100万円お金を借りる方法!借りたいニーズに合わせてベストな選択肢を!

100万円 お金を借りる

100万円のお金を借りるとなった時、あなたはどのような業者から借入をするでしょうか。
消費者金融や銀行など、様々な選択肢がありますが、条件や何を優先事項に置くかによって、どの業者が自分にとって最適かは異なります。
それでは、各借入先のメリットやデメリットも踏まえて、どの選択肢がベストなのか考えてみましょう。

消費者金融で100万円を借りたい!メリット、デメリットは?

急ぎでお金を借りたい方に最も適しているのは、間違いなく消費者金融のカードローンです。
審査にも通りやすく、融資までのスピードが早いのが特徴です。
インターネットからの申込みや自動契約機でのカード発行などを利用することで、即日融資も可能なので、100万円が必要な時が間近に迫っているという方におすすめです。

ただし、消費者金融や信販会社などの貸金業者では、年収によって借入できる金額の限度が決められています。
これは総量規制と呼ばれており、年収の3分の1を超える借入を行うことができないという決まりです。

あわせて読みたい
総量規制の対象外・例外と対象になるカードローンの違いとはお金を借りる際に気をつけておきたい総量規制ですが、対象外と例外が存在します。すでに借入がある方は個々の違いをきちんと理解して申し込むようにしましょう。...

つまり、100万円を借りたいのであれば、最低でも年収300万円以上は必要ということです。
この総量規制は貸金業法での決まりであるため、貸金業者に該当しない銀行は対象外です。
一般的に銀行は消費者金融よりも審査が厳しい傾向にはありますが、年収が300万円を満たしていないという方は消費者金融で100万円の借入をすること自体が総量規制の法律により不可能なので、銀行のローンを検討しましょう。

また、たとえ年収が総量規制の基準をクリアしていたとしても、初めて消費者金融を利用する方がいきなり100万円の審査に通過するのは難しいという問題もあります。
大手消費者金融では最初から100万円以上の借入ができることは少なく、初回の限度額は30〜50万円程度が一般的です。

今までの利用実績がない方は十分な信用力がないため、消費者金融にとっていきなり100万円の高額融資をするのはリスクが大きいということが主な理由です。
しかし、たとえ50万円の限度額しか付与されなかったとしても、永遠にその限度額のまま使い続けなければならないというわけではなく、そこから継続利用をしていく中で増額申請できる可能性は大いにありますので、着実に返済実績を積み上げていきましょう。

また、消費者金融が初めてではない方でも、審査の結果、90万円に減額となってしまうケースも少なくありません。
これには「利息制限法」という法律が関係しています。
この法律では借入金額に応じた上限金利が以下のように定められています。

  • 10万円未満…年利最大20.0%
  • 10万円以上100万円未満…年利最大18.0%
  • 100万円以上…年利最大15.0%

100万円未満であれば年18.0%までの金利を適用させることができますが、100万円からは法律に従って年15.0%に金利を下げなければなりません。
消費者金融も利益を得るためにはできる限り金利を高くしたいというのが実情であるため、100万円未満の限度額にするケースも見受けられるのです。

このように、100万円での申し込みをしても、それよりも少ない限度額になってしまう場合もありますが、カードローンは複数保有することも可能です。
他社のローンの審査に通れば、合計で100万円の借入枠になる可能性も十分にありますので、一度で諦めずに他の業者も視野に入れてみるのも一つの手です。

あわせて読みたい
改正貸金業法の基礎知識!お金を借りるルールはちゃんと知っておこう!改正貸金業法により変わった生まれ変わった消費者金融の新しいルールを詳細含めて解説します!お金を借りる前の基礎知識を身に着けたい方、改正後のメリット・デメリットを知りたい方は必見です。...

金利を重視するなら銀行カードローン!金利をしっかり比較しましょう!

