クレジットカードのキャッシング枠とショッピング枠って違いはあるの?利用時に気を付けたい注意点

貴方は正しく知ってますか?クレジットカードの2つの機能・「キャッシング枠」と「ショッピング枠」

自分自身で収入を得られるようになれば、持っていないほうが不便に感じることも多いクレジットカード。
今ではさまざまな特典や特色を備えたクレジットカードが出回っていて、カード選びそのものにも自分の好みを反映できるようになってきています。

さて、そのクレジットカードの基本的な機能として、「キャッシング枠」「ショッピング枠」が設けられていることはご存知でしょうか。
同じクレジットカードで利用できるものながら、この枠は実はまったく違う性質を持つものなのです。

あわせて読みたい
クレジットカードのキャッシング枠でお金を借りる方法クレジットカードには現金を引き出せるキャッシング枠がついている場合がほとんどです。そしてあまりに気軽なため使いすぎてしまう人も多いのですが計画的な利用であればこんなに便利なものはありません。...

ほとんどの人にとって身近なのは、店舗やネットなどでのお買い物で使っている「ショッピング枠」のほうでしょう。
分割払いやボーナス払いなどの支払いの種類に関わらず、モノを購入するにあたって現金の代わりに支払いに使用する手段のときに使われるのがすべて、この枠です。

対して、「キャッシング枠」とは、ATMなどで現金を引き出すときに使われる枠です。
つまりお金そのものをカードを使って得る場合には、このキャッシング枠が消費される、ということになります。

クレジットカードには必ず使用上限金額が定められていますが、その上限金額は「ショッピング枠」「キャッシング枠」が合算されたものです。
たとえばショッピング枠は10万円、キャッシング枠が5万円とされていたとします。

このとき買い物で10万円使った場合には、同月のキャッシング枠は0円となります。
逆にATMで5万円引き出しキャッシング枠を使用すれば、ショッピング枠はこの5万円を差し引いた5万円まで、となります。
ショッピング枠の中にキャッシング枠が含まれている、という考え方をすればわかりやすいですね。

あわせて読みたい
カードなし!WEB完結!家から出ずに即日融資可能!今日中にお金が必要!でもそんなピンチに限って外に出てる余裕もない。そんな時はWEB完結でカード発行も必要としないカードローンがおすすめです。...

のちのち支払いに困らないために・心がけておきたい利用のコツ

クレジットカードの利用には一般的によくいわれているように、いくつかのリスクが伴います。
カードを利用する上において知っておくべきそのリスクについて、気をつけるべきポイントを具体的にあげていきます。

使いすぎて支払い日にお金を用意できない…!ショッピング枠利用時の注意点

実際に財布からお金を取り出して使うわけではないので、クレジットカードで買い物をするとつい使い過ぎてしまう、というのはよく聞くパターンであり、だからこそ常に気にしておくべきリスクのひとつです。

これを防ぐためには、簡単にいうと自制心を持つということに集約されるのですが、そのための心構えとしては「自分がいつ・いくら使ったのか」をちゃんと把握しておくことが大事です。

そのためには、家計簿をつけるようにカードもいつ・いくら使ったのかを明確にしておくという方法が一番です。
今ではスマートフォンのアプリでも簡単に記録できるソフトがありますし、エクセルに使った日にちと金額を羅列するだけでも、または手帳の用事を書く日付部分に直接書き込んでも良いでしょう。
大事なのは、記録するという行動を続けるために自分の一番やりやすい方法を選択することです。

あわせて読みたい
アイフルのアプリが超便利!スマホがカードになるってどういうこと?アイフルのスマホアプリを使うことによって、申込から借入、返済までカードレスでキャッシングが可能です。スマホアプリの使い方から利用のメリット・デメリットまで詳しく解説します。...
スマホ1本で家でテレビを見ながら借り入れができる時代になりました

