属性別お金の借り方

派遣社員がお金を借りる方法!即日で借入OKなカードローンをオススメする理由

派遣社員がお金を借りる方法!即日で借入OKなカードローンをオススメする理由

正規雇用じゃないけど大丈夫!?
派遣社員でもお金を借りるには、どんな選択肢がある?
ここでは派遣社員にスポットを当てながら、カードローンの申込から、申込手順に注意点などを解説していきたいと思います。

派遣社員でも大丈夫!カードローンを使ってお金を借りよう

派遣社員と正社員、それぞれメリット、デメリットがあると思いますが、自分らしいスタイルで働ける派遣社員はストレスが低いように思えます。
しかし実際は賞与、退職金がなく、昇進の機会も限られているので、それこそお金周りでは何かと苦労しがちです。

ここではそんな派遣社員の懐を徹底サポートする、カードローンという選択肢について考察していきたいと思います。

派遣社員も利用OK!カードローンでお金を借りよう

消費者金融、信販会社に銀行、カードローンを利用できる業者は多く点在していますが、基本的に安定した収入さえあれば正社員、派遣社員にアルバイトの区別なく利用が可能です。

それぞれ利用可能な金融商品は異なりますが、カードローンの他にも、多目的ローン、不動産担保ローン、おまとめローンや事業者用ローンなどTPOに合わせた金融商品が用意されています。

その中でも特に有能で利用しやすいのが、ローンカード1枚でお金を借入できるカードローン。
しかしカードローンを利用するためには、各業者、銀行が制定する利用条件を満たす必要があります。

ここでそれらの条件をみてみると、

  1. 年齢制限を満たしていること
  2. (通常20~69歳までに設定されていることが多いですが、借入する業者、銀行によっても異なります。)

  3. 安定した収入があること

この2点は絶対満たさなければならないポイントになっています。

このほかにも国内に在住していること、必要書類を提出し、在籍確認の電話を受けられることなどの条件もありますが、雇用形態に関する制限はありません。

正社員じゃないけどお金を借入できるのかな?と不安に思う方もいると思いますが、基本的に上記の2点さえ満たしていれば、カードローンを申込むことは可能です。
ただし銀行で借入する場合は銀行法による融資消費者金融・信販会社で借入する場合は貸金業法による融資と異なる法律下での借入となります。

簡単にそれらの違いをまとめると、銀行では年収の1/3超の借入が制限される総量規制に縛られないため、年収額に捕われない融資が可能です。
大口融資の可能性も高く、金利も低いのが大きな特徴ですが、即日融資には対応していない点と保証会社による審査を受ける必要がでてきます。

一方消費者金融、信販会社による借入は総量規制の元で融資が実行されるため、年収の1/3以内の借入にしか対応していない、金利が高く設定されている点がデメリット!
(消費者金融のおまとめローンは総量規制の対象外です。)

ただし即日融資にも対応し、比較的門戸が広く開いているので、雇用条件や役職、年齢に関係なく、多くの方に利用できる敷居の低さと利便性は見逃せません。

パート・アルバイトでお金を借りる!知って得する審査基準を徹底解説!比較的、低収入と言われているフリーターの場合、時給制のバイトだと急な病欠、災害により給料が少なくなってしまうこともあるでしょう。 どうしても欲しいものがある時にはカードローンを利用したいと思う場面もあると思います。 ですが、正社員じゃなくても契約できるか不安になる方も居るなか審査を通過するためのコツについて解説していきます。...

カードローン申込における審査手順と注意点!在籍確認電話はどうなるの?

待遇があまりよくないからお金を借りられないかもと、ついついマイナス思考で考えてしまう方もいるかもしれません。
しかし前述の通り、その利用条件さえ満たしていればカードローンを利用してお金のピンチをしのぐことができるのです。

ここでは気になるカードローンの申込に関するステップ、必要書類から注意点について解説していくので、申込を考えている方はぜひ参考にしてみてくださいね。

カードローン審査と必要書類

まず消費者金融に関しての申込ですが、通常WEB、郵送、電話、店舗(有人店舗または無人契約機)などから都合のいい申込方法を選びます。
特に人気がある申込方法はWEB、アプリなどを使った申込方法です。

基本的にどの申込方法でも審査は同様ですが、消費者金融の審査は本人の年収や勤続歴、信用情報を点数化したスコアリング審査(機械審査)の仮審査、そして仮審査後に行われる本人確認、在籍確認を基に行う本審査(人の手による審査)と2段階に渡る審査が行われます。

