セブン銀行カードローンでお金を借りる方法【審査から借入れ、返済までの流れ】

セブン銀行は、あの大手流通企業グループの「セブン&アイ・ホールディング」傘下の銀行で、コンビニ等で目にする機会も多いのではないでしょうか。

そのセブン銀行は、個人向けにカードローンを提供しています。
来店不要のWeb完結によって、全国どこに住んでいても審査に申し込みができます。
セブンイレブン内のATMで24時間365日お金を借りることができて、店舗数が多いことから利便性も高いと評判です。

最大限度額は50万円(新規契約時)、金利は年15.0%。
パートタイマーやアルバイトの利用も可能で、借入したお金は事業性資金以外であれば自由に使って構いません。

ここでは、セブン銀行カードローンの特徴からメリット・デメリットまで、具体的にわかりやすく丁寧に解説していきましょう。

あわせて読みたい
銀行でお金を借りる方法
銀行でお金を借りる方法!審査が容易ではない低金利融資の実情とは銀行は民間融資のなかでも、特にローン商品豊富な営業を行っています。また、潤沢な運営資金により低金利での貸し出しにも特化しています。最近では有名になった銀行カードローンをはじめ、銀行でお金を借りる方法について徹底解説していきます。...

セブン銀行カードローンの審査申し込み条件とは?最低限の申込上限はこれ!

セブン銀行カードローンは、無条件で審査に申し込めるわけではありません。
以下にセブン銀行カードローンの審査申込条件を記載しておきましょう。

セブン銀行カードローンの審査申込条件
  • セブン銀行の口座所有者
  • 契約時の年齢満20歳以上70歳未満
  • 保証会社のアコム株式会社の保証を受けられる
  • 永住者であれば外国籍でも可能

このセブン銀行カードローンの審査申込条件で最大のポイントは、セブン銀行の口座所有者でなければ審査を受けられないことです。
すでにセブン銀行の口座を所有していれば問題ありませんが、まだ口座開設ができていない場合はカードローンの審査と同時に申し込みしなければなりません。
無事カードローンの審査に通れば良いですが、否決されてしまうとセブン銀行のキャッシュカードだけ手元に残ってしまいます。
使う予定のないキャッシュカードを送られてきても困ってしまいますよね。
したがって、セブン銀行カードローンの審査を受ける予定の方は、セブン銀行のキャッシュカードを作成しても問題ないと思っている人だけです。
必要以上にキャッシュカードは不要だと考える方は、セブン銀行カードローンに向いていないでしょう。

一方、セブン銀行カードローンは銀行口座の開設が必須ですが、本人確認書類等の提出が一切不要です。
これはセブン銀行の口座開設時にすでに本人確認書類は提出していることから、手間が省けるということですね。
また収入証明書類は最大融資限度額が50万円と少額なので、特に収入は重要視していないことが分かります。
消費者金融は貸金業法で限度額50万円超の場合、収入証明書類の提出を必須化していますが、セブン銀行は消費者金融でも限度額50万円超のどちらにも該当しません。
ただ、セブン銀行の口座と同時申込する場合は、結局のところ本人確認書類を提出しなければならないので、手間が省けたと感じることはないでしょう。

在籍確認の電話連絡がない可能性が高い

セブン銀行カードローンは、在籍確認の電話連絡がない可能性があります。
公式サイトでも勤務先への電話確認について触れられていません。
そのため在籍確認に抵抗感を覚える人は魅力を感じるでしょう。
ただし、なんらかの理由で電話連絡が行われる可能性はありますので、あくまで参考程度に考えておくべきですね。

あわせて読みたい
カードローンを申し込んだ際に行われる本人確認に関する注意点カードローンを申し込むと必ず本人確認が行われます。しかし、職場や家族に知られたくないという理由で本人確認を省きたいという方も少なくありません。申し込み前に知っておきたい本人確認について。...

