初めてお金を借りるなら消費者金融のカードローンがおすすめな理由を銀行カードローンと徹底比較!

長い間景気が停滞しているためか、ここ数年で収入が上がったと実感できる人はごく少数派でしょう。
そのくせ支出は増える一方で、自分のためにお金を使うこともままならない、なんてことはありませんか?
してみたいことのためにお金を貯めてはいるけど、どうしてもあと少しだけ足りない!お金を借りることで解決できる!なんてこともあるでしょう。
そんな時、あなたならどうしますか?

審査のハードルが比較的低く初めての借入でも安心!

一般的に、カードローンの審査は金利が高くなるほど審査が緩やかになる傾向があります。

例えば、同じ金額を借りるのなら誰だって金利の低い銀行カードローンを利用したいと考えるでしょう。
しかし、銀行のカードローンは金利を低く設定されている代わりに審査基準が厳しくなっています。
つまり、銀行のカードローンは審査を厳しくすることによって、お金を確実に返済してくれそうな人を選別しているのです。

一方、消費者金融は銀行とは異なり、業務内容が貸金業に特化されていますので、貸し倒れなどのリスクを管理することに非常に優れています。
そのため銀行のように審査基準を厳しく設定せず、独自のシステムを利用して申込者に融資しても大丈夫かどうかを判断しています。

申込者の収入がそれほど多くない場合や勤続年数が長いとはいえない場合でも、消費者金融なら申込者の状況に合わせて融資金額を調整して柔軟に貸付に応じてくれるケースが多いといえるでしょう。

あわせて読みたい
アルバイトでも使えるカードローンはある? 知って安心カードローンの審査基準アルバイトでもカードローンを利用したいと思う場面はあると思いますが、正社員じゃなくても申し込みができるか不安になりますよね。アルバイトでもカードローンがりようできるかを解説。...

また、申告した勤務先に申込者が本当に在籍しているかを確認する在籍確認は、通常は電話連絡によって行われますが、消費者金融のなかにはこの在籍確認を書類提出で済ませてくれる会社もあります。

銀行は在籍確認を必ず電話で行いますので電話連絡は困る、という方には消費者金融のこうした対応は魅力的ですね。
初めてカードローンを利用する場合、審査のハードルが高すぎないことは結構重要なポイントになると思います。

あわせて読みたい
カードローンが重視する審査基準!どんな属性が審査に通りやすい?これからカードローンを借りようか悩んでいる方、カードローンの審査基準について詳しく知りたい方、消費者金融、銀行カードローンを含めた審査のマメ知識も含めて徹底解説します。...

即日融資も当たり前?申込から融資までが非常にスピーディ

消費者金融のカードローンは審査のスピードが速いこともメリットの一つでしょう。
大手消費者金融なら即日融資に対応しているケースがほとんどですから、借りたいと思った時にすぐ借り入れが可能です。

消費者金融は長年にわたって貸金業務を行っているので膨大な量の顧客データが蓄積されています。
これまで蓄積されてきたデータに基づいて、きちんと返済ができた人、返済が滞った人の傾向を解析して統計を出し、

  • 性別
  • 年代
  • 職業
  • 勤続年数
  • 年収
  • 住居
  • 家族構成

といった申込者の属性を入力するだけで瞬時にそれを点数化(スコアリング化)して、申込者の信用度を総合的に判断できるようにシステム化されています。

消費者金融は独自のシステムを利用して審査を行っていると説明しましたが、このスコアリングシステムがあるからこそ、即日融資にも対応できるようなスピーディな審査ができるのです。
それに、消費者金融は審査が早いだけではなく、利用者が実際にお金を借りるまでの時間も短縮されるように工夫されていることをご存知ですか?

例えば、インターネットで申し込みをする場合なら、審査に続いて契約を終えたらすぐに自分の銀行口座へお金を振り込んでもらうこともできます。
また、自動契約機から申し込みをする場合なら審査から契約、そしてローンカードの発行まで一度に済ませられるので、ローンカードを受け取ればすぐATMから借り入れすることだってできるのです。

あわせて読みたい
カードなし!WEB完結!家から出ずに即日融資可能!今日中にお金が必要!でもそんなピンチに限って外に出てる余裕もない。そんな時はWEB完結でカード発行も必要としないカードローンがおすすめです。...

