JA(農協)のカードローンで融資を受ける方法【審査から借入れ、返済までの流れ】

JA(Japan Agricultural Coperatives)とは農業協同組合のことです。

JA=農協は、日本全国の農業従事者の為の組織であり、農業指導、野菜や果物の販売促進、病院や診療所の厚生事業などだけでなく、通称JAバンクと呼ばれる信用事業にまでサービスを展開しているのです。

JAバンクを簡単に説明すると、農協、信用中央金庫そして信用農業協同組合連合会で構成された、民間でも最大級の金融組織のことです。
JAという大きな母集団の中で金融信用事業を展開しているのがJAバンクで、農業を軸とした振興事業を図る為の資金提供、預金や各種ローンサービスなどの金融業務を担っています。
つまり労金のような位置づけの金融機関であり、特に農業従事者に使いやすいサービスが整った銀行と言えば分かりやすいでしょう。

JAと形容されていますが、それぞれの地域のJAバンクは一般の利用も勿論可能です。
貯金や給与受け取りの為にJAの口座を保有することも出来ますが、カードローンを含む各種ローンサービスを利用する為には、JAの組合員になる必要があります。

後ほど詳しく説明致しますが、農協には正組合員と准組合員の2種類の会員があり、農業従事者は正会員、一般の人が加入出来るのは准組合員という点も覚えておきましょう。

こうした組合員になる手間や時間をかけたくないという方は、同じ低金利帯にある銀行カードローンの検討をおすすめします。

あわせて読みたい
銀行でお金を借りる方法
銀行でお金を借りる方法銀行は民間融資のなかでも、特にローン商品豊富な営業を行っています。また、潤沢な運営資金により低金利での貸し出しにも特化しています。最近では有名になった銀行カードローンをはじめ、銀行でお金を借りる方法について徹底解説していきます。...

農協でお金を借りる!JAカードローンの特徴をみてみよう

JAバンクは、カードローンの他にも住宅ローン、マイカーローン、教育ローンや農業融資など多岐に渡る金融商品を用意しています。
ただし、各地に点在するJAバンクによってそのサービスが異なるので、ここではいくつかの例を出しながら、JAバンクのカードローンをメス入れしてみましょう。

JAローンの仕組みとそのスペックについて

各地のJAバンクでカードローンが用意されていますが、それぞれのサービス名称、金利、必要書類や利用条件は各々異なります。
JAバンクという特異な金融機関がゆえに利用者は多くはありませんが、一般の人でも准組合員になることで、その融資サービスを利用しお金を借りることは可能です。

JA兵庫みらいのカードローンの場合…

契約時の年齢、前年度の税込年収、勤続歴によって借り入れ出来る額は異なり、それぞれのスペックにより20、50、100、150、200、300万円までの融資が決定されます。

JA佐賀のカードローンの場合…

前年度の税込年収が200万円以上あり、JA佐賀の組合員の場合、10~50万円までの融資を10万円単位で受けることが可能です。

このように各地にあるJAによってローンの内容が様々ですので、自分の地域のJAバンクもHPでスペックを確認しましょう。
金利に関しても地域によって異なるので確認が必要になりますが、年9.0%~12.0%の間の地域が多いようです。

JAのカードローンは銀行カードローンと同様に総量規制の対象外ですが、上限金利が低く、下限金利が高いので、おまとめローン利用などの大型融資には不向きで、どちらかというと小口融資に適したカードローンと言えます。

審査に関しても銀行と同様に保証会社の審査を受ける必要があり、融資までかなりの時間を有することから、即日融資を希望している人にはおすすめ出来ません。
基本的に担保は不要、使い道は自由な点は、全国のJAで共通ですが、その融資内容は通常の銀行や消費者金融と比べても、若干複雑な点は否めません。

あわせて読みたい
おまとめローン
おまとめローンで借金を一本化!審査通過までの流れをまとめて徹底解説!カードローンは自分の裁量で借り入れができたりと、大変便利なものです。しかし、便利なものに頼りすぎてしまった結果、借入先が2-3件と増えていって返済に追い詰めらてしまうしまう方もいるでしょう。 そんな事態になる前に、検討したいのが借金を一括できるおまとめローンです。 おまとめローンの申し込み審査、メリット・デメリットなどこれからおまとめを考える方に向けて徹底解説していきます。...

JAローンを利用する為の条件とは?一般の人もお金は借りれるの?

