フリーローンでお金を借りる場合の審査、借り入れ、返済の流れ

なにかしらの事情で、どうしてもお金を借りたいときってありますよね。
カードローン・教育ローン・自動車ローン・フリーローンと、方法はさまざま。

教育ローンや自動車ローンはその名のとおりですが、フリーローンとカードローンについてはよく知らないかもしれません。
どちらの審査を受けるべきかすら決められないのではないでしょうか。

そこで、両方のメリット・デメリット・注意点などを知ることができれば、審査申込を決めやすくなるはずです。

このページでは、フリーローンとカードローンを比較解説していくことで、読者の方にわかりやすく丁寧に説明していきますね。

フリーローンとは?カードローンとの違いはここにある!

フリーローンとカードローンの最大の違いは、借入回数です。

カードローンは限度額の範囲内であれば何度もお金を借りることができます。
しかし、フリーローンは審査に通った際の金額を一度しか借りられません。

たとえば、フリーローンの審査に通ったとして、融資額は200万円に決定。
すると200万円すべて借りることになり、あとは毎月返済していくのみです。

一方、カードローンの審査に通って融資額が200万円に決定した場合。
200万円借りても1万円のみ借りても構いません。
また、1万円しか借入しなければ、残り199万円はいつでも自由に借入可能。
そして、毎月の約定返済額を返していきます。

何度も借りられるカードローンの方が利便性を高く感じた方も多いのではないでしょうか。
しかし場合によっては、借りては返すを繰り返してしまう可能性があり、いつまでたっても借金が減らない危険性をはらんでいます。

一度だけ決まった金額を借りられればいいといった方は、フリーローンに魅力を感じるかもしれませんね。

逆に、フリーローンとカードローンの共通点は、基本的に「事業性資金として利用不可」というところです。
利用規約に反すれば、停止措置や一括返済など、デメリットしかありません。
事業性資金のためにお金を借りたい方は、ビジネスローン等の他の融資方式を検討するようにしましょう。

フリーローンの審査内容は?カードローンよりも審査は厳しいの?

まずフリーローンの審査難易度は公表されていません。
したがって、各社の審査担当者以外は真実を知ることはできないでしょう。
ただ、フリーローンとカードローンを比較すれば、フリーローンのほうが審査は厳しいだろうといった噂が蔓延しています。

実は、信ぴょう性のない噂ではなく、ある程度の根拠があります。
それは審査申込条件を見比べれば理解できるのではないでしょうか。

大半のカードローンの審査申込条件は、「継続的に安定した収入を得ていること」です。
アルバイト・パートタイマーの方でも継続して収入を得ていれば、条件を満たしているので審査に通る可能性は充分あるでしょう。

一方、フリーローンは年収制限を設けているケースがあります。
たとえば、三井住友銀行のフリーローンは「年収200万円以上の方」が対象。
年収200万円に満たない方は、審査申込条件をクリアしていないので、審査に通ることは絶対にありません。

こういった審査申込条件を考慮すれば、フリーローンはカードローンに比べて審査難易度が高いという噂は、あながち間違っているわけではないでしょう。
とにかく審査に通りたいと考えている方は、カードローンの審査を受けるべきかもしれませんね。

あわせて読みたい
カードローンが重視する審査基準!どんな属性が審査に通りやすい?これからカードローンを借りようか悩んでいる方、カードローンの審査基準について詳しく知りたい方、消費者金融、銀行カードローンを含めた審査のマメ知識も含めて徹底解説します。...

審査に通った!フリーローンの借り入れはこうする!

カードローンは、その名のとおり専用ローンカードを使って、各社専用ATMやコンビニATMで借入することができます※。
※カードローンでも振込融資を行っているところもあります。

フリーローンは、指定日に決まった銀行口座へ一括振込融資を行います。
カードローンのように専用ローンカードの発行はしていません。

カードレスはメリットに感じますが、銀行口座にまとまったお金が振り込まれるため、家族に通帳を見られると借金がバレてしまう可能性はあるでしょう。
専用ローンカードは、見た目だけでは普通のカードのデザインなので、たとえ見られてもバレる可能性は少ないです。

フリーローンの返済方法は?カードローンの返済と違うポイントはここ!

