ブラックかもと思ったら自分の信用情報を開示してみよう

日々何気なく借入をしたり、返済をしているローンやクレジットカードですが、実はこうした取引に関する情報や申込み実績は国が指定する個人信用情報機関によって細かく記録されているのはご存知でしょうか。

日本には3つの個人信用情報機関が存在しており、ここには信用情報と呼ばれるローンやクレカの契約状況や利用状況などの様々な情報が登録されています。
例えば、クレカの契約情報にはキャッシング枠の有無や限度額などが書かれており、ローンの場合は貸付日や貸付額、残高、保証人や担保の有無などが記載されています。

3つの個人信用情報機関では、それぞれ管轄している分野が異なります。

  • 株式会社シー・アイ・シー(CIC)…クレジットカードに関する信用情報機関
  • 日本信用情報機構(JICC)…消費者金融、信販会社系の信用情報機関
  • 全国銀行個人信用情報センター…全国銀行協会(JBA)が設置、運営している銀行系の個人信用情報機関でKSCとも呼ばれています。
    これらの機関に登録された情報は「CRIN」と呼ばれるネットワークを通じて共有されるため、例えば銀行のカードローンを申し込んだ場合でも、JBAに登録されるだけでなく、CRINによってCICやJICCにも掲載される仕組みになっています。
あわせて読みたい
個人再生はCICに掲載される!期間や開示方法などを解説個人再生をすると指定信用情報機関のCICに登録されます。登録される期間や必要な時に覚えておきたい開示方法などを解説。...

なぜ審査に通らないの?自分で信用情報を確認する方法があります!

信用情報機関の会員になっている金融機関や信販会社では、クレカやローンの審査の際には機関に登録されている信用情報を照会して与信判断に利用しています。

申込時には他社の借り入れ状況や年収、勤続年数などを自己申告しますが、審査に有利になるように少し着色して記載したり、知られたくないことを隠したとしても、信用情報開示を通じて事実を確認できるので嘘がすぐにばれてしまいます。

「これくらいならバレないだろう」と軽い気持ちで行った虚偽の申告が原因で、信用できない人、自分の借入状況なども把握できていない人と判断され、審査に落ちる可能性もありますので、自分の状況を正確に把握し、正直に申告することが大事です。
個人信用情報機関に開示請求をすれば、自分の信用情報を開示してもらうことができるので、気になる方は一度確認してみると良いでしょう。

個人信用情報機関に登録される信用情報は契約状況や属性だけではありません。
過去の延滞や債務整理、破産などの事故情報も一定期間登録されます。
こうした事故情報が登録されている状態を「ブラックリスト」に登録されていると言いますが、ブラックの方はたとえ年収が高くてもクレカを新たに作成したり、ローンを組むことが難しくなります。

身に覚えがないのになぜかどこの審査にも通らないという場合、もしかするとあなたはブラックリストに登録されているかもしれません。
こうした事故情報や過去の支払履歴も開示請求をすることで確認ができます。

審査に落ちた理由は金融機関に問い合わせをしても教えてくれませんので、「ブラックかも…」と思ったら、自分で信用情報の開示請求をしてみましょう。
機関ごとに請求方法は異なりますので、それぞれ手順を確認してみましょう。

CICの開示請求方法は3通り!インターネットなら即時確認も可能!

CICでは、郵送による請求、インターネットによる請求、窓口での請求(東京や大阪など全国7ヶ所)という3通りの請求方法があります。
最も手軽に短期間でできるのがインターネットです。
パソコンだけでなく、スマートフォンからも利用可能です。
CICにはクレカ利用に関する信用情報が登録されていますが、開示請求をする際にはクレジット契約で利用した電話番号から架電をし、受付番号を取得する必要があります。
また、1,000円の手数料を決済するためのクレカも手元に用意しておきましょう。

その後、受付番号や必要事項を入力したら、開示報告書をPDFファイルでダウンロードできるようになります。
即時に閲覧することができるので、すぐに確認したいという方にはおすすめの方法です。

来店手続きの場合もその場で開示報告書を受け取ることができます。(札幌・仙台・東京・名古屋・大阪・岡山・福岡の7カ所)
本人確認書類と情報開示手数料500円を用意して窓口へ行き、専用タッチパネルで申し込み後、受付で本人確認をすれば報告書が発行されます。

また、インターネット環境がない、来店も難しいという方は、郵送受け取りもできます。
情報開示手数料としてゆうちょ銀行で発行の定額小為替証書1,000円分とCICのサイトからプリントアウトした情報開示申込書、指定された本人確認書類をCICの首都圏開示相談室に郵送すると10日程度で報告書を受け取ることができます。

JICCの開示請求方法は?専用アプリも利用できます!