金利は低いけれど、申し込み~融資までの道のりが長いJAのカードローン。
ここではJAカードローンを申し込む前に、気になるその利用条件についておさらいしてみたいと思います。

しつこくなってしまいますが、それぞれのJAで取り扱う事業内容が異なるので、カードローンサービスを取り入れていないJAも少なくありません。
地方小規模都市のJAはカードローンのサービスが普及しておらず、政令指定都市の東京のJAが必ずしもカードローンサービスがある訳でもないので誤解しないでくださいね。

基本的に農業が盛んな地方都市はカードローンを含め様々な金融商品が目白押し、更にはより低金利で借り入れすることが出来る傾向にありますが、まずは地元のJAへの問い合わせは必須です。
ただし東京に住んでいる人が、千葉、茨木などのJAのカードローンを利用することは勿論出来ないことも付け加えておきましょう。
(住居は東京で、県を跨いで通勤している方は利用できる可能性あり)

一般の人が借り入れる為には准組合員になる必要あり

JAのカードローンはJAが給与振口座になっている人限定のカードローンやシニア向け商品など、それぞれのJAで強い特色を持つローンサービスを展開しています。
多くの金融商品は20~65歳までの年齢制限ですが、JAによっては18歳から利用可能、また70歳まで利用可能なカードローンもあることも見逃せません。

どちらにせよ一般の利用には、JAの准組合員にならなければ利用できません。
JAイコール農業従事者の正組合員ばかりというイメージがありますが、年々一般会員である准組合員の割合も増加中。

カードローンに限らずJAの金融商品を利用する為には、借り入れをしたいJAに出資をしなければなりません。
各JAによって1口当たりの出資金は異なりますが、1,000円~10,000円の幅で、1口以上の出資をすることで准会員になることが出来ます。

勿論それぞれのJAの業績に応じた配当を受け取ることも出来ますし、JAの組合員価格で給油を受けることも可能なので、融資サービス以外にも多くのメリットを享受出来ることでしょう。

因みに出資をするには、自身がJA地区内に居住もしくは就労している必要があります。
そして最寄りのJAで組合員加入申込書を記載し、出資金を支払い、加入手続きをしてください。

必要書類に関しては免許証などの本人確認書類、印鑑に出資配当金を受け取る為のJA普通口座が必要になります。
またJAを脱退する際には、翌年に出資金が返還されますが、業績次第では満額返済にならない場合もあるので注意しましょう。

JAローンの申込方法から融資までの流れ、注意点

JAのカードローンを申し込みする方法から、融資の流れをまとめてみたいと思います。
消費者金融のカードローンや銀行などとは違い、かなり手順が多いのでしっかり読んで理解してくださいね。

JAローンの申込方法について

まずは上記で言及したように、一般の方は出資を通して、准組合員になる前提条件をクリアしなければなりません。
その後の申し込み手順をまとめてみると

  1. ネットでの仮申し込み(ただし仮申し込みに対応していないJAもアリ)
  2. JA窓口での申し込み手続き
  3. 必要書類を提出
  4. 審査(数日から1週間程度)
  5. 審査の可否を電話連絡
  6. JA窓口で契約手続き
  7. ローンカード発行後に利用可能

が一連の流れとなっており、消費者金融、銀行のようにWEBでサクッと申し込みを終了することは出来ません。
仮申し込みの後に、必ずJA窓口に足を向ける必要があるので、超多忙な方にはおすすめ致しません。

あわせて読みたい
即日融資でキャッシングするならWEB完結&カードレス!今日お金を借りたいならココ!今日中にお金が必要!でもそんなピンチに限って外に出てる余裕もない。そんな時はWEB完結でカード発行も必要としないカードローンがおすすめです。...

カードローン申し込みに必要な必要書類は?

基本消費者金融、銀行カードローンの申し込みに必要な書類と大差ありませんが、各地のJAによってバラツキがあるので、詳しくは借り入れを希望するJAに問い合わせが必要です。

全てのJAで共通して必要な書類は運転免許証や健康保険証などの本人確認書類に、希望借り入れ額によっては収入証明が必要になってきます。
また住民票や未成年の借り入れの場合は、親権者の同意書が必要な場合も……

注意点として農業従事者、自営業者そして会社に属して就労している場合で、収入証明の種類が異なる場合があり、必要書類に関しても若干煩雑になっています。

JAカードローンを利用する際の注意点

ここでは申し込み、審査に関する疑問と注意点について考察してみたいと思います。

まず在籍確認ですが、基本農業従事者以外には必須だと考えていいでしょう。
ただしこちらに関しても各JAでそのさじ加減は異なり、消費者金融のように目くじらを立てて在籍確認に重きを置いている印象はありません。