カードローンの返済方法は、ATM返済・口座振替返済・振込返済など、さまざま。
フリーローンの返済方法は、指定の銀行口座から引き落とし返済のみ。

以上のとおり、カードローンは利用者の都合に応じて返済方法を決められますが、フリーローンはあらかじめ決まった方法でしか返済できません。

引き落とし返済は充分にお金を預けていれば心配ありませんが、あまりお金を預けていない場合は、引き落としに失敗してしまうことがあります。

引き落としに失敗して約定返済日に遅れてしまうと、個人信用情報機関にキズがついてしまったり遅延損害金が発生してしまったりします。
個人信用情報機関にキズが残るとローンの審査に通らなくなる確率が上がりますし、遅延損害金は本来の返済額以上のお金を返さなければなりません。

返済方法の選択肢が少ないフリーローンは、決して利便性が高いとは言えないでしょう。

フリーローン利用の注意点!ここに気をつければ大丈夫!?

近頃のカードローンの大半は、即日融資が当たり前になってきました。

しかし、フリーローンは融資までの時間が長くなりがちです。
即日でわかることは、仮審査の結果回答くらいでしょうか。
多くのフリーローンでは、融資まで3営業日程度は待たされてしまいます。

したがって、すぐにお金が必要という人は向いていないでしょう。

なんらかの事情で即日融資を求めている場合はカードローン、ある程度予測のついた事情でまとまったお金が必要な場合はフリーローン。
といった具合に選んでみてはいかがでしょうか。

また、カードローンもフリーローンも同時に審査を受けることはやめるべきです。
個人信用情報機関では、審査に申し込みした情報も反映されてしまいます。
3か月以内など短期間で複数のローンの審査に申し込みすれば、申し込みブラックと呼ばれ、審査担当者に怪しまれるかもしれません。
絶対に審査落ちが決まるわけではありませんが、決してプラスに働くことはないので、控えるようにするべきでしょう。

【まとめ】フリーローンのメリット・デメリット!

以上に説明してきましたように、フリーローンはメリット・デメリットがあります。

おそらくカードローンのほうが利便性が高いように感じた方が多いのではないでしょうか。

しかし、フリーローンにも以下のようなメリットがあります。

  • カードローンに比べて金利が低い
  • 貸金業法の総量規制対象外

フリーローンの金利は10%前後のところが多く、消費者金融の上限金利が18%前後だと考えれば、間違いなく低金利でしょう。

また、なにより貸金業法の総量規制対象外という点は、かなり魅力的ですね。
貸金業法の総量規制は年収の1/3以上の融資を禁止した法律で、消費者金融やクレジットカードのキャッシング枠が対象。
一方、フリーローンは銀行が提供していますので、貸金業法は関係ありません。
ただし、2017年に銀行のカードローンを中心に金融庁が過剰貸付に目を光らせていますので、大金が借りられるとは考えないほうが無難でしょう。

フリーローンもカードローンも、それぞれ良さと悪さがありますね。
どちらが絶対的に優れているわけではなく、自身の状況に応じて選択してみてはいかがでしょうか。

カードローンで即日融資する

アコム
30日間無利息サービス実施しているアコムは、ネットで申し込めば来店不要
平日14:30までに申し込みが完了すると即日融資が可能です。
もし時間が過ぎてしまったり土日祝日に急遽お金が必要になってしまった場合には、全国どこにでもある自動契約機「むじんくん」を利用すれば、最短30分でお金を借りることができます。
マネぷら人気指数
限度額 1万円~800万円
金利 3.0%~18.0%
即日融資
無利息期間 最大30日間 ※無利息サービスは初めての方のみとなります。

詳細ページ公式ページ

アイフル
初回利用でも1,000円から借りられることから、キャッシング初心者でも安心して利用できると評判のアイフル。
手続きは全てネットで完了できるので、来店不要で即日融資を受けることができます。

無人契約でんわBOX「てまいらず」なら9:00~21:00まで利用でき、電話するだけでその場でカード発行をしてくれます。

PC・スマホ限定サービスとしてカードのお届け時間を選べる「配達時間えらべーる」を実施中で、確実にカードを受け取ることができ安心です。

マネぷら人気指数
限度額 1,000円~800万円
実質年率 3.0%から18.0%
即日融資
無利息期間 最大30日間 ※無利息サービスは初めての方のみとなります。

詳細ページ公式ページ

プロミス
「瞬フリ」サービスの利用なら、24時間365日、審査は最短30分、最短10秒(※平日14時までに契約完了していれば最短10秒で振込み可能)で指定口座に振込が完了します。

駅前に必ずある自動契約機や店頭なら土日・祝日・夜間(21時まで)も、最短1時間でカード発行前でも即日融資が可能。急な出費にも迅速に対応してくれます。

初回限定の30日間無利息サービス※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。)や女性専用キャッシングなど、利用者にはうれしいサービスを実施しているのもプロミスの特徴です。

マネぷら人気指数
限度額 1万円~800万円
金利 4.5%~17.8%
即日融資
無利息期間 最大30日間 ※無利息サービスは初めての方のみとなります。

詳細ページ公式ページ