セブン銀行カードローンの審査難易度について

セブン銀行カードローンの審査難易度はどうなっているのでしょうか。
審査のボーダーラインはセブン銀行の審査担当者しかわかりませんが、外部からでもおおよそ予想することはできます。

第一に注目するポイントは、保証会社がアコム株式会社という点です。

アコム株式会社は消費者金融の企業で、基本的に審査難易度は高くありません。
その証拠に大手消費者金融でもアコムは2019年5月の新規契約通過率は48.0%にのぼりトップクラスです(アコムマンスリーレポートより)。
『はじめてのアコム』というように1社目のカードローンに選ばれることが多いため、審査通過率が高いようです。

ただし過去にアコムで借りていて滞納していたり、信用情報機関に登録されている信用情報によって、審査に落ちる可能性は充分あります。
信用情報機関ではキャッシングの利用状況や返済状況等の履歴があり、返済遅延や債務整理といった履歴のある人は、通称ブラックと呼びます。
このブラックになってしまうと、セブン銀行だけでなく他の金融機関のローンを利用することも厳しくなるため、返済については注意しなければなりません。

あわせて読みたい
ブラックかもと思ったら自分の信用情報を開示してみよういくら金融業者に申し込みをしても審査に落ちてしまう方、もしかしたらブラックリスト入りしているかもしれません。心当たりがある方も ... ブラックかもと思ったら自分の信用情報を開示してみよう! ...

セブン銀行カードローンの融資限度額は?希望金額はあくまで希望でしかない!?

セブン銀行カードローンの融資限度額は50万円です。

しかし、最大限度額はあくまで最大でしかなくセブン銀行カードローンの限度額は具体的に以下の3種類にわけることができます。

  • 10万円
  • 30万円
  • 50万円

各申込者の年収や世帯状況等によって融資限度額は異なります。つまり、たとえ融資限度額50万円を希望しても10万円になってしまう可能性はあるということですね。

また、正直なところセブン銀行カードローンの限度額は、他の金融機関と比較して少額になっています。

以下に他社金融機関の融資限度額と比較した表を設けてみましたので、まずは確認してみてください。

カードローン名 融資限度額
セブン銀行カードローン 50万円
アコム 800万円
プロミス 500万円
みずほ銀行カードローン 800万円

他のカードローンと比較してもセブン銀行カードローンの融資限度額は低いことが分かります。
ただ必ずしも融資限度額が高ければ優れているとは断言できません。
必要以上に高い限度額を設定されてしまって、返済に苦労してしまう可能性もあります。
最大でも限度額は50万円あれば問題ない場合は、セブン銀行カードローンを選ぶと良いでしょう。
逆に50万円では足りないのであれば、他社での借入を検討するべきですね。

借入は1,000円単位で使いやすい

セブン銀行カードローンの融資限度額は少し寂しい結果になりましたが、借入単位については注目しておきましょう。
実は、セブン銀行カードローンの借入単位は1,000円からです。
他のカードローンは10,000円単位の場合が多く、ほんの少額の借入で構わない場合でも余計な借入をしてしまいます。
つい無駄遣いしてしまうことになり得ますので、セブン銀行カードローンの1,000円単位の借入は重宝するのではないでしょうか。

セブン銀行カードローンの下限金利と上限金利について!他社と金利を比較してみた!

セブン銀行カードローンの金利は年15.0%です。
金融情勢によってセブン銀行カードローンの金利は変動するため、借入時はその都度金利について確認しておくべきでしょう。
それでは、他の金融機関と金利を比較した表を用意しましたので、確認してくださいね。

カードローン名 金利
セブン銀行カードローン 15.0%
アコム 3.0~18.0%
プロミス 4.5~17.8%
みずほ銀行カードローン 2.0~14.0%

セブン銀行カードローンは最大限度額が50万円なので、他社の上限金利と比較することが大事です。
というのも、50万円以下の借入は基本的に各社の上限金利が適用されるため、上記の表ではセブン銀行カードローンの金利は決して高くありません。
しかし、アコムやプロミスといった消費者金融は新規契約者は最大30日間の無利息期間サービスを提供しています。
一方、セブン銀行カードローンは無利息期間サービスはありませんので、短期間に返済できる目途が立つ人は向いていないかもしれません。
たとえば、数週間先の給与や賞与で返済できるといった場合は、無利息期間サービスを提供している貸金業者のほうが利息を抑えることができます。
単純に金利だけを確認するだけでなく、自身の借入スタイルは長期なのか短期なのかによって借入先を決めるべきでしょう。
(記載はありませんが、アイフルの商品はアコムの商品とほとんど同水準になります)

利息は何円くらいになるの?

仮にセブン銀行カードローンで10万円を30日間借りた場合の利息は以下の計算で算出することができます。

10万円(借入残高)×15.0%(借入金利)30日(借入日数)/365日=1,232円

この計算式に当てはめると利息の計算はカンタンにできます。
また、10万円を30日間借りた場合の利息は1,232円ですが、もしも無利息期間サービスの貸金業者で借りていた場合は0円です。

セブン銀行カードローンの返済方法とは?返済期間は短くできるかも!?

