連帯保証人と保証人の違いとお金を借りる際に必要になる借り入れは?

知らないと怖い!保証人と連帯保証人の3つの違い

借入をすると債務者には返済の義務がありますが、万が一、この義務を果たせない時のリスクを回避するために債権者から保証人をたてるように求められる場合があります。
実はこの保証人には「保証人」と「連帯保証人」の2種類があり、どちらも債務者が返済をしない時に代わりに返済をするという点では同じですが、いくつかの違いもあります。
その違いを端的に言うと、「責任の重さ」です。
保証人が債権者から返済を求められた時、大半の方は「まず借りた本人からお金を回収してからでないと納得できない!」と反論したくなります。
保証人として当たり前の主張のように思えますが、このような主張ができるかどうかが保証人と連帯保証人の違いを知る上での重要なポイントです。

「保証人」の特徴

保証人には、債権者に対して「自分よりも先に債務者へ請求をして欲しい」と主張することができる権利があり、これを「催告の抗弁」と呼びます。
更に、保証人が債務者が容易に返済できる能力があると知っている場合は、「債務者にはこのような資産があるので、まずはその資産に強制執行をして欲しい」と主張することができる「検索の抗弁」という権利も持っています。
この2つの権利を行使することのできる「保証人」は、債務者がどうしても返済不可能な時にだけ借金を肩代わりすることになります。
また、1つの債務に対して複数の保証人がいる場合、債務額を全保証人の数で割った額が1人あたりの上限保証額になるという「分別の利益」もあります。
例えば、300万円の借金に3人の保証人がいる場合、債権者は保証人1人につき100万円ずつ請求することになります。

「連帯保証人」の特徴

一方、連帯保証人の場合には「催告の抗弁権」「検索の抗弁権」「分別の利益」がありません。
つまり、債権者が債務者に請求をせず、先に連帯保証人に請求をしてきても反論することもできず、債務者に十分な返済能力や資力があったとしても、連帯保証人は債務者に代わって返済をする必要があります。
また、保証額も分別することができないので、300万円に3人の連帯保証人がいた場合であれば、3人それぞれが300万円の保証債務を負うことになります。
つまり、連帯保証人になるということは通常の保証人よりも重い責任を負い、債務者と同様の義務を背負うということです。

意外と少ない!保証人が必要な借入とは?

では、お金を借りる際に保証人が必要になる借入にはどのようなものがあるのでしょうか。
銀行や消費者金融、クレジットカードでのキャッシングなど、借入には様々な種類がありますが、保証人を必要とする借入は限られています。
カードローンやキャッシング、その他のローンにおいても基本的には金融機関での借入は保証人不要です。
その理由としては、保証会社が付いている、もしくは貸倒れのリスクを考慮した金利が設定されているためです。
銀行の場合は、保証人をつけない代わりに必ず保証会社を利用して借入をする形になります。
万が一、債務者の返済が滞った場合には保証会社が肩代わりを行ってくれますが、その代わりに債務者は保証料を支払います。
消費者金融では保証会社は利用せず、消費者金融自体が保証をしますが、貸倒れになった場合の損失をカバーできるよう金利は高めに設定してあります。

あわせて読みたい
お金を借りる時に必要な保証会社とは?保証人との違い無担保、無保証人のローン商品は、ほぼ保証会社の保証がついてくることをご存知でしょうか?今や見かけなくなった保証人、連帯保証人の代わりとなる保証会社とはどんなものかを解説していきます。...

このように無担保、無保証人で借入ができることがほとんどですが、例外として保証人を必要とするケースには以下のようなものがあります。

不安材料がある時

通常であれば保証人なしで申し込みできるローンであっても、属性や申し込み内容に不安材料があると判断された場合は保証人を求められる場合があります。
例えば、過去に滞納したことがあるなど事故情報がある場合、勤続年数が短い場合、高額融資などが挙げられます。
住宅ローンやマイカーローンなどでは、審査を否決にするまでではないものの、懸念すべき点がある時は保証人をつけることで借入をできるケースもあります。

公的融資

生活福祉資金貸付制度や国の教育ローン、日本学生支援機構の奨学金などの公的な融資では原則として保証人を必要とします。
どうしても保証人を立てられない場合には、保証人なしで契約することのできるものもありますが、その場合には保証料が必要であったり、金利が少し高くなります。

未成年や専業主婦がお金を借りる場合

学生や専業主婦の場合、単独では借入を利用することができなくても、保護者や配偶者の同意書を提出することで借入ができる場合もあります。

そして、上記に挙げたようなケースで求められる「保証人」とは全て連帯保証人を指しています。
実は、ただの保証人を立てる借入はほとんどありません。
催告の抗弁権と検索の抗弁権を持っている保証人は借金の取り立てに対しても抵抗することができるため、「保証人」をとる時には、より責任の重い連帯保証人をとることが常識となっています。
ただし、保証人の方が責任度合いは小さいといえども、債務者が債務不履行に陥ってしまったら、代わりに借金を支払わなければならないという点では同じです。
「連帯保証人ではなく普通の保証人を…」という場合もあるかもしれませんが、どのようなケースであっても保証人になる以上はリスクが降りかかる可能性があるということを十分に理解しておく必要があります。