スピードを重視するなら消費者金融ですが、今までの利用実績がなく100万円の借入は難しいかもしれないという方や総量規制がネックとなる方は、銀行カードローンという選択肢もあります。
銀行カードローンでは即日融資ができず、審査も厳しい傾向にあるため、スピード面や借りやすさの面では消費者金融に劣りますが、総量規制の対象外であることや低金利という大きなメリットもあります。
100万円もの高額なお金を借りるとなると、やはり気になるのは金利という方も多いでしょう。
前述した通り、利息制限法により100万円以上の借入には適用金利が15.0%という決まりがありますが、消費者金融と銀行では金利に大きな違いがあります。

あわせて読みたい
銀行でお金を借りる方法
銀行でお金を借りる方法!審査が容易ではない低金利融資の実情とは銀行は民間融資のなかでも、特にローン商品豊富な営業を行っています。また、潤沢な運営資金により低金利での貸し出しにも特化しています。最近では有名になった銀行カードローンをはじめ、銀行でお金を借りる方法について徹底解説していきます。...

一般的に消費者金融では上限である15.0%近くの金利が適用され、それを大きく下回ることはありませんが、銀行ではおおよそ12.0%前後となります。
この僅か数%の差でも、借入金額が高額になるほど支払利息にも大きな影響を及ぼすのです。
金利は銀行によって異なりますので、金利を重視する方は様々な銀行を比較してみると良いでしょう。
例えば、メガバンクでの100万円のカードローン借入は以下のような金利となっています。

  • みずほ銀行
  • 100万円以上~200万円未満…年12.0%

  • 三井住友銀行
  • ~100万円以下…年12.0〜14.5

もちろん上記の金利よりも低い銀行は他にもありますが、より低金利を希望する方はネット銀行も検討してみると良いでしょう
例えば、ソニー銀行で利用限度額100万円のカードローンを作成した場合、9.80%と非常に低金利での借入が可能になります。

カードローンはどの銀行にもある商品なので、しっかりと金利を比較することが大切です。
HPやパンフレットで借入限度額毎に金利の目安を公開しているので、気になる銀行があれば確認をしてみましょう。

あわせて読みたい
カードローン 審査基準 解説
カードローンが重視する審査基準!どんな属性が審査に通りやすい?これからカードローンを借りようか悩んでいる方、カードローンの審査基準について詳しく知りたい方、消費者金融、銀行カードローンを含めた審査のマメ知識も含めて徹底解説します。...

カードローンだけではありません!その他の選択肢も紹介!

カードローンは申込みも簡単で、いつでも手軽に借入ができるので、100万円を借りる最初の選択肢として検討する方も多いでしょう。
しかし、100万円の借入が可能な方法はカードローン以外にもあります。
商品によってはカードローンよりも有利な条件で利用できるので、どのような方法があるか知っておくといざという時に役立ちます。

まず、銀行などの金融機関での借入について見ていきましょう。
銀行にはマイカーローン、教育ローンなど様々な種類の目的別ローンがあります。
カードローンは借入するお金の使い道が自由なフリーローンの一つですが、目的別ローンは定められた用途以外には使用できないという決まりがあります。
その代わり、カードローンに比べ、非常に低い金利で利用することができるのが大きなメリットです。
提出書類も多く、審査のハードルは高くなりますが、2.0〜5.0%台という低金利で借入をすることもできるので検討する価値は十分にあります。
もし、100万円の使い道が明確に決まっており、用途に合った目的別ローンがあるならばこちらを利用すると良いでしょう。

あわせて読みたい
フリーローンでお金を借りる場合の審査、借り入れ、返済の流れフリーローンという名称のローンがありますがどのようなローンかを説明できますか?カードローンとは違うフリーローンの特徴について解説していきます。...