確かに、銀行カードローンでも振込融資に対応している銀行はありますが、多くの場合、その銀行の口座を持っていなければ振込融資による借り入れができません。
借り入れをする前にわざわざ口座開設をしなければならないのは、初めて借り入れをする人には手間がかかって面倒でしょう。

2018年より前は、消費者金融と銀行カードローンの両方で提供を行っていましたが、現在では消費者金融のみが継続してます。
申し込みから融資まで60分ほどで完了できることもあり、急な借り入れを希望される方には力強い味方です。

しかし、消費者金融の即日融資に対応しているところは多いのですが、契約まで完了しても15時を過ぎてしまった場合、借り入れ申請を行っても明日の振込になってしまうので気をつけましょう。

時間が不安な方は15時過ぎても振込可能なアコムやプロミス、もしくは無人契約機でカードを受け取るなどの方法で申し込みをすすめましょう。

あわせて読みたい
無人契約機の活用で今日中にお金を借りる!大手3社の特徴や申し込み方法まで徹底解説!繁華街や幹線道路沿いで見かける消費者金融等の無人契約機。急な出費で困った。でも仕事が終わるまで動けない。そんなアナタも大丈夫です。 今日中にお金を借りたい!に応える即日融資可能なタイムリミットが無人契約機利用なら大幅延長!賢い利用方法教えます! 最短30分即日審査、即日融資、土日祝日対応、誰とも対面せず契約可能などキャッシングが初めての方にもオススメな方法です!...

大手消費者金融のアコム、アイフル、プロミスなどであれば22時まで無人契約機が開いていますので、契約さえ完了すればに契約を完了させることでセブンATMなどの提携ATMを利用することによりほぼ24時間の借り入れも可能となってます。

自動契約機でローンカードを発行している銀行もない訳ではありませんが、大抵のカードローンの申込では、ローンカードは郵送で届けられます。
もし、その銀行の口座を持っていなければ振込融資を利用することもできませんから、結局借り入れができるのはローンカードが届いた後になってしまいます。
初めてお金を借りる時には、手続きがシンプルで時間がかからない方が負担は少なく済みます。

あわせて読みたい
カードローンが重視する審査基準!どんな属性が審査に通りやすい?これからカードローンを借りようか悩んでいる方、カードローンの審査基準について詳しく知りたい方、消費者金融、銀行カードローンを含めた審査のマメ知識も含めて徹底解説します。...

収入によって決まる借入限度額で借り過ぎ防止対策を!

消費者金融には貸金業法が適用されるのですが、その貸金業法に定められているのが、借り過ぎによって生活が破綻してしまうことを防ぐためにつくられた「総量規制」という法律です。

総量規制では、個人の貸金業者からの借入総額が原則として年収の3分の1までに規制されるしくみになっています。
たとえ本人がそれ以上の借り入れを希望したとしても、厳しい制限によって新たに借り入れはできないようになっていますから、それ以上借金が増えることをある程度は抑えられます。

あわせて読みたい
総量規制の対象外・例外と対象になるカードローンの違いとはお金を借りる際に気をつけておきたい総量規制ですが、対象外と例外が存在します。すでに借入がある方は個々の違いをきちんと理解して申し込むようにしましょう。...

ただ、銀行のカードローンなどは総量規制の適用が及ばないので、本人がどうしても借りようという気になれば借り入れ自体は不可能ではありません。

しかし、消費者金融と比較して銀行カードローンの方が審査は厳しい傾向にありますから、今現在の借入金額が多い、また借入件数が多いというような状況だと審査に通過するのも難しくなるでしょう。
借り過ぎを防ぐという点でも、初めての借り入れは消費者金融にしておく方が賢いといえます。

本人確認証明・所得証明の提出が必要です!