JICCでもスマートフォン、郵送による請求、窓口での請求の3種類の請求方法が用意されています。
手数料はスマホ、郵送は1,000円、窓口では500円です。
スマホの場合は、「スマートフォン開示受付サービス」という専用のアプリをダウンロードして手続きを行います。

申込み内容入力後、本人確認書類を撮影して送信し手数料の支払い方法をクレジットカードかコンビニエンスストアでの支払い、またはペイジーのいずれかを選べます(ただしクレジットカード払い以外は別途支払い手数料が必要)選択するだけの簡単な操作で完了です。
ただし、開示申込書は後日、郵送で届きます。

すぐに閲覧できるというわけではないので注意しましょう。

郵送申込みは、CICと同様に情報開示手数料の定額小為替証書1,000円分と信用情報開示申込書、本人確認書類を準備する必要があります。

申込書を送ってから1週間から10日程度で開示報告書が手元に到着します。
手続き後すぐに報告書を確認したい場合は、東京と大阪にある窓口での開示請求を利用するとよいでしょう。
申込書、本人確認書類、情報開示手数料500円を窓口で提出しましょう。

JBA(KSC)の開示請求は郵送手続きのみ!窓口やネットでの取り扱いはないので注意!

JBAでは窓口での開示請求は取り扱っておらず、郵送での手続きのみとなります。

  • 登録情報開示申込書(KSCのサイト、またはコンビニエンスストアのマルチコピー機からプリントアウト)
  • 運転免許証やパスポート、健康保険証などの本人確認書類いずれか2種類
  • 定額小為替証明書1,000円

上記の書類を信用情報センターへ郵送しましょう。
通常、1週間から10日程度で開示報告書を受け取ることができます。

情報開示請求は意外と手軽にできますので、キャッシングの審査に不安があるのなら是非開示書を取り寄せてみて下さい。
自分でも気づかなかった思わぬ事故情報が見つかるかもしれませんし、何もないことが分かれば安心してキャッシングに申し込む事もできるでしょう。

審査に通らないとお悩みの方は信用情報開示請求をしてみよう!

個人信用情報機関には、クレカやローンに関する様々な個人信用情報が登録されています。
ここに登録されている信用情報は開示請求を行うことで、自分で確認することも可能です。
請求方法にはネットや郵送、来店などいくつかの選択肢があり、早いものでは即時、遅くても10日程度で情報を閲覧することができます。
もし、身に覚えがないのに審査に落ちてしまうという方は、開示請求を行って信用情報に問題がないかチェックしてみましょう。
自分でも忘れていた過去の延滞などが原因でブラックになっている可能性もあります。
またブラックに限らず、自分の契約状況や返済状況を把握しておくのはお金を借りる際はもちろん今後の人生設計をするうえでも、非常に大切なことです。いずれの手続きも難しいものではありませんので、是非、開示請求制度を利用して自分の状況を一度確認してみましょう。

あわせて読みたい
カードローン審査に通らない!お金を借りることができないあなたは金融ブラックリスト入り確定!?いくら金融業者に申し込みをしても審査に落ちてしまう方、もしかしたらブラックリスト入りしているかもしれません。心当たりがある方もこれからそうならないように気をつけたい知識をつけたい方にも解説します。...

ブラックリストに載ってしまうとどうなってしまうの?

ブラックリストに載ってしまったら、ある程度の不利益を被るのは仕方がないことだといえるでしょう。
契約時に交わした金融機関との契約を守らずに返済が滞ったり、規約を守れなかったりしたのは利用者の責任だからです。

しかし、実際のところ、ブラックリストに登録されてしまうとどうなってしまうのでしょうか?

