過払い金請求期限はいつ?完済していても請求できるのは何年まで?

テレビのCMで『過払い金請求の期限が迫っています』というような宣伝がされていますが、過払い金請求期限はいつなのか知っていますか?
過払い金請求期限は、 最終取引から日から10年になるので、完済している人でも10年経っていなければ請求する事ができます。

最終回取引日から10年と聞くと、まだ余裕があるような感じがありますが、社会情勢的にみると、ほとんどの人が10年を迎える頃なのです。
それは改正貸金業法の第1次施行は2006年で、段階的施行は2007年からでした。
その頃に消費者金融や合法な貸金業社は金利の見直しを行っているので、そろそろ時効を迎える頃なのです。

あわせて読みたい
改正貸金業法の基礎知識!お金を借りるルールはちゃんと知っておこう!改正貸金業法により変わった生まれ変わった消費者金融の新しいルールを詳細含めて解説します!お金を借りる前の基礎知識を身に着けたい方、改正後のメリット・デメリットを知りたい方は必見です。...

これまで消費者金融やクレジットカード会社などは高金利のグレーゾーンでお金を貸していましたが、これが社会問題になり、最高裁判決で違法な金利と確定されました。

利息制限法の上限を越える貸付の場合には、不当な利得の返還を求めることができるので、2006年よりも前にお金を借りていた人は、過払い金請ができる可能性が高いです。

このように過払い金請求の期限は迫っているので、自分に過払い金が発生している場合には払いすぎたお金を取り戻しましょう。
また、自分に過払い金が発生しているのかわからない人、過払い金が発生していても請求方法がわからない人は、法律の専門家である弁護士や司法書士に相談してみるといいでしょう。

あわせて読みたい
カードローンを選ぶための比較軸!審査・金利・限度額・サービスあなたはどれを軸に見る?カードローンでお金を借りる際に選ぶのに困るほど多くのローン商品が存在します。だからといってなんとなく決めてしまってはいけません。自分の目的に合わせて3つの比較軸でベストな選択をしてください。...

過払い金は自分から請求しないと返ってこない!返還してもらうためにすることは?

過払い金は消費者金融やクレジットカード会社に対して支払いすぎた金利のことです。

過払い金が発生している場合、業者に対して過払い金を請求する権利がありますが、業者は過払い金があることを教えてくれませんし、相手は金融のプロですので過払い金を請求する側に専門的な知識がなければ交渉している段階でうまくいかないことがあります。

自分で過払い金請求を行う事は可能ですが、手間や時間がかかるということ、そして業者も簡単に過払い金を返してくれないだけではなく、お金を借りる時とは違い中には過払い金返還請求を諦めさせるだけではなく、借金の請求をする業者もあります。

このような業者を相手に手間と時間を軽減しながら、なるべく多くの過払い金を返還してもらうためにも、法律の専門家、つまり弁護士に手続きを依頼することがおすすめです。

弁護士は私たちの味方になってくれる代理人です。

あわせて読みたい
連帯保証人と保証人の違いとお金を借りる際に必要になる借り入れは?保証人と連帯保証人という言葉はじつは違う意味を持つものです。またそれぞれ必要になる借入についても解説していきます。...

弁護士が全ての手続きを行いますので普段どおりの生活をしていれば過払い金が戻ってきますし、賃金業者から取引履歴を取り寄せて自分の力で引き直し計算を行えたとしても、個人で交渉を行うと不利な条件で若いさせられる可能性が高いですが、最新の判例などを熟知している弁護士が交渉を行うと、相手が有利になる危険がなく、より良い条件を勝ち取ることができるでしょう。

そして賃金業者が全く応じなかったり納得のいく条件を示してこなければ裁判を起こす必要性がありますが、裁判所に提出する書面を弁護士が行うと、様々な面倒な手続きを全て任せる事ができます。

さらに弁護士を代理人として立てた後は全ての連絡が代理人、つまり弁護士を通す事になりますので、業者から直接連絡が来る事はありません。

このように弁護士に依頼すると過払い金請求がスムーズに進む事がわかりましたが、気になるのは報酬ですが、過払い金請求の場合は返って来たお金の中から代理人の報酬を支払う方法が通常となっていますので、事前にお金を準備する必要がありません。

あわせて読みたい
誰にも相談できないお金の悩みの解決方法お金の悩みってなかなか人には相談しにくいものです。誰にも相談できないでいると気付いたら手遅れになる場合もあります。状況別に解決方法を探っていきましょう。...

改正貸金業法により遥かに利用しやすくなった消費者金融

アコム
30日間無利息サービス実施しているアコムは、ネットで申し込めば来店不要
平日14:30までに申し込みが完了すると即日融資が可能です。
もし時間が過ぎてしまったり土日祝日に急遽お金が必要になってしまった場合には、全国どこにでもある自動契約機「むじんくん」を利用すれば、最短30分でお金を借りることができます。
マネぷら人気指数
限度額 1万円~800万円
金利 3.0%~18.0%
即日融資
無利息期間 最大30日間 ※無利息サービスは初めての方のみとなります。

詳細ページ公式ページ

アイフル
初回利用でも1,000円から借りられることから、キャッシング初心者でも安心して利用できると評判のアイフル。
手続きは全てネットで完了できるので、来店不要で即日融資を受けることができます。

無人契約でんわBOX「てまいらず」なら9:00~21:00まで利用でき、電話するだけでその場でカード発行をしてくれます。

PC・スマホ限定サービスとしてカードのお届け時間を選べる「配達時間えらべーる」を実施中で、確実にカードを受け取ることができ安心です。

マネぷら人気指数
限度額 1,000円~800万円
実質年率 3.0%から18.0%
即日融資
無利息期間 最大30日間 ※無利息サービスは初めての方のみとなります。

詳細ページ公式ページ

プロミス
「瞬フリ」サービスの利用なら、24時間365日、審査は最短30分、最短10秒(※平日14時までに契約完了していれば最短10秒で振込み可能)で指定口座に振込が完了します。

駅前に必ずある自動契約機や店頭なら土日・祝日・夜間(21時まで)も、最短1時間でカード発行前でも即日融資が可能。急な出費にも迅速に対応してくれます。

初回限定の30日間無利息サービス※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。)や女性専用キャッシングなど、利用者にはうれしいサービスを実施しているのもプロミスの特徴です。

マネぷら人気指数
限度額 1万円~800万円
金利 4.5%~17.8%
即日融資
無利息期間 最大30日間 ※無利息サービスは初めての方のみとなります。

詳細ページ公式ページ