査基準が甘いというわけではありません。

カードローンの案内はメルマガ登録者への一斉送信なので、審査に通る見込みがある方にだけ送っているということではないのです。

楽天銀行カードローンに申し込みをする前に、しっかりと最低条件をクリアできているのか、お金借りられる見込みがあるのかを確認しましょう。
この記事では、楽天銀行カードローンの審査基準、どのような場合に審査に落ちるのか、もし審査に落ちてしまったらどうすれば良いのかについて説明をしていきます。

あわせて読みたい
楽天銀行カードローンでお金を借りる方法【審査から借入、返済までの流れ】
楽天銀行カードローンでお金を借りる方法【審査から借入、返済までの流れ】楽天市場でお馴染みの楽天グループが提供する特典豊富な楽天カードローン。申し込みから審査、借入、返済までの流れを解説。申し込みする人の相性が良い人から悪い人まで徹底解説していきます。...

楽天銀行カードローンで融資を受けるための最低条件

最初に楽天銀行カードローンの融資対象となる条件を確認していきましょう。
この条件をすべてクリアしていないと審査に通ることはありません。

【楽天銀行カードローンの融資対象者】

  • 年齢が満20歳以上62歳以下である(パート・アルバイトの場合は60歳以下)
  • 毎月安定した収入がある
  • 日本国内に居住している(外国籍の方は永住権、もしくは特別永住権が必要です。)
  • 楽天カード株式会社、もしくは株式会社セディナの保証を受けられる

基本的な条件は他のカードローンと差はありませんが、消費者金融と比較した場合には融資対象となる上限年齢は低めの設定です。
そして、収入などの条件をクリアしていれば、正社員ではない、パートやアルバイト勤務の方も融資対象になります。

また、保証を受けるために何か特別な手続きをする必要はありません。
ネットから楽天銀行カードローンの申し込みをすれば自動的に保証会社による審査が実施されます。

消費者金融と違い、楽天銀行カードローンには事前診断などのツールはないため、しっかりと自分で最低条件をクリアしているかどうかを確認してください。

ただし、以上の条件を満たしていると自己判断しても、審査の結果次第では融資を受けることができないといったケースもあります。

その場合には、次のような特徴に該当していないかを確認しましょう。

楽天銀行カードローンの審査に落ちる人の共通点

楽天銀行カードローンに限ったことではありませんが、以下のような方は金融機関からの融資を受けられない可能性が高いです。

信用情報に傷がある

楽天銀行カードローンは次の3つの信用情報機関に加盟しています。

  • 全国銀行個人信用情報センター(KSC)
  • 株式会社日本信用情報機構(JICC)
  • 株式会社シー・アイ・シー(CIC)

銀行が加盟しているのはKSCだけと思っている方もいるかもしれませんが、楽天銀行は3社すべての会員となっています。
また、3社は提携関係にもあるため、どの金融機関に対してでも、長期延滞や債務整理などをした経験がある場合には楽天銀行カードローンの審査には通らないでしょう。

ただ、各信用情報機関が情報を登録しておく期間には決まりがあり、その期間が終了すればネガティブな情報も削除されます。
身に覚えのある方は情報の開示手続きで確認をしてください。

他社借入が多すぎる

カードローンを利用するにあたり、他社借入が多すぎるというのは不利な要素です。
貸金業法が適用されない銀行カードローンは総量規制の対象外なので、年収の3分の1を超える金額でも法律上は借りることができます。

ただ、自主規制によって、銀行も総量規制に準じる形で利用限度額の上限を決める傾向が強まっており、他社借入金額が多すぎるケースでの審査通過は非常に困難なのです。

また、他社借入がある分、返済能力は低く見られるため、たとえ年収の3分の1以下の他社借入であっても審査に落ちてしまうことはあります。

収入に見合わない借入金額を希望している

他社借入の話にも通じますが、総量規制の対象外だからといって年収の3分の1超を絶対に借りられるというわけではありません。

銀行であっても、収入と借りたい金額が釣り合わなければ審査に通ることはないでしょう。

とくに、2018年以降は銀行カードローン利用の自己破産者の増加により、銀行業界は過剰な貸付を自主規制しています。
まずは、必要最低限の少額で申し込みをするように心がけてください。

あわせて読みたい
カードローン 審査基準 解説
カードローンが重視する審査基準!どんな属性が審査に通りやすい?これからカードローンを借りようか悩んでいる方、カードローンの審査基準について詳しく知りたい方、消費者金融、銀行カードローンを含めた審査のマメ知識も含めて徹底解説します。...