お金を借りる際には、なりすましの申し込みを防ぐため本人を確認する書類が必要になります。
また50万円以上の借り入れを希望する時や、会社の休業日などで在籍を確認できない時などは所得の証明書を求められることがありますのでスムーズな進行を希望される方は予め準備しておきましょう。

本人確認書類は、運転免許証だと1点だけで済むところも多いですが、持っていなくても、健康保険証で下記の書類と組み合わせて提出することにより本人証明の確認が可能です。

  • パスポート
  • 住民票
  • 公共料金領収書

また、上記以外の組み合わせでも対応している場合もありますのでご利用の金融業者ホームページにて確認ください。

以上の書類をスマホで撮影し、画像を入力フォームに添付すれば完了となります。

あわせて読みたい
アイフルのアプリが超便利!スマホがカードになるってどういうこと?アイフルのスマホアプリを使うことによって、申込から借入、返済までカードレスでキャッシングが可能です。スマホアプリの使い方から利用のメリット・デメリットまで詳しく解説します。...

気になる審査について

前述の申し込みフォームの入力と、確認書類の提出を終えますと金融業者側での審査です。
大手消費者金融の場合は審査時間が最短30分~と記載されているところも多いですが、お昼時や夕方以降、土日などは申し込みの申請が多いため審査にも時間がかかります。

どれほどの時間がかかるかは申し込んでみないと正確にはわからないので余裕を持って申し込みをすることが大切です。
また、銀行カードローンで申し込みの場合だと保証会社や警察庁を通して審査するため、待ち時間が1日以上かかります、予め覚えておきましょう。

あわせて読みたい
改正貸金業法の基礎知識!お金を借りるルールはちゃんと知っておこう!改正貸金業法により変わった生まれ変わった消費者金融の新しいルールを詳細含めて解説します!お金を借りる前の基礎知識を身に着けたい方、改正後のメリット・デメリットを知りたい方は必見です。...

契約

審査が完了すると結果の有無と融資金額をお知らせするために電話がかかってきます。
こちらは内容の確認も兼ねた電話となり、何か不明な点などあったらこの時に聞くとよいですね。

WEBで申し込みをした場合、SMBCモビットやアイフルだとカードレスでの契約も可能ですので郵送でカードが届いてバレたり紛失が怖い時にはカードレスを選択しましょう。
また、アコムだとカードレスでの契約はできませんが銀行振込であれば契約後すぐに借り入れが出来ますのでアコムで即日融資希望の場合はそちらを利用することをオススメします。

あわせて読みたい
カードなし!WEB完結!家から出ずに即日融資可能!今日中にお金が必要!でもそんなピンチに限って外に出てる余裕もない。そんな時はWEB完結でカード発行も必要としないカードローンがおすすめです。...

融資振込

契約が完了したらすぐに利用することができるので、WEBサイトから借り入れ申請を行ない銀行振込や提携ATMにて借入をしましょう。

あわせて読みたい
消費者金融の審査ってほんとに甘い?通るための基準を大公開一般的に審査の通過率を消費者金融と銀行カードローンで比べた場合、前者は約40%ほどに対し、後者は約10%ほどとなっており消費者金融のほうが遥かに借りやすいと言われています。そんな消費者金融の審査通過率を更に上げる方法や、こんな人は借り入れをするのは困難など審査情報を解説していきます。...

低金利で借りられるのはどっち?

どうせ借り入れをするなら出来るだけ低金利で、返済の際の利息総額を少なく借り入れをしたいですね。
前述した即日融資に対応している消費者金融の場合、上限金利は各社約18.0%ほどです。
それに対し、銀行カードローンの場合だと約14.5%ほどで低金利が最大の魅力となっています。

銀行カードローン 消費者金融
銀行名 年利 金融名 年利
楽天銀行 1.9%~14.5% アコム 3.0%~18.0%
みずほ銀行 2.0%~14.0% アイフル 4.5%~18.0%
三井住友銀行 4.0%~14.5% プロミス 4.5%~17.8%
横浜銀行 1.9%~14.6% SMBCモビット 3.0%~18.0%
じぶん銀行 2.2%~17.5% J.Score(ジェイスコア) 0.8%~12.0%(※)