そして一月に一度はカード会社のホームページから自分の明細を確認して、自身の認識とのズレがないかをチェックするように心がけます。
この突合せを行うことで不正利用に気づくこともできるかもしれませんので、その確認は怠らないようにしたいものです。

次に、支払方法は基本的に一回払いを選択し、出来得る限りリボ払いは使わないようにすべきです。

リボ払いとは月々の支払額を任意の固定金額に設定する支払方式で、月に支払うお金を均一化できるメリットの一方、そのために固定金額以上を使い続けると支払残高が積み重なっていくことになります。
結果、支払期間が長期になり、いつまで支払えば完済になるのか自身での把握もしづらいままに利息の支払いばかりがかさんでいく、などの強いデメリットを持つものです。

よほど自己管理がしっかりしていないと自分にとってメリットが生じる使い方ができない支払方法ですので、選択しないのが一番良いのです。

いずれにしても、カードはいずれは自分で支払う後払いシステムに過ぎず、そのツケは必ず未来の自分自身に回ってくる、未来の自分への借金なのだということは忘れてはいけません。

あわせて読みたい
多重債務の入り口!リボ払いの危険性とは?リボ払いは上手に利用すれば毎月の返済負担を軽減するのにもってこいな方法ですが、負担がかるすぎて気がつくと大きな金額の借金を抱えているパターンも非常に多く注意が必要です。...

金利やリスクをきちんと考えて利用したい・・・キャッシング枠利用時の注意点

クレジットカードのキャッシング枠は、お金をすぐに用意しなければいけないというときに大変便利なことは確かです。
限度額の範囲内ならATMで簡単にお金を得ることができるので、手軽に感じられるでしょう。
ただ、だからといって、お小遣いの前借り感覚で利用するのはNGです。

それはなぜかというと、キャッシング枠の利用とは、口座から自分のお金を引き出すのではなく、カード会社からお金を借りている「債務」が発生しているからです。
自分のカードでお金を引き出せるものですから勘違いしがちですが、引き出しているお金は自分のお金ではないとしっかり理解しておかなければいけません。

あわせて読みたい
誰にも相談できないお金の悩みの解決方法お金の悩みってなかなか人には相談しにくいものです。誰にも相談できないでいると気付いたら手遅れになる場合もあります。状況別に解決方法を探っていきましょう。...

また、キャッシング枠の金利はおおよそ15.0%から18.0%前後に設定されていますが、よほど多額を借りない限りは上限金利の18.0%近くに設定されることがほとんどです。
これは貸金業法における上限金利と同等ですので、一般的な消費者金融などのカードローンと比較するとそちらのほうが安く借りられる可能性もあるということです。

もし低い金利で借りられるのなら支払総額を減らせますし、次の収入までのつなぎ資金としたいのでしたら、消費者金融の30日間無利息サービスを使うという選択肢で利用金額だけの返済とすることもできます。

あわせて読みたい
金利0円でお金を借りる!裏ワザでも何でもない大手消費者金融の激アツサービス30日間無利息サービスとは?金利0円無利息サービスを取り扱っている消費者金融カードローン大手3社の情報をピックアップして解説しています。初回借入の場合や契約日から30日など消費者金融によって様々ではありますが、うまく利用すれば金利を安く借り入れできます。 カードローンを初めて利用する方は知っておくべき注意点やポイントも分かりやすくまとめています。...

こういった理由から、お金を借りる=キャッシング枠を利用しよう、と単純に考えるのではなく、他の選択肢も念頭に置いておくことをおすすめします。

ちなみにクレジットカードのキャッシング枠は「年収の3分の1以上は借りられない」という総量規制の対象となります。
そのため無職の方は借りられませんし、すでに他の金融業者から借り入れがありキャッシング枠を使用すると3分の1を超える場合には利用できませんので、注意が必要です。

あわせて読みたい
無職でもお金を借りる方法はある?ほとんどの金融機関ではお金を借りる最低条件に安定的な収入を掲げているため、基本的に無職では借りるすべはありません。ここでは無職でもお金を借りるための方法を幾つか紹介していきます。...