また保証会社による審査も勿論必須ですが、農業信用基金協会の他、ニコスやオリコなどの信販会社が保証会社になっている場合も少なくありません。
その為銀行カードローンと同様に信用情報機関に異動情報があったり、多額の借り入れや複数の借り入れ先がある場合は、審査突破は大変難しくなってきます。

JAカードローンは金利が低く消費者に優しいカードローンですが、返済に関しては最低1万円以上の返済が義務付けられている所も多く、消費者金融と比べると毎月の返済計画が難しいと感じる方もいることでしょう。

またJAによっては年収200万円以上を利用条件にしている場合がありますが、裏を返せば約200万が融資可能か否かを判断するポイントになっているのです。
基本的に正社員、パート、アルバイトの区別はありませんが、年収200万円を切る場合は審査突破は難しいと言わざるを得ません。

非営利だからこそのサービスを展開しているJAだけあって、やはり審査に関しては難易度が高めです。
農家を営んでいる、公務員または勤続歴の長い正社員以外は、JAではなくその他の銀行カードローンや消費者金融のカードローンを申し込む方が賢明かもしれません。

あわせて読みたい
世代別 お金を借りる 方法
お金を借りる理由と方法!世代別のお金の借り方を徹底解説!お金を借りるのに年代などは関係ありません。しかし、実際に借りるとなるとそれぞれに優遇されていたり限定されていたり様々な借り方があります。世代別のお金の借りる方法について解説していきます。...

JAでお金を借りるメリット、デメリットとは?

ここでは分かりやすくJAでお金を借りる際のメリットとデメリットについて、まとめてみたいと思います。

  • 銀行カードローンと同等もしくは、それ以下の金利でカードローンを利用出来る
  • カードローン以外にも住宅ローン、マイカーローン、教育ローンなど多くの金融商品が揃っている
  • 収入が年金のみの場合もカードローン申込可能、またシニア向けローンなどを揃え高齢者に優しい

多彩なローンの数々に低金利は魅力的ですが、融資を受けるにはまずJAの准組合員になる必要があるので、その手間暇や出資金などをよく考慮に入れて申し込みをしましょう。

  • 銀行カードローン同様、審査が厳しく、そして審査が遅い(即日融資不可)
  • 各地のJAによって金利、金融商品の幅が大きく異なる
  • 保証会社の審査が必須である
  • 農業従事者以外はJAに出資し、准組合員になる必要がある
  • 准組合員の場合、金融商品の審査時に不利になる場合も
  • WEB完結方式の申込みは出来ず、仮申し込み後に最寄りのJAに赴く必要あり
  • 土日・祝日の審査は受付ない

このようにザッとデメリットを挙げただけでも、これだけの使い勝手の悪さが見られました。
元々農業協同組合のローンなので、労金カードローンと同様、一般の人には若干不利な点は否めません。

豊富な金融商品と低金利が自慢!ただし一般の利用は准会員になる必要あり

銀行と比べても低金利でお金を借りることが出来るJAですが、各々のエリアのJAで金利や利用条件が異なる点、そして一般の利用も准会員になる必要がある点は注意が必要で
また准会員ではそもそも融資の利用対象から外れる場合や正会員でないが故に、審査が不利になる場合もあるので、JAの借入れは万人にはおすすめ出来ません。

その為JAで借り入れを考える非農業従事者は、銀行カードローンや消費者金融のカードローンを第一の選択肢として考えた方がベターと言えるでしょう。

あわせて読みたい
銀行でお金を借りる方法
銀行でお金を借りる方法銀行は民間融資のなかでも、特にローン商品豊富な営業を行っています。また、潤沢な運営資金により低金利での貸し出しにも特化しています。最近では有名になった銀行カードローンをはじめ、銀行でお金を借りる方法について徹底解説していきます。...

WEB完結で低金利の借入れなら銀行カードローン

楽天銀行カードローン
近年、ユーザーからの人気がドンドン高まっているのが楽天銀行カードローン
カード発行で楽天ポイントが進呈されるのは楽天ユーザーにとって嬉しいメリット。

もっとも、人気急上昇の要因は楽天ポイントのプレゼント!
最大31,000ポイントもらえるのは楽天ならではです。

楽天銀行口座を持っている方なら最短翌日審査・融資も可能なので、いま最も使い勝手のいい銀行カードローンといえます。

人気指数
限度額 800万円
金利 1.9%~14.5%
口座開設 不要
アルバイト OK

パート・アルバイトもOK!スマホで楽々申し込み!

詳細ページ公式ページ