勤務先への在籍確認が取れない

楽天銀行カードローンは申し込み後に、申告のあった職場で本当に働いているかを確かめるための在籍確認が実施されます。
虚偽の内容での申し込みはもちろんいけませんが、電話番号の書き間違いなどで連絡がつかないといったケースでも在籍確認が完了できないため、借り入れもできないのです。

別の会社に繋がる、何度かけても連絡がつかないという場合には、記入した電話番号が正しいかを確認するために、個人の連絡先に電話をくれるケースもあります。
ただし、絶対ではないため、勤務先の情報も含めて、申し込み内容があっているかどうかをしっかりと確認しましょう。

もし在籍確認が審査落ちの理由だったとしても、金融機関側が否決理由を教えてくれることはありません。

あわせて読みたい
楽天銀行カードローンは審査の段階で 本人確認や在籍確認を行っている?
楽天銀行カードローンの気になる本人確認&在籍確認!避けられるパターンはあるの?カードローンの審査においては、本人確認や在籍確認のための電話が行われることが一般的です。 楽天銀行カードローンの審査における、電話確認の有無について詳しく解決していきます。 ...

必要書類の提出ができない

カードローンを申し込むと運転免許証などの本人確認書類は必ず提出しなくてはいけませんが、収入証明書については準備が必要なケースと不要なケースがあります。

消費者金融は、貸金業法で必ず書類によって収入の確認をしなくてはいけない場合が決められていますが、銀行の場合には、各銀行ごとにルールを決めているのです。

ただ、多くの銀行では、消費者金融と同様に「50万円を超える金額を借りる場合」には収入証明書が必要だとしています。
楽天銀行カードローンについては明確な基準金額は非公開となっているため、事前に準備をしておいた方が安心でしょう。
楽天銀行から指示があった場合には提出をするようにしてください。

あわせて読みたい
楽天銀行カードローンの必要書類について解説!収入証明書は必ず用意しよう
楽天銀行カードローンの必要書類について解説!収入証明書は必ず用意しよう楽天銀行カードローンの必要書類についての解説記事です。本人確認書類と収入証明書にはどのような書類が使えるのか、また楽天銀行カードローンへの必要書類の提出時の注意点を詳しく解説しています。 ...

保証会社での返済トラブルがある

楽天銀行カードローンには、楽天カード株式会社株式会社セディナの2社の保証会社がついています。
先ほど、信用情報に傷がついていると審査に落ちるという話をしましたが、長期延滞だけでなく、短期間の延滞、未入金にも注意をしてください。

楽天銀行カードローンの審査業務は保証会社が担当するため、楽天カードやセディナのクレジットカードで未入金があるなら保証が受けられない可能性が高いのです。

もちろん、他のクレジットカードの情報についても信用情報機関で共有されていますが、保証会社での返済トラブルの方が審査結果に強く影響すると考えられます。

楽天銀行カードローンの融資審査には2つの特徴がある

楽天銀行カードローンのような銀行が扱うカードローンは、消費者金融よりも審査が厳しく、結果が出るまでも時間がかかる傾向にあります。
銀行カードローンの審査では、申込者の情報を警察庁のデータベースに照会するため、どんなに早くても審査結果の連絡までに1営業日以上がかかるのです。

また、土日などの銀行の営業時間外は審査の受け付け、対応をしていません。
これは実店舗を持たない楽天銀行でも同様であり、土日や祝日などの新規申込は翌営業日の審査開始となるのです。

