おまとめローンでお金を借りる場合の審査、借り入れ、返済の流れ

おまとめローン

カードローンの借入先が何件にもなってくると、返済額や返済日を管理するのが大変になってきます。
うっかり返済日を忘れてしまったりすることもあるでしょうし、月に何度も返済するためのお金を準備するのが苦痛になることもあるでしょう。

そんな時には、おまとめローンを利用して借金の管理や返済額の負担を小さくすることもできるってご存知ですか?

借り入れ件数が増えてしまった時にはおまとめローンを利用するのも1つの方法

カードローンの魅力は、いつでも気軽に借りることができる点にあります。
しかし、あらかじめ返済計画をしっかり立てておかないと、借入金額や借り入れ件数がいつの間にか増えてしまったなどということにもなりかねません。

あわせて読みたい
【おまとめローン】借りすぎたお金を一本化し計画的に返済しようお金を借りることは悪いことではありませんが、それは計画的に返済できているうちのこと。複数社で借入をして毎月の返済が苦しくなったらおまとめローンで一本化することも考えていきましょう。...

借り入れ件数が増えていく理由を探る

無計画にお金を借り続けてしまったために返済に無理が生じ、返済のために借り入れをするようになった結果、多重債務に陥ってしまうケースは多くあります。

例えば、本来ならもっとお金を借りたい場合には増額審査を受けるべきでしょう。
借入限度額が大きくなれば金利が下がる可能性もありますし、何より大きな金額が借りられるだけの信用があると判断されることは非常にメリットが大きいからです。

ただ、増額審査を受けるには、ある程度取引を重ねて信用を積み上げたり、年収が上がるなど自身の属性を良くしていかなければ、審査に通過しにくいという面があることも確かです。
それを嫌って新規で借り入れを続けて、借り入れ件数を増やしてしまうと多重債務者の予備軍になってしまうのですね。

借入件数が複数になった時点から、多重債務の黄色信号は点灯し始めていると考えてください。
借り入れ件数が多くなりすぎて身動きができなくなってしまわないうちに、おまとめローンで借金を1本化して、効率よく返済することを考えるべきです。

あわせて読みたい
総量規制対象外で借りれるカードローンとは?改正貸金業法の基礎を徹底解説年収の1/3までしか借り入れができない総量規制という言葉をご存知でしょうか?これは主に消費者金融が始めたものですが現在では銀行カードローンも自主規制によりこれに準じています。しかし、この規制の対象にならない金融商品もあるのです。今回はこの商品について徹底解説していきます。...

おまとめローンのメリット・デメリットについて考えよう

では、おまとめローンにはどのようなメリットやデメリットがあるか考えてみましょう。

メリット
  • 返済日を統一できる
  • 借入金額が大きくなれば金利を低く抑えることができる場合もある
  • 毎月の返済額を抑えることができる
  • 消費者金融のおまとめローンは総量規制の対象外

借入件数が増えてくると各々の返済日を管理するだけでも一仕事ですが、借金を1本にまとめれば返済日は月に一度で済みますね。

また、いくつもある借金がまとまって大きな金額になれば、上限金利が低くなります。
借金の合計が100万円以上あれば、まとめることによって法律上の上限金利により金利は確実に15.0%以下に下がりますから、メリットとしては非常に大きいです。

そして、おまとめローンを借りる際には金融機関と相談して毎月の返済額を決められるので、多くの場合毎月の返済金額の負担が小さくなります。
また、消費者金融のおまとめローンは総量規制の対象外の貸付に当たりますので、年収の3分の1を超える金額が借りられるという点も見逃せませんね。

デメリット
  • 借りる金額が大きくなるため審査に通りにくくなる
  • 毎月の返済金額が減る代わりに返済総額が増える可能性がある

ただし、おまとめローンは複数の借り入れがある人ならだれでも利用できるというわけではありません。

お金を借りる金額が大きくなる分、やはり審査は厳しくなりがちです。
借入件数は多くても3件まで、それ以上の借り入れ件数がある場合には審査落ちする可能性が高くなります。

また、毎月の返済金額の負担は小さくなることが多いですが、その分返済期間が長くなり総返済額が増えてしまう、といったケースもあることはよく理解しておく必要があるでしょう。

あわせて読みたい
おまとめローンで損をすることがある!知っておきたい注意点についておまとめローンというと複数の借入を一本化する方法としてメジャーですが、単純に複数借金があるからといって安易に利用するのはオススメしません。おまとめローン利用前に知っておきたい注意点について。...