セブン銀行カードローンは、毎月27日にセブン銀行口座から自動引き落とし返済です。
また、セブン銀行ATMやダイレクトバンキングサービスを使えば繰り上げ返済も可能。しかも365日24時間自由に返済ができるため、利便性は高いと言えるでしょう。
毎月の約定返済額は、利用限度額によって異なります。

  • 10万円=5,000円
  • 30万円/50万円=10,000円

約定返済額は特別高くも低くもありません。
10万円以下であれば約定返済額が3,000円といったカードローンもあります。
ただし、毎月の約定返済額が少ないと元金充当額も少なくなってしまうため、この点は各自の気持ちに委ねられるでしょう。

あわせて読みたい
カードローンを選ぶための比較軸!審査・金利・限度額・サービスあなたはどれを軸に見る?カードローンでお金を借りる際に選ぶのに困るほど多くのローン商品が存在します。だからといってなんとなく決めてしまってはいけません。自分の目的に合わせて3つの比較軸でベストな選択をしてください。...

【まとめ】セブン銀行カードローンのメリットとデメリットはこれ!

今回はセブン銀行カードローンの特徴について説明してきました。
他社のカードローンとは一風変わった部分があり、メリットにもデメリットにも感じた方も多いのではないでしょうか。
それでは、最後にセブン銀行カードローンのメリットとデメリットをまとめておきます。

セブン銀行カードローンのメリット
  • Web完結で提出書類なし
  • セブン銀行ATMで手数料無料の借入可能
  • パートタイマーやアルバイトも審査申し込みができる
  • 1,000円単位で借入ができる
セブン銀行カードローンのデメリット
  • セブン銀行の口座開設が必須
  • 即日融資は対応していない
  • 借入限度額は最大でも50万円
  • 無利息期間サービスはなし

セブン銀行カードローンに魅力を感じた人は、審査に申し込みをしてみるべきでしょう。
逆に魅力を感じなかった場合は、他にも金融機関はありますので、他社での審査申込を検討してみてはいかがでしょうか。

あわせて読みたい
銀行 即日融資 不可
銀行カードローンが即日融資不可に!さらに審査も厳格化へ銀行カードローンは2018年以降、即日融資が実質不可能になりました。 今まで即日融資が出来たのに何故できなくなったのか、それ以外にも変わったところはあるのか等最新の銀行カードローン事情について解説していきます。...

おすすめの消費者金融

プロミス
審査は最短30分、「瞬フリ」サービスの利用なら、原則24時間最短10秒で振込可能です。

駅前に必ずある自動契約機や店頭なら土日・祝日・夜間(21時まで)も、最短1時間でカード発行前でも即日融資が可能。急な出費にも迅速に対応してくれます。

初回限定の最大30日間無利息サービス※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。)や女性専用キャッシングなど、利用者にはうれしいサービスを実施しているのもプロミスの特徴です。

人気指数
限度額 1万円~500万円
金利 4.5%~17.8%
即日融資
無利息期間 最大30日間 ※無利息サービスは初めての方のみとなります。

スマホアプリで使い勝手抜群!セブン銀行ATMで24時間いつでも借りれるプロミス!

詳細ページ公式ページ

アコム
最大30日間無利息サービス実施しているアコムは、ネットで申し込めば来店不要
22時までに契約を完了することで24時間、土日も銀行振込可能です(金融機関・申し込みの時間帯によっては利用不可な場合もあります。)
確実に契約時間に間に合わせたい場合もWEBで申し込みを済ませてから、22時までに全国どこにでもある自動契約機「むじんくん」を利用すれば、最短30分でお金を借りることができます。
人気指数
限度額 1万円~800万円
金利(実質年率) 3.0%~18.0%
即日融資
無利息期間 最大30日間 ※無利息サービスは初めての方のみとなります。

キャッチフレーズ通りの初心者にもわかりやすいはじめてのアコム!

詳細ページ公式ページ

アイフル
初回利用でも1,000円から借りられることから、キャッシング初心者でも安心して利用できると評判のアイフル。
手続きは全てネットで完了できるので、来店不要で即日融資も可能となります。

無人契約でんわBOX「てまいらず」なら9:00~21:00まで利用でき、電話するだけでその場でカード発行をしてくれます。

人気指数
限度額 1,000円~800万円
実質年率 3.0%~18.0%
即日融資
無利息期間 最大30日間 ※無利息サービスは初めての方のみとなります。

細かな利用者目線で借り方の種類も豊富なアイフル!

詳細ページ公式ページ