そして、楽天銀行カードローンの審査には特徴的な点が2つあります。

【楽天銀行カードローンの審査の特徴】

  • 保証会社が2社ある
  • 楽天の会員ランクによって優遇がある

2社のうち、1社でも保証が受けられれば審査に通過できる
前述の通り、楽天銀行カードローンには楽天カード株式会社、株式会社セディナという2社の保証会社がついています。

保証会社は申込者の返済能力を審査したり、万が一返済不能となった場合に銀行への保証(代位弁済)をしたりしますが、どちらか1社でも保証可能と判断すれば契約ができるのです。

そのため、保証会社が多い方が、審査に通る可能性が高くなるとも言えます。

ただ、2社は別々に審査をしますが、審査基準がまったく違うとは考えにくいでしょう。
つまり、先ほど説明した楽天銀行カードローンの審査に落ちる人の特徴に当てはまる方だと2社とも保証ができない可能性が高いです。

あわせて読みたい
楽天銀行カードローン申し込みの流れを徹底解説!審査結果が分かるまでの日数はどのくらい?
楽天銀行カードローン申し込みの流れを徹底解説!審査結果が分かるまでの日数はどのくらい?楽天銀行のカードローン「スーパーローン」は、楽天銀行に口座がなくても申し込みができます。口座がある場合には入力内容を省略することもでき、よりスムーズに手続きが可能です。楽天銀行カードローンの申し込み〜契約までの流れと、審査結果の通知までの日数について説明していきます。...

楽天会員のランクによって審査優遇がある

楽天IDがなくても申し込みはできますが、楽天銀行カードローンは楽天会員の方(楽天IDを持っている方)だと審査優遇を受けることができます。
どの程度の優遇があるかは非公開となっているものの、高いランクだと審査に通りやすくなるのです。

最高ランクであるダイヤモンドランクになるためには、楽天カード(クレジットカード)をを持っていることが絶対条件となりますが、条件を満たしている方には嬉しいメリットだと言えるでしょう。

楽天の会員ランクを上げるのはさほど難しくありません。
すぐにランクアップできそうな方は、会員ランクが上がってから申し込みをするという方法もあります。

楽天銀行カードローンの審査な不安の方、落ちてしまった方の解決策

もし楽天銀行カードローンの審査に不安を感じている、すでに落ちてしまったという方は次の方法を検討してください。

銀行カードローンではなく消費者金融に申し込む

一般的に、消費者金融よりも銀行カードローンの方が審査基準は厳しいと言われています。
そのため、楽天銀行カードローンの審査に落ちてしまった方でも、消費者金融の審査であれば通過できる可能性はあるのです。

信用情報に傷があったり、申込条件を満たしていなかったりすれば、消費者金融の審査も難しいですが、それ以外の理由であれば借り入れできる見込みがあります。

アイフルやアコムなどの大手の消費者金融だと土日も審査をしていますし、最短30分ほどで審査結果の連絡が来るため、即日融資を受けることも可能です。
消費者金融は金利が高いと言われますが、無利息期間があるところも多く、使い方によってはメリットがたくさんあります。

楽天銀行カードローンが駄目だった方は、消費者金融も検討してみましょう。

あわせて読みたい
初めてお金を借りるなら消費者金融のカードローンがおすすめな理由を銀行カードローンと徹底比較!初めてお金を借りる場合、金利の安い金融業者を選ぼうとか、すぐに借り入れが出来るところはどこだろうとか、何処で借りたらいいのか、返済はちゃんとできるのか、誰かにバレたらどうしよう。など色々不安になることも多いと思います。そんな方に初めて借りる時の心構えをお伝えします。 ...