なお大手ではなく規模の小さい中小規模の消費者金融の場合は、基本的に機械による自動審査ではなく、仮審査の段階から人の手によるマニュアル審査が導入されているところがほとんどです。

どちらにせよ無担保、無保証人で借入できるため、申込者の収入、借入状況、信用情報は徹底的に精査され、融資の可否、そして利用限度額が決定されます。

必要書類は本審査にて必要になりますが、本人確認書類の提出が義務付けられています。
ただし50万円超の借入、または複数の借入先がある場合、その合計金額が100万円を越える、または金融機関が必要だと判断したケースで、給与明細、源泉徴収、確定申告書などの収入証明も合わせて提示しなければなりません。

銀行カードローンに関しては、銀行側が指定する保証会社と呼ばれる保証業務を担う会社の審査を受ける必要があります。
保証会社は膨大な顧客情報を持つ消費者金融や信販会社などが請け負うことが多く、その審査基準は通常の消費者金融で行われる審査と大差ありません。

なお前述の通り総量規制に関係なく借入ができますが、銀行は警察庁による個人データーベース照会が義務付けられているため、審査に時間がかかり、数日~1週間程度融資まで時間が必要です。

大型融資に強いと言われている銀行カードローンですが2018年以降、収入証明が必要な融資額が低く設定されたり、大口融資を自粛する銀行が多くなっているため、100万円を越えるような融資の難易度も決して低いものではないということも覚えておきましょう。

また必要書類に関しては、消費者金融と同様に本人確認書類が必須です。
収入証明に関しては、各銀行ごとに提出が求められる融資額は異なるため、気になる方は一度各銀行のWEBサイトを覗いて確認してみましょう。

銀行 即日融資 不可
銀行カードローンが即日融資不可に!さらに審査も厳格化へ銀行カードローンは2018年以降、即日融資が実質不可能になりました。 今まで即日融資が出来たのに何故できなくなったのか、それ以外にも変わったところはあるのか等最新の銀行カードローン事情について解説していきます。...

派遣社員の方は在籍確認電話に要注意!

どこで借入を希望するにしても在籍確認電話は必須です。
ただしSMBCモビットのカードローンをWEB完結方式で申込む場合は、審査段階で収入証明や社会保険証の提示を求められるため、審査の一つとして会社に電話連絡が行われることはありません。

しかしSMBCモビットの例はあくまで例外で、通常はどんな雇用形態(個人事業主も含め)であっても、電話確認は通常行われます。

ただし消費者金融、銀行に関しても派遣社員の場合は、電話確認が派遣元にかかってくる点には要注意!
ついつい会社の連絡先を派遣先にしてしまいがちですが、電話確認を迅速に済ませるためにも、必ず派遣元の情報を記載してください。

派遣先の会社は、様々な派遣元から送られてくる派遣社員を抱えているため、個人の名前を把握しきれていない場合が多く、会社の連絡先を派遣先にしてしまうと、派遣先の会社で在籍確認が取れずに審査落ちしてしまうケースは多く報告されています。

基本は派遣元への在籍確認になりますが、派遣元によっては個人情報保護の観点から在籍確認ができない場合も考えられるので、カードローンを申込む前に、派遣元の会社に在籍確認がある旨を伝えておくべきです。
(カードローン審査と言う必要はなく、クレジットカードを申込んだので、在籍確認があるかもしれないと事前に説明すればOKです。)

それでも派遣元への在籍確認が難しいと思われる場合は、仮審査に通過した後、時間を置かずに事情を説明し、派遣先へ電話をかけてもらう、または他の方法で在籍確認を代用できないかを相談してみましょう。

特に消費者金融は、ケースバイケースでいくつかのオプションを職場への電話連絡の代わりに提案してくれることも多いので、派遣元への電話確認が難しい場合は、早め早めに電話連絡をしてください。

在籍確認なしのカードローンってある?お金を借りる際に気をつけたい在籍確認と電話確認の違い
在籍確認なしのカードローンってある?お金を借りる際に気をつけたい在籍確認と電話確認の違いお金を借りる時に悩むことの一つに在籍確認が入ることは多々ある話ですが、この在籍確認というのは電話確認だけではなく他の確認方法でも通過できることがあります!そんな方法含めて在籍確認を徹底解説!...