※貸付利率(年率)0.8%は、みずほ銀行、ソフトバンクおよびワイモバイル、Yahoo!JAPANと情報提携を行い、かつ一定の条件を満たす場合に限り適用致します。

借り入れ金額が100万円以下の場合、上限金利が適用されることがほとんどで最低金利を利用しようとなると1000万位の借り入れが必要となります。
日常での利用ならば上限金利が適用されるものだと思いましょう!
またJ.Score(ジェイスコア)の場合、金利が極端に低いですが審査基準が他の金融業者と違い、即日融資も対応していますが消費者金融の中では審査が遅く一長一短なところがあります。

あわせて読みたい
J.Score(ジェイスコア)でお金を借りる方法【審査から借入、返済までの流れ】みずほ銀行とソフトバンクが生み出した新たな消費者金融がジェイスコアです。AIによるスコアリングという斬新な申込や審査で早くも新規申し込みが殺到中です。...

消費者金融の無利息ローン利用で期間内だったら返済金は借りた分だけ!

銀行カードローンの低金利は大変魅力的ですが一時的な借り入れを希望する場合、消費者金融には初回限定で無利息ローンというサービスがあります。
こちらは約1ヶ月間だけですが利息がかからないため、冠婚葬祭など急にお金が必要になった時にだけ利用する方には大変重宝します。

また、返済期間が3ヶ月くらいに伸びてしまった場合でも、消費者金融の金利2ヶ月+無利息1ヶ月と銀行カードローンの金利3ヶ月だったら、まだ消費者金融の無利息ローンで借り入れを行っているのがお得です。

長期的な面で見ると銀行カードローンの方が低金利でお得ですが、一時的な短期間での利用だったら消費者金融をオススメします。

あわせて読みたい
金利0円でお金を借りる!裏ワザでも何でもない大手消費者金融の激アツサービス30日間無利息サービスとは?金利0円無利息サービスを取り扱っている消費者金融カードローン大手3社の情報をピックアップして解説しています。初回借入の場合や契約日から30日など消費者金融によって様々ではありますが、うまく利用すれば金利を安く借り入れできます。 カードローンを初めて利用する方は知っておくべき注意点やポイントも分かりやすくまとめています。...

上記で記した内容が、消費者金融と銀行、両者の主な特徴となります。

消費者金融のメリット・デメリット

即日融資に対応

大手消費者金融はほとんどの所で対応しており、申し込みの際の入力不備無く審査基準を満たせれば借り入れまで最短60分での利用も可能となってます。

無利息借り入れサービス(初回のみ)

こちらもアコム、アイフル、プロミスなど大手消費者金融だと対応しているところが多く、期間は初回限定の30日ですが利用する恩恵は大きく、短期返済が可能だと銀行カードローンよりも利息がかからず借り入れができます。

審査難易度は比較的低い

消費者金融の場合、審査通過率は平均して50%弱となっています。
それに対し銀行カードローンだとその半分程度です。
銀行カードローンの場合、低金利で入ってくる利息が少ない分、銀行側にリスクがあり踏み倒しなど出来るだけ金融事故を避けるため難易度が高くなっています。

土日や夜間の契約にも対応している

消費者金融は、土日でも21時位までは審査に申し込みでき、契約完了させることも可能です。
また、セブンATMなどの提携しているATMを利用することでほぼ24時間借り入れをすることができます。
一方で銀行カードローンの場合、融資は24時間対応しているところもありますが契約は即日での対応はしておらず、土日の契約も行ってません。

金利が銀行カードローンと比べて高め

上限金利が平均して約18.0%なため、無利息ローンなどを利用しても
長期的な借り入れだと返済総額が高くなってしまいます。

各種ローンの審査に影響を及ぼすことがある

車や住宅の各種ローンを申し込む時に、借り入れを申告すると長期的な面で返済能力が必要なため審査に不利になる場合があります。

あわせて読みたい
消費者金融でお金を借りる方法消費者金融とはに答えるページです。申し込みも簡単で審査も比較的通りやすいのが特徴となっており、即日融資はもちろん大手消費者金融なら1ヶ月間無利息で借り入れが可能なところも!冠婚葬祭の急な入用にも短期の借り入れにもお金を借りやすい消費者金融を徹底解説します。...

