未成年(18、19歳含む)でもお金を借りる方法はある?親に頼れない現金の借入方法!

未成年でも一人暮らしの生活費や友達との付き合い、教材の購入など様々な出費があります。
日頃からアルバイトや節約をしていても、「どうしても今月はお金が足りない!」ということもあるでしょう。
こうしたピンチを乗り切りたい時、未成年はお金を借りることができるのでしょうか。

お金を借りるといえば、銀行や消費者金融のローンをまず思い浮かべる人が多いのではないでしょうか。

使い勝