派遣社員がカードローン審査落ちする理由とその対策

前項で派遣社員のカードローン利用は、在籍確認が命取りになると解説していきましたが、この他にも審査落ちする要素は見受けられます。
ここではそれらの審査落ちポイントをまとめていきたいと思うので、こちらも合わせて参考にしてみてくださいね。

勤続歴が短い

派遣社員の方でも派遣として働いている期間が短いほど、審査が通りにくくなります。
通常最低でも3か月以上の勤続歴は必要になってくるので、最低半年はグッと我慢して就労を続けてから申込をしましょう。

また退職を考えている方は、いざ仕事を辞めてからの申込→審査通過は非常に難しくなるため、退職前にカードローンを申込むことを推奨いたします。

希望借入金額が高すぎる

希望借入額は総量規制を満たしていればいいという問題ではありません。
特に初回融資の際は50万円以上の借入は難しいため、まずは5~20万円程度の希望融資額から申込むべきです。

ただし以前に利用したことがある消費者金融、銀行の場合、過去の利用状況が良好であれば、より高い上限融資額を設定される場合もあります。

信用情報にキズがある

信用情報にキズがあるという文言はよく聞きますが、つまり過去に長期延滞や債務整理をしていないか?ということを意味しています。

通常これらの事故情報がある場合、消費者金融、銀行カードローンの審査に通過することはほぼ不可能ということを覚えておきましょう。
(ただし中小規模の消費者金融に限り、事故情報があっても審査に通過することはあります。)

以下の表に信用情報機関における信用情報の登録期間を明示するので、参考にしてみてください。

登録情報JICCCIC全国銀行個人信用情報センター
長期滞納5年5年5年
強制解約5年登録なし5年
申込情報6か月6か月6か月
任意整理5年5年5年
個人再生5年5年10年
自己破産5年5年10年
代位弁済5年5年5年

※スマホでご覧の方は横スクロールできます。

複数の業者を同時に申込んだ

多重申込といい、同時期に複数の業者、銀行を申込むことは、審査にネガティブな影響を与えることは否めません。
派遣社員だし、審査に通過するか自信がないから、まずは2、3社同時に申込んでおこう!
このような安全策に思える考えは、金融商品には当てはまりません。

申込情報というものも、日本に3社ある信用情報機関にしっかり登録されてしまうため(上記表参照)、信用情報の照会をすれば一発で多重申込がバレてしまいます。

多重申込の情報は6か月で登録期間が終了するので、基本半年に1社吟味に吟味を重ねて申込むことをオススメいたします。

審査がブラックで追い詰められている状態ほど、複数の借り入れを一本にまとめて利用したいのがおまとめローンです。 しかし、そんなおまとめローンは誰もが無条件でお金を借りることができるほど甘くもないのが事実。 今回は、申し込みブラックになってしまってもおまとめローンは利用できるのか、また審査に通過するためにはどうすればよいのかについて解説します。
申し込みブラックでもおまとめローンは利用出来る?債務整理も含めた借金の対応方法について審査がブラックで追い詰められている状態ほど、複数の借り入れを一本にまとめて利用したいのがおまとめローンです。 しかし、そんなおまとめローンは誰もが無条件でお金を借りることができるほど甘くもないのが事実。 今回は、申し込みブラックになってしまってもおまとめローンは利用できるのか、また審査に通過するためにはどうすればよいのかについて解説します。 ...

既に4社以上の借入がある

消費者金融にしろ銀行カードローンにしろ、多重債務者への融資は敬遠される傾向があります。
例え少額の融資を複数社から借りていても、借入件数が多い場合は、そもそも金銭に関する価値観に問題ありと捉えられてもおかしくはありません。
当たり前のことですが、借入先が多い場合は、毎月の返済金額も膨らみがちなので、返済の焦げ付きリスクは高まります。

何社以上がNGという明確な基準こそありませんが、特に4社以上の借入先がある方は審査に通過する可能性はグッと低くなります。

そのため新しい借入先を探すその前に、まずは借入件数を減らすか、おまとめローンで借金を一度まとめることをおすすめします。

おまとめローンで借金を一本化!審査通過までの流れをまとめて徹底解説!
【令和対応】2019年おすすめのおまとめローンで借金を一本化!審査通過までの流れを徹底解説!カードローンは自分の裁量で借り入れができたりと、大変便利なものです。しかし、便利なものに頼りすぎてしまった結果、借入先が2-3件と増えていって返済に追い詰めらてしまうしまう方もいるでしょう。 そんな事態になる前に、検討したいのが借金を一括できるおまとめローンです。 おまとめローンの申し込み審査、メリット・デメリットなどこれからおまとめを考える方に向けて徹底解説していきます。...