おまとめローンの審査から借り入れ、返済までの流れとは?

おまとめローンの審査自体は通常のカードローンの審査と大きく異なる点は見られません。

すなわち、

  • 安定した収入がある
  • 過去の一定期間金融事故を起こしていない
  • 借入件数が多すぎない
  • 借入金額が多すぎない
  • 申し込みブラックになっていない
  • 申告に虚偽がないこと

などの条件は最低でもクリアしておくべきでしょう。

ここで、消費者金融で提供されているおまとめ専用ローンを例にとって、その申し込みから借り入れ、返済までの流れについて一緒に見ていきましょう。

おまとめローンを利用するまでの流れは以下のようになります。

おまとめローン申し込み手順
  1. 申し込み
  2. 審査
  3. 審査の結果連絡
  4. 契約
  5. 金融機関から借入先へ返済
  6. 金融機関への返済が始まる

手順としては通常のカードローンほぼ変わりはありませんが、利用するためのルールとして通常のカードローンと大きく異なる点がいくつかあることには注意が必要です。

まず、消費者金融でおまとめローンを借りると、完済するまでは他の消費者金融からは借り入れができなくなり、返済だけに集中することになります。
借り入れができなくなると困るという人は、おまとめローンに申し込むときにはよく考える必要がありますね。

また、たとえおまとめローンの審査に通過したとしても、これまでの借入先への返済の手続きはすべておまとめローンを借り入れる金融機関が行います。
おまとめローンで借り入れるお金が口座へ入金されるわけではありませんので覚えておきましょう。

あと、おまとめローンに申し込みをする際には収入証明書が必要です。
そのほか、他社からの借り入れ状況が分かる残高証明書が必要になる場合もあります。
どちらもすぐに準備できる書類ではありませんから、おまとめローンを利用しようと考えはじめた時点で前もって準備しておくとよいでしょう。

あわせて読みたい
多重債務でもお金を借りる方法とは?多重債務になってしまうとどうしても資金繰りに行き詰まり、新たな借入に走ろうとするのが特徴の1つです。基本的に借入が多ければ多いほど審査は通りにくくなりますが新規借り入れをする方法はあるのでしょうか?...

自主規制導入の影響?銀行カードローンがおまとめに利用できなくなった?

少し前までは、銀行カードローンの利点を活かしておまとめローンとして利用することが一般的に行われていましたが、その一方で、様々な問題も指摘されていました。

たとえば、銀行カードローンをおまとめに利用するのに消費者金融での借入総額よりも多い金額を借り入れ、さらに借入金額を増やしてしまうケースなどが多くみられたことなどはその代表例だといえます。

ご存知の方も多いと思いますが、銀行カードローンにおいては以前から過剰融資が問題点として指摘されてきました。

2010年の貸金業法改正以来、カードローンの主流は消費者金融から銀行へとシフトし、確かに消費者金融の貸付残高や自己破産者数は大幅に減少しました。
しかし、総量規制の制限のない銀行カードローンが消費者金融にかわって急激に貸付残高を増加させたことで、逆に2016年には13年ぶりに自己破産者数が増加に転じてしまいます。

各方面からの批判を受けついに2017年、大手都市銀行はカードローン商品に自主規制を導入し、総量規制の実質的な採用や収入証明書の提出金額の引き下げなど、過剰融資の防止策として消費者金融に準じる対応をとることを決定しました。

例えば年収300万円の人が借入総額100万円の複数の借り入れをまとめるには、一時的にさらに100万円(つまり総額が200万円)を借りなければなりません。
ところが、銀行が自主規制を導入した現在、銀行カードローンでおまとめをしようと考えた場合、年収が300万円ならまとめる金額が50万円まででないとカードローンを借りられないことになります。