銀行カードローンのメリット・デメリット

低金利

銀行カードローンは高くても上限は約14.5%ほどの低金利で長期的な借り入れに向いています。

自動融資機能

普段から生活の支払いにその銀行を利用していると、万が一引き落としの際に預金残高が足りなくても自動融資機能により、支払の滞納を防げます。

キャッシュカード利用

利用の際は、銀行のキャッシュカードで借り入れ出来るため、カードが原因で借金がバレる心配がなくなります。
大手消費者金融ではカードレス化は進みましたが、それでもカードを作成する必要があるところも多いです。

審査通過率

元から審査通過率は低かったですが2018年の自主規制以降、銀行カードローンは反社会的勢力のデータベース照会により、審査通過率が更に低い通過率となっています。

即日融資不可

審査は保証会社に加えて警察庁の照会が必要なため、即日融資での対応が行えなくなりました。

口座開設が必要な場合が多い

申し込みの際に口座開設が必須なところも多く、予め準備をしておかないと更に借り入れまでに時間がかかってしまいます。

あわせて読みたい
銀行でお金を借りる方法民間融資とは、銀行や消費者金融など、融資を営利目的で営む会社のことを指します。一般的にはお金を借りるとなるとこれらの金融機関を利用してお金を借りることになります。...

即日融資と無利息期間で便利に短期借り入れなら消費者金融!低金利で長期でお得に借りるなら銀行カードローン!

初めてカードローンを利用するのならできるだけ利便性の高い商品を選びたいものです。

以上が消費者金融と銀行カードローンの比較となります。
表に簡単にまとめてみました。

消費者金融 銀行カードローン
上限金利 年18.0%位 年14.5%位
借り入れ限度額 法令により年収の1/3まで 自主規制により年収の1/2~1/3位まで
土日の契約融資 可能 翌営業日以降
即日融資 22時までに契約で可 不可
無利息借り入れサービス 多い 一部有り
法令 貸金業法 銀行法

初めてカードローンを利用する際に、どんな申し込み方法があるのかどんな金融業者を選べばいいのか、悩むことが多いと思います。
申し込みの場面では入力に悩んだりすることもあると思いますが、詳細な説明も項目ごとにありますので安心して進められるでしょう。
それでも不安な場合は、電話相談やチャット相談にも対応していますので利用をオススメします。

顧客対応は銀行よりも消費者金融のほうが整備されていますので、不安が多い方は消費者金融のほうがおすすめかもしれません。
大きめの金額や返済が長期間になる予定の方は銀行で借りるのが現実的な選択でしょう。
ただ審査に通らない場合も多いので、消費者金融ならどこにするかも考えておくと慌てずに済みますね。
銀行にとってカードローン業務はいくつもある業務のうちの一つにすぎません。
銀行は、カードローン以外の企業向けのローンや住宅ローンなどの融資業務、他行や自行の本支店あての振込といった為替業務などによって収益を得られます。

あわせて読みたい
消費者金融の金利はなぜ銀行より高いのか?資金調達先に理由ありアコム、プロミス、アイフル…それらの消費者金融の金利はどうして銀行カードローンより高いの?身近なカードローンの金利の実体に迫る!...

ところが、消費者金融は収益のほとんどが個人向けの融資、つまりカードローン業務によるものですから、収益を上げるためには多くの顧客を獲得しなければなりません。
また、初めてお金を借りる場合は最低金利についつい目が行きがちですが、最低金利は最大限度額を借りれた場合でしか適用されません。

利用者を増やすためには利用しやすいサービスを提供するのが一番の近道ですから、消費者金融は利用者に質の高いサービスを提供することに腐心してきました。
例えば、お金が必要になった時にすぐ借り入れできたらという利用者の声に応えて、融資までにかかる時間を極力短縮できるスコアリングシステムが開発されました。

また、全ての利用者が時間を気にせず借り入れや返済ができるように、様々な借り入れ方法や返済方法を選べるようになっています。

さらに、大手消費者金融では初回の借り入れに限って30日程度の無利息期間サービスを提供しているケースが多いです。
カードローンは他のローンと比べて金利が高いので「少額を短期間だけ借りる」のが基本ですから、こうしたサービスを上手に利用すれば大幅に利息負担を減らすことができますね。