派遣社員でもカードローンならお金を借りられる!ただし在籍確認に関しては注意を払おう

カードローン利用ならば派遣社員でもアルバイトでも、仕事をしていて安定した収入さえ期待できれば十分審査通過は可能です。
時給ベースで働く派遣社員にとって、カードローンは一種のお守り代わりとしても機能するので、今必要がなくともお財布に忍ばせておくこともオススメ!
大手消費者金融プロミスのカードローンなら初回利用してから最大30日間は無利息で借り入れもできます。
また、お得らぶという掲示するだけで割引特典が利用できるサービスもあるので、お守りとしても最高のパフォーマンスを発揮するでしょう。

派遣社員の場合、在籍確認電話が派遣元にかかるため、事前に派遣元に連絡をしておくこと、そして入力フォームでは決して派遣先の会社情報を記載してはなりません。

派遣社員の方で審査落ちをする方は、意外かもしれませんが、在籍確認が取れないという理由である場合が多い、ということは忘れてはならない事実なのです。

即日融資で今日お金を借りるならココ!便利なWEB完結&カードレス借り入れがオススメ!
即日融資で今日お金を借りるならココ!便利なWEB完結&カードレス借り入れがオススメ!無利息サービスもあるからつなぎ融資にも利用できる今日中にお金が必要!今月は仕事が減ってるから来月が心配!でもそんなピンチに限って外に出てる余裕もない。そんな時はWEB完結でカード発行も必要としないカードローンがおすすめです。...

即日融資!無利息サービス!短期借り入れなら消費者金融

プロミス
審査は最短30分、「瞬フリ」サービスの利用なら、原則24時間最短10秒で振込可能です。

駅前に必ずある自動契約機や店頭なら土日・祝日・夜間(21時まで)も、最短1時間でカード発行前でも即日融資が可能。急な出費にも迅速に対応してくれます。

初回限定の最大30日間無利息サービス※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。)や女性専用キャッシングなど、利用者にはうれしいサービスを実施しているのもプロミスの特徴です。

人気指数
限度額1万円~500万円
金利4.5%~17.8%
即日融資
無利息期間最大30日間 ※無利息サービスは初めての方のみとなります。

スマホアプリで使い勝手抜群!セブン銀行ATMで24時間いつでも借りれるプロミス!

詳細ページ公式ページ

アコム
30日間無利息サービス実施しているアコムは、ネットで申し込めば来店不要
22時までに契約を完了することで24時間、土日も銀行振込可能です(金融機関・申し込みの時間帯によっては利用不可な場合もあります。)
また、確実に契約時間に間に合わせたい場合もWEBで申し込みを済ませてから、21時までに全国どこにでもある自動契約機「むじんくん」を利用すれば、最短30分でお金を借りることができます。
人気指数
限度額1万円~800万円
金利3.0%~18.0%
即日融資
無利息期間最大30日間

※無利息サービスは初めての方のみとなります。

キャッチフレーズ通りの初心者にもわかりやすいはじめてのアコム!

詳細ページ公式ページ
SMBCモビット
WEB完結を利用すると、会社への電話確認や自宅への書類などの郵送は一切行っていないため、会社や家族に内緒にしておきたいといった方におすすめ。
・全銀システム稼働時間拡大に伴い、2018年10月15日より原則24時間最短3分で振込可能となりました。
人気指数
限度額1万円~800万円
実質年率3.0%~18.0%
即日融資◯※
無利息期間×

※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。

SMBCモビットのWEB完結借り入れなら電話確認なし、郵送物なしで借り入れできる!

詳細ページ公式ページ

低金利の長期借り入れなら銀行カードローン

楽天銀行カードローン
近年、ユーザーからの人気がドンドン高まっているのが楽天銀行カードローン
カード発行で楽天ポイントが進呈されるのは楽天ユーザーにとって嬉しいメリット。

もっとも、人気急上昇の要因は楽天ポイントのプレゼント!
入会で1,000ポイントもらえるのは楽天ならではです。
高額融資も可能なので、マイカーローンにも利用できる!
楽天銀行口座を持っている方なら最短翌日審査・融資も可能なので、いま最も使い勝手のいい銀行カードローンといえます。

人気指数
限度額800万円
金利1.9%~14.5%
口座開設不要
アルバイトOK

パート・アルバイトもOK!スマホで楽々申し込み!

詳細ページ公式ページ
\今日借りる方法はコチラで紹介中/
WEB完結の記事を確認する
\今日借りる方法はコチラで紹介中/
WEB完結の記事を確認する