期間をあけてから再申し込みをする

一度審査に落ちても、再度、楽天銀行カードローンに申し込みをすることはできます。
しかし、連続で申し込んでも結果は変わりませんので、審査に落ちた理由を探り、改善できる内容であれば対策を取った方が良いでしょう。

例えば、他社借入が多いのであれば、借入件数、借入金額を減らしておけば前回よりも評価が高くなる可能性があります。
また、就職、転職したばかりだったのであれば、勤続年数が1年を超えてから再申し込みをするというのも有効です。

ただ、同じカードローンに再申し込みをする場合には、最低でも6ヶ月以上は間隔をあけましょう。
申込情報は信用情報機関に6ヶ月間残るということもあり、前回の申し込みから6ヶ月以上が経っていることを条件にしている金融機関もあります。

楽天銀行カードローンの場合も「過去6ヶ月以内にお申込をされたお客さまのお申込はご遠慮いただいております。」と審査に関するよくある質問に記載されているため、最低でも半年は期間をあけるようにしてください。

楽天銀行カードローンの審査は甘くはない!ただ融資条件を満たしていれば十分可能性あり

楽天銀行カードローンは保証会社が2社あったり、楽天の会員ランクに応じた審査優遇があったりするものの、審査基準は決して甘くはありません。
ただ他の銀行カードローンよりも特別厳しいというわけでもないため、申し込みの最低条件を満たしていれば十分に可能性があるでしょう。

反対に、一つでもクリアしていない融資条件があるなら、何度申し込みをしても審査に通ることはないのです。
この記事で紹介した申込条件、審査に落ちてしまう人の特徴を参考にしながら楽天銀行カードローンの申し込みを検討してください。

楽天銀行カードローン
近年、ユーザーからの人気がドンドン高まっているのが楽天銀行カードローン
カード発行で楽天ポイントが進呈されるのは楽天ユーザーにとって嬉しいメリット。

もっとも、人気急上昇の要因は楽天ポイントのプレゼント!
入会で1,000ポイントもらえるのは楽天ならではです。

楽天銀行口座を持っている方なら最短翌日審査・融資も可能なので、いま最も使い勝手のいい銀行カードローンといえます。

人気指数
限度額 800万円
金利 1.9%~14.5%
口座開設 不要
アルバイト OK

パート・アルバイトもOK!スマホで楽々申し込み!

詳細ページ公式ページ

銀行カードローンより審査通過率が高く無利息期間に即日融資もある短期借りいれなら大手消費者金融!

プロミス
審査は最短30分、「瞬フリ」サービスの利用なら、原則24時間最短10秒で振込可能です。

駅前に必ずある自動契約機や店頭なら土日・祝日・夜間(21時まで)も、最短1時間でカード発行前でも即日融資が可能。急な出費にも迅速に対応してくれます。

初回限定の最大30日間無利息サービス※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。)や女性専用キャッシングなど、利用者にはうれしいサービスを実施しているのもプロミスの特徴です。

人気指数
限度額 1万円~500万円
金利 4.5%~17.8%
即日融資
無利息期間 最大30日間 ※無利息サービスは初めての方のみとなります。

スマホアプリで使い勝手抜群!セブン銀行ATMで24時間いつでも借りれるプロミス!

詳細ページ公式ページ

アコム
最大30日間無利息サービス実施しているアコムは、ネットで申し込めば来店不要
22時までに契約を完了することで24時間、土日も銀行振込可能です(金融機関・申し込みの時間帯によっては利用不可な場合もあります。)
確実に契約時間に間に合わせたい場合もWEBで申し込みを済ませてから、22時までに全国どこにでもある自動契約機「むじんくん」を利用すれば、最短30分でお金を借りることができます。
人気指数
限度額 1万円~800万円
金利(実質年率) 3.0%~18.0%
即日融資
無利息期間 最大30日間 ※無利息サービスは初めての方のみとなります。

キャッチフレーズ通りの初心者にもわかりやすいはじめてのアコム!

詳細ページ公式ページ

アイフル
初回利用でも1,000円から借りられることから、キャッシング初心者でも安心して利用できると評判のアイフル。
手続きは全てネットで完了できるので、来店不要で即日融資も可能となります。

無人契約でんわBOX「てまいらず」なら9:00~21:00まで利用でき、電話するだけでその場でカード発行をしてくれます。

人気指数
限度額 1,000円~800万円
実質年率 3.0%~18.0%
即日融資
無利息期間 最大30日間 ※無利息サービスは初めての方のみとなります。

細かな利用者目線で借り方の種類も豊富なアイフル!

詳細ページ公式ページ