あわせて読みたい
金利0円でお金を借りる!裏ワザでも何でもない大手消費者金融の激アツサービス30日間無利息サービスとは?金利0円無利息サービスを取り扱っている消費者金融カードローン大手3社の情報をピックアップして解説しています。初回借入の場合や契約日から30日など消費者金融によって様々ではありますが、うまく利用すれば金利を安く借り入れできます。 カードローンを初めて利用する方は知っておくべき注意点やポイントも分かりやすくまとめています。...

このように、消費者金融のカードローンは、利用者が「こういったサービスがあればいいのに」と思っていることをどんどんサービスに反映させていますのでカードローンを初めて利用する人でも便利に利用することができるようになっています。
しかし、お金が足りなければ家族から借りるなど、まずは金融機関に頼る以外の方法を考えてみることをおすすめします。

確かにカードローンは計画的に上手に利用すれば生活に潤いをもたらしてくれるでしょう。
でも、それはあくまで近い内に返済できる確実なあてがあるけど、いまどうしても手持ちが足りないという場合に限られるのです。
初めはルールを守って借り入れをしていても、次第に「これくらいならいいか」と流されてしまいがちなのがカードローンの怖さだということは忘れないで下さい。

大雑把にまとめると、短期間の利用で即日の利用を希望するなら消費者金融!
まとまった金額を長期間借り入れの際には、低金利な銀行カードローンをオススメします。

あわせて読みたい
消費者金融でお金を借りる方法消費者金融とはに答えるページです。申し込みも簡単で審査も比較的通りやすいのが特徴となっており、即日融資はもちろん大手消費者金融なら1ヶ月間無利息で借り入れが可能なところも!冠婚葬祭の急な入用にも短期の借り入れにもお金を借りやすい消費者金融を徹底解説します。...

初めて借りるなら即日融資、無利息サービスがある消費者金融がオススメ

アコム
30日間無利息サービス実施しているアコムは、ネットで申し込めば来店不要
平日14:30までに申し込みが完了すると即日融資が可能です。
もし時間が過ぎてしまったり土日祝日に急遽お金が必要になってしまった場合には、全国どこにでもある自動契約機「むじんくん」を利用すれば、最短30分でお金を借りることができます。
マネぷら人気指数
限度額 1万円~800万円
金利 3.0%~18.0%
即日融資
無利息期間 最大30日間 ※無利息サービスは初めての方のみとなります。

詳細ページ公式ページ

アイフル
初回利用でも1,000円から借りられることから、キャッシング初心者でも安心して利用できると評判のアイフル。
手続きは全てネットで完了できるので、来店不要で即日融資を受けることができます。

無人契約でんわBOX「てまいらず」なら9:00~21:00まで利用でき、電話するだけでその場でカード発行をしてくれます。

PC・スマホ限定サービスとしてカードのお届け時間を選べる「配達時間えらべーる」を実施中で、確実にカードを受け取ることができ安心です。

マネぷら人気指数
限度額 1万円~800万円
金利 3.0%~18.0%
即日融資
無利息期間 最大30日間 ※無利息サービスは初めての方のみとなります。

詳細ページ公式ページ

プロミス
「瞬フリ」サービスの利用なら、24時間365日、審査は最短30分、最短10秒(※平日14時までに契約完了していれば最短10秒で振込み可能)で指定口座に振込が完了します。

駅前に必ずある自動契約機や店頭なら土日・祝日・夜間(21時まで)も、最短1時間でカード発行前でも即日融資が可能。急な出費にも迅速に対応してくれます。

初回限定の30日間無利息サービス※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。)や女性専用キャッシングなど、利用者にはうれしいサービスを実施しているのもプロミスの特徴です。

マネぷら人気指数
限度額 1万円~800万円
金利 4.5%~17.8%
即日融資
無利息期間 最大30日間 ※無利息サービスは初めての方のみとなります。

詳細ページ公式ページ