また、利用した際には金利が発生していますから、なるべく早めに完済するように心がけましょう。
翌月一回払いが選択できればそれがベストですが、無理ならば繰り上げ返済も頭に入れながら短期完済を目指すようにするのが望ましいといえます。

そして、普段クレジットカードは買い物だけでキャッシング枠は使わない、と決めているのなら、キャッシング枠の設定を0円に変更しておいたほうが良いでしょう。

これはカードが不正利用された場合にはキャッシング枠での利用分は補償の対象にならないケースが少なくないという理由がまずあります。

そして先に書いたようにお金を借りるという手段のなかではキャッシング枠の利用は必ずしもベストではないので、利用枠を0円としても、とりわけデメリットとなることは少ないと考えられるからです。

キャッシング枠の額の変更はカード会社により手続き方法は異なりますが、電話やネットなどでできるところが大半ですので、一度確認してみると良いでしょう。

あわせて読みたい
初めてお金を借りるなら消費者金融のカードローンがおすすめな理由を銀行カードローンと徹底比較!初めてお金を借りる場合、金利の安い金融業者を選ぼうとか、すぐに借り入れが出来るところはどこだろうとか、何処で借りたらいいのか、返済はちゃんとできるのか、誰かにバレたらどうしよう。など色々不安になることも多いと思います。そんな方に初めて借りる時の心構えをお伝えします。 ...

カードで利用した支払いもおまとめローンで一本化できるのか?

複数の借入を一本化させるおまとめローンへの借換えは、金利や支払日の一本化によりスムーズな返済計画を立て直す効果が見込めます。

さて、クレジットカードでの支払いについても、このおまとめローンでまとめることはできるのでしょうか。
これは使用した「枠」により、異なります。

あわせて読みたい
【おまとめローン】借りすぎたお金を一本化し計画的に返済しようお金を借りることは悪いことではありませんが、それは計画的に返済できているうちのこと。複数社で借入をして毎月の返済が苦しくなったらおまとめローンで一本化することも考えていきましょう。...

ショッピング枠で使用した支払いについては、おまとめローンにまとめることはできません。
ショッピング枠でのカード使用とは、いわば「立替払い」という支払方法の選択の違いに過ぎず、おまとめローンの対象となる「借入」にはあたらないためです。

対して、キャッシング枠での使用分についてはおまとめローンでまとめることが可能です。
キャッシングは貸金業法に基づき金利などの返済条件が定められた金融商品だからです。

おまとめローンに申し込む際には、金利や利用条件をよく確認し、借り換えることで自分にデメリットが生じないか、問題ないかをきちんと確認しておきましょう。

おまとめローンと一口にいっても、商品によって金利が違い、条件によっては支払総額が借換前よりも上回ってしまうということも生じかねないためです。

あわせて読みたい
おまとめローンで損をすることがある!知っておきたい注意点についておまとめローンというと複数の借入を一本化する方法としてメジャーですが、単純に複数借金があるからといって安易に利用するのはオススメしません。おまとめローン利用前に知っておきたい注意点について。...

クレジットカードの利用でも過払い金請求の対象となることはあるの?

かつて存在した違法金利での貸借契約に対して、払いすぎた利息の返還を求めるのが過払い金請求です。

この過払い金請求の対象に、クレジットカードの利用は含まれるか否かというと、おまとめローン同様に、ショッピング枠での使用の場合は対象外、キャッシング枠の場合は可能、となります。

カード払いのときに分割払いを選択すれば、金利も発生することもあります。
それはローン=借入にあたらないのかと考える人もいるかもしれませんが、買い物の分割払いとローンの返済はまったく性格の違うものなのです。

カード払いにおいて分割払いの規則は、「割賦販売法」という法律に基づいているものです。
分割払いを選択して発生する分割手数料もこの法律のもと定められているもので、上限金利は平成7年に「出資法の上限利率に準拠するように」という指導がなされるようになりました。

あわせて読みたい
闇金でお金を借りる方法(騙されないための基礎知識)借りれない人達がいる限り「闇金」という違法業者はなくならないと思います。弱みに付け込んでお金を貸し、法外な金利で取立てを行うので、絶対に借りてはいけませんし、甘い勧誘に騙されてもいけません。...