また、生活福祉資金貸付制度などの公的な制度を利用してお金を借りる方法もあります。
世帯条件や借入資金の使用目的などに細かい決まりがあるため、利用できる方は限られていますが、保証人ありなら無利子、保証人がいなくても1.5%程度の低金利で借入をすることができます。
金融機関から借入ができない、何らかの理由で働くことができないという方は、こうした選択肢があるということも頭に入れておくと良いでしょう。

あわせて読みたい
生活福祉資金貸付制度でお金を借りる方法厚生労働省管轄の融資制度が生活福祉資金貸付制度ですが、低所得であったり、65歳以上の高齢者がいる世帯、障害者いる世帯など、民間の銀行や消費者金融で借りにくい層の方たち向けの融資制度になります。...

まずは条件や優先事項は何かを明確に!ベストな選択肢を見つけよう!

今回、100万円の借入先の選択肢をいくつか紹介しましたが、この中で何が一番ベストかというのは各々の条件や希望によって異なります。
融資までの日数は早い方がいいのか、年収が総量規制の制限に引っかからないかなど、自分の置かれている状況を明確にしておくことが重要です。

100万円という大きな金額にもなると業者側も審査には慎重になります。
審査の結果、希望金額通りにはならない可能性もあり得ますが、他社のローンと組み合わせて100万円を調達したり、暫くは利用実績を作って増額申請をするという手段もあります。
今回紹介したような様々な方法があるということを知った上で、自分にとってベストな選択肢を見つけましょう。

あわせて読みたい
初めてお金を借りるなら消費者金融のカードローンがおすすめな理由を銀行カードローンと徹底比較!初めてお金を借りる場合、金利の安い金融業者を選ぼうとか、すぐに借り入れが出来るところはどこだろうとか、何処で借りたらいいのか、返済はちゃんとできるのか、誰かにバレたらどうしよう。など色々不安になることも多いと思います。そんな方に初めて借りる時の心構えをお伝えします。 ...

急ぎの融資を希望なら即日融資も可能な消費者金融

プロミス
審査は最短30分、「瞬フリ」サービスの利用なら、原則24時間最短10秒で振込可能です。

駅前に必ずある自動契約機や店頭なら土日・祝日・夜間(21時まで)も、最短1時間でカード発行前でも即日融資が可能。急な出費にも迅速に対応してくれます。

初回限定の最大30日間無利息サービス※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。)や女性専用キャッシングなど、利用者にはうれしいサービスを実施しているのもプロミスの特徴です。

人気指数
限度額 1万円~500万円
金利 4.5%~17.8%
即日融資
無利息期間 最大30日間 ※無利息サービスは初めての方のみとなります。

スマホアプリで使い勝手抜群!セブン銀行ATMで24時間いつでも借りれるプロミス!

詳細ページ公式ページ

アコム
最大30日間無利息サービス実施しているアコムは、ネットで申し込めば来店不要
平日14:30までに申し込みが完了すると即日融資が可能です。
もし時間が過ぎてしまったり土日祝日に急遽お金が必要になってしまった場合には、全国どこにでもある自動契約機「むじんくん」を利用すれば、最短30分でお金を借りることができます。
人気指数
限度額 1万円~800万円
金利(実質年率) 3.0%~18.0%
即日融資
無利息期間 最大30日間 ※無利息サービスは初めての方のみとなります。

キャッチフレーズ通りの初心者にもわかりやすいはじめてのアコム!

詳細ページ公式ページ

アイフル
初回利用でも1,000円から借りられることから、キャッシング初心者でも安心して利用できると評判のアイフル。
手続きは全てネットで完了できるので、来店不要で即日融資も可能となります。

無人契約でんわBOX「てまいらず」なら9:00~21:00まで利用でき、電話するだけでその場でカード発行をしてくれます。

人気指数
限度額 1,000円~800万円
実質年率 3.0%~18.0%
即日融資
無利息期間 最大30日間 ※無利息サービスは初めての方のみとなります。

細かな利用者目線で借り方の種類も豊富なアイフル!

詳細ページ公式ページ