まず、次のようなことができなくなってしまいます。

  • 金融機関から新たに借り入れをすることができなくなる
  • 新たにクレジットカードを作ることができなくなる、また所持しているクレジットカードは返却しなくてはならない場合もある
  • ETCカードが使用できなくなる
  • 車や住宅を買うのにローンを組めなくなる

新しく借り入れをしたり、現在利用しているクレジットカードは利用できなくなったりしますのでしばらくの間は現金主義で生活しなければなりませんが、それはやむを得ないでしょう。

また、

  • 戸籍に記録が残ってしまう
  • 会社を解雇されてしまう・就職できなくなる
  • 子供の進学・結婚に影響が出てしまう

などについて心配する人がいますが、これらは全て誤った情報です。
そもそもブラックリストに載ったとしても他人に知られることや公的書類に記載されるようなことはありません。

逆にブラックリストに登録されたとしても、

  • 運転免許やパスポートの取得や更新
  • 携帯電話の利用
  • 生命保険への加入や年金の受給

これらは全て可能です。
通常の生活に必要な事でできなくなってしまう事はほとんどないといえるでしょう。
携帯電話にしても、クレジットカードで支払っていた利用料金は店舗で支払うか、コンビニ振込を利用して現金払いをすればいいだけです。

確かに、ブラックリストに登録されてしまうとお金の貸し借りに関する信用は失ってしまいますが、生活が脅かされるようなことは決してありませんのでその点はよく理解しておきましょう。

ちなみに事故情報の登録期間は、

  • 延滞に関する情報・・・延滞が解消した日から1年間~5年間
  • 長期延滞に関する情報・・・延滞が解消した日から1年間~5年間(KSCは完済日から5年間)
  • 代位弁済に関する情報・・・5年間(KSCのみ)
  • 強制解約に関する情報・・・5年間
  • 債務整理に関する情報・・・5年間~10年間

となっています。

借金の完済をしても、契約に関する情報はどの信用情報機関でも解約をしてから5年間は削除されることはありませんので、残しておきたくないローンの利用履歴がある場合は無事完済したらすぐに解約することをお勧めします。

お金を借りるなら…おすすめの消費者金融

プロミス
審査は最短30分、「瞬フリ」サービスの利用なら、原則24時間最短10秒で振込可能です。

駅前に必ずある自動契約機や店頭なら土日・祝日・夜間(21時まで)も、最短1時間でカード発行前でも即日融資が可能。急な出費にも迅速に対応してくれます。

初回限定の最大30日間無利息サービス※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。)や女性専用キャッシングなど、利用者にはうれしいサービスを実施しているのもプロミスの特徴です。

人気指数
限度額 1万円~500万円
金利 4.5%~17.8%
即日融資
無利息期間 最大30日間 ※無利息サービスは初めての方のみとなります。

スマホアプリで使い勝手抜群!セブン銀行ATMで24時間いつでも借りれるプロミス!

詳細ページ公式ページ

アコム
最大30日間無利息サービス実施しているアコムは、ネットで申し込めば来店不要
平日14:30までに申し込みが完了すると即日融資が可能です。
もし時間が過ぎてしまったり土日祝日に急遽お金が必要になってしまった場合には、全国どこにでもある自動契約機「むじんくん」を利用すれば、最短30分でお金を借りることができます。
人気指数
限度額 1万円~800万円
金利(実質年率) 3.0%~18.0%
即日融資
無利息期間 最大30日間 ※無利息サービスは初めての方のみとなります。

キャッチフレーズ通りの初心者にもわかりやすいはじめてのアコム!

詳細ページ公式ページ

アイフル
初回利用でも1,000円から借りられることから、キャッシング初心者でも安心して利用できると評判のアイフル。
手続きは全てネットで完了できるので、来店不要で即日融資も可能となります。

無人契約でんわBOX「てまいらず」なら9:00~21:00まで利用でき、電話するだけでその場でカード発行をしてくれます。

人気指数
限度額 1,000円~800万円
実質年率 3.0%~18.0%
即日融資
無利息期間 最大30日間 ※無利息サービスは初めての方のみとなります。

細かな利用者目線で借り方の種類も豊富なアイフル!

詳細ページ公式ページ