保証人を付ける際の注意点!しっかりリスクを理解してもらおう

保証人になるということは、債務者と同程度の大きなリスクや責任を抱えるということです。
一度保証人として契約してしまうと、後になって取り消したり、脱退することは非常に困難です。
そのため、お金を借りる際に保証人を付けなければならないとなった時には、まずは保証人を頼む相手にどのようなリスクを負うことになるかきちんと理解してもらわなければいけません。
最初は自分できちんと返済するつもりでいたとしても、事業に失敗したり、転職をして大幅に収入が減ってしまうなど、人生は何が起こるか分かりません。
債務者は自己破産して自分の負債をゼロにすることもできますが、ここで注意しておきたいのは債務者の債務がなくなっても保証人の保証債務はそのまま残ってしまうということです。
お互いに信頼関係を築いている相手に保証人になってもらったとしても、万が一の事態が起きてしまうと、せっかく自分を信じて保証人を引き受けてくれた人に多額の債務を負わせ、相手の人生まで狂わせてしまうということを肝に銘じておかなければなりません。

債務を返済できなくなった…滞納したら一体どうなるの?

お金を借りるからには債務者は責任を持って債務を完済しなければなりませんが、何らかの事情でどうしても返せなくなってしまう場合もあります。
債務者がこのような債務不履行に陥った時、債権者は保証人や連帯保証人に対して返済を求めることができます。
当然、保証したからには返済に応じなければなりません。
特に連帯保証人の場合は、債務者に財産があっても、借金を丸々引き受けなければなりません。
納得がいかないから払いたくないと放っておくと、保証人の財産まで差し押さえられる可能性も出てきます。
更には、差し押さえる財産もない、返済の目処も立たないような場合は、保証人までもが自己破産に至ってしまう最悪の事態も考えられます。

保証人を付ける時にはよく考えて!保証人制度をしっかり理解した上で借入をしよう!

一般的な金融機関での借入では、保証人を必要とするケースはあまりありません。
しかし、保証人をたてるよう求められた場合の「保証人」とは、通常は連帯保証人を指します。
「保証人に付いてもらっても、自分でちゃんと返済できるから心配ないよ!」と簡単に考えてしまうのはとても危険なことです。
連帯保証人は非常に責任が重く、実際、保証人になったことで人生を大きく踏み外してしまったというケースも少なくありません。
「親や兄弟の頼みでも保証人にだけはならない」と考える人もいるほど、保証人になるということは大きな覚悟が必要なことなのです。
保証人を付ける時は、責任の範囲と保証金額、そして万が一の場合でも代わりに対応することができるか?ということ十分に保証人に理解してもらうように努めなければなりません。
そして、自分を信頼してくれた人の人生を台無しにしないよう、誠意を持って最後まで返済しましょう。

無担保・無保証人の借入なら消費者金融

プロミス
審査は最短30分、「瞬フリ」サービスの利用なら、原則24時間最短10秒で振込可能です。

駅前に必ずある自動契約機や店頭なら土日・祝日・夜間(21時まで)も、最短1時間でカード発行前でも即日融資が可能。急な出費にも迅速に対応してくれます。

初回限定の最大30日間無利息サービス※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。)や女性専用キャッシングなど、利用者にはうれしいサービスを実施しているのもプロミスの特徴です。

人気指数
限度額 1万円~500万円
金利 4.5%~17.8%
即日融資
無利息期間 最大30日間 ※無利息サービスは初めての方のみとなります。

スマホアプリで使い勝手抜群!セブン銀行ATMで24時間いつでも借りれるプロミス!

詳細ページ公式ページ

アコム
最大30日間無利息サービス実施しているアコムは、ネットで申し込めば来店不要
22時までに契約を完了することで24時間、土日も銀行振込可能です(金融機関・申し込みの時間帯によっては利用不可な場合もあります。)
確実に契約時間に間に合わせたい場合もWEBで申し込みを済ませてから、22時までに全国どこにでもある自動契約機「むじんくん」を利用すれば、最短30分でお金を借りることができます。
人気指数
限度額 1万円~800万円
金利(実質年率) 3.0%~18.0%
即日融資
無利息期間 最大30日間 ※無利息サービスは初めての方のみとなります。

キャッチフレーズ通りの初心者にもわかりやすいはじめてのアコム!

詳細ページ公式ページ

アイフル
初回利用でも1,000円から借りられることから、キャッシング初心者でも安心して利用できると評判のアイフル。
手続きは全てネットで完了できるので、来店不要で即日融資も可能となります。

無人契約でんわBOX「てまいらず」なら9:00~21:00まで利用でき、電話するだけでその場でカード発行をしてくれます。

人気指数
限度額 1,000円~800万円
実質年率 3.0%~18.0%
即日融資
無利息期間 最大30日間 ※無利息サービスは初めての方のみとなります。

細かな利用者目線で借り方の種類も豊富なアイフル!

詳細ページ公式ページ