過払い金とは、「貸金業法」のもと営業する貸金業者が提供する金銭の貸借契約に対して、本来要求すべきではない金利で契約をした結果に発生していたものです。

つまり、大元から属している仕組みが違うため、過払い金請求の対象にはなりえないのです。

キャッシング枠の利用については、これは金銭の貸借契約に当たりますので、過払い金請求が可能な場合があります。

ただ、過払い金が発生している可能性があるのは、貸金業法の改正以前、およそ2007年以前に契約を交わした一部の業者です。
この年代以降は法改正に伴い、違法金利での契約はほぼなくなってきていますので、対象となる可能性は低いと考えられます。

また、過払い金請求には期限があり、最後に取引を起こってから10年を経過した後では請求ができなくなります。
2007年前後という法改正の時期と合わせて考えると、過払い金が発生している可能性が高くても時効が差し迫っている契約が多いとみられます。

もし自分がかつて返済していた契約に過払い金が発生している可能性があると感じたなら、なるべく早く弁護士事務所などの専門家へ相談に行かなくては時間切れとなってしまいますので、早めに行動を起こしましょう。

あわせて読みたい
消費者金融でお金を借りる方法消費者金融とはに答えるページです。申し込みも簡単で審査も比較的通りやすいのが特徴となっており、即日融資はもちろん大手消費者金融なら1ヶ月間無利息で借り入れが可能なところも!冠婚葬祭の急な入用にも短期の借り入れにもお金を借りやすい消費者金融を徹底解説します。...

法改正によってより借りやすく低金利になった消費者金融

アコム
30日間無利息サービス実施しているアコムは、ネットで申し込めば来店不要
平日14:30までに申し込みが完了すると即日融資が可能です。
もし時間が過ぎてしまったり土日祝日に急遽お金が必要になってしまった場合には、全国どこにでもある自動契約機「むじんくん」を利用すれば、最短30分でお金を借りることができます。
マネぷら人気指数
限度額 1万円~800万円
金利 3.0%~18.0%
即日融資
無利息期間 最大30日間 ※無利息サービスは初めての方のみとなります。

詳細ページ公式ページ

アイフル
初回利用でも1,000円から借りられることから、キャッシング初心者でも安心して利用できると評判のアイフル。
手続きは全てネットで完了できるので、来店不要で即日融資を受けることができます。

無人契約でんわBOX「てまいらず」なら9:00~21:00まで利用でき、電話するだけでその場でカード発行をしてくれます。

PC・スマホ限定サービスとしてカードのお届け時間を選べる「配達時間えらべーる」を実施中で、確実にカードを受け取ることができ安心です。

マネぷら人気指数
限度額 1,000円~800万円
実質年率 3.0%から18.0%
即日融資
無利息期間 最大30日間 ※無利息サービスは初めての方のみとなります。

詳細ページ公式ページ

プロミス
「瞬フリ」サービスの利用なら、24時間365日、審査は最短30分、最短10秒(※平日14時までに契約完了していれば最短10秒で振込み可能)で指定口座に振込が完了します。

駅前に必ずある自動契約機や店頭なら土日・祝日・夜間(21時まで)も、最短1時間でカード発行前でも即日融資が可能。急な出費にも迅速に対応してくれます。

初回限定の30日間無利息サービス※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。)や女性専用キャッシングなど、利用者にはうれしいサービスを実施しているのもプロミスの特徴です。

マネぷら人気指数
限度額 1万円~800万円
金利 4.5%~17.8%
即日融資
無利息期間 最大30日間 ※無利息サービスは初めての方のみとなります。

詳細ページ公式ページ