銀行カードローンには消費者金融のような総量規制の対象外の貸付の制度もありませんから、現在は銀行カードローンをおまとめローンとして利用することがほぼできない状態です。

ちなみに2018年1月からは、銀行カードローンの審査では反社会勢力に対する融資防止のため警察庁のデータベースへの照会を行うことになったため、即日融資も不可能となっています。

あわせて読みたい
借金400万円の正しい債務整理方法はどれ?このページでは借金が400万円までいってしまった際の債務整理の方法について紹介しています。貸金業者との話し合いによる任意整理、裁判所に仲介してもらう特定調停、借金をカットし免除してもらう個人再生、破産を申し立てて免疫の決定を得る自己破産それぞれについて紹介していきます。...

借金を一括化するなら消費者金融のおまとめ専用ローンで!

この状況で注目したいのは、消費者金融のおまとめローンなら総量規制の例外貸付によって年収の3分の1を超える金額を借り入れられる点です。

これまでは金利が低くて借りられる金額が大きいのがカードローンの大きなメリットでした。
しかし、借りられる金額も消費者金融と変わらず即日融資にも対応できないとなると、金利の低さ以外に銀行カードローンを選択する理由もなくなるかもしれません。

ただ、アコムやアイフルなどの消費者金融のおまとめローンを借りる場合は、完済するまで追加での借り入れができなくなります。
とはいえ、借金を増やさないで返済に集中できるのですから、本当に借金から脱出したいと考えている人には却ってその方がよいはずです。

借り入れ件数が増えてしまった、一刻も早く借金問題を解決したい、という場合には消費者金融のおまとめローンを利用して解決することをおすすめします!

あわせて読みたい
アコムのおまとめローンでお金を借りる方法【審査から借入れ、返済までの流れ】複数債務で返済に限界を感じたらアコムおまとめローンを検討してみましょう。すでにアコムで借りている方ならまっさきに相談するべきです。...

おまとめローンの取り扱いに長けている大手消費者金融

アコム
30日間無利息サービス実施しているアコムは、ネットで申し込めば来店不要
平日14:30までに申し込みが完了すると即日融資が可能です。
もし時間が過ぎてしまったり土日祝日に急遽お金が必要になってしまった場合には、全国どこにでもある自動契約機「むじんくん」を利用すれば、最短30分でお金を借りることができます。
マネぷら人気指数
限度額 1万円~800万円
金利 3.0%~18.0%
即日融資
無利息期間 最大30日間 ※無利息サービスは初めての方のみとなります。

キャッチフレーズ通りの初心者にもわかりやすいはじめてのアコム!

詳細ページ公式ページ

アイフル
初回利用でも1,000円から借りられることから、キャッシング初心者でも安心して利用できると評判のアイフル。
手続きは全てネットで完了できるので、来店不要で即日融資も可能となります。

無人契約でんわBOX「てまいらず」なら9:00~21:00まで利用でき、電話するだけでその場でカード発行をしてくれます。

マネぷら人気指数
限度額 1,000円~800万円
実質年率 3.0%から18.0%
即日融資
無利息期間 最大30日間 ※無利息サービスは初めての方のみとなります。

細かな利用者目線で借り方の種類も豊富なアイフル!

詳細ページ公式ページ

プロミス
「瞬フリ」サービスの利用なら、24時間365日、審査は最短30分、最短10秒(※平日14時までに契約完了していれば最短10秒で振込み可能)で指定口座に振込が完了します。

駅前に必ずある自動契約機や店頭なら土日・祝日・夜間(21時まで)も、最短1時間でカード発行前でも即日融資が可能。急な出費にも迅速に対応してくれます。

初回限定の30日間無利息サービス※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。)や女性専用キャッシングなど、利用者にはうれしいサービスを実施しているのもプロミスの特徴です。

マネぷら人気指数
限度額 1万円~800万円
金利 4.5%~17.8%
即日融資
無利息期間 最大30日間 ※無利息サービスは初めての方のみとなります。

スマホアプリで使い勝手抜群!セブン銀行ATMで24時間いつでも借りれるプロミス!

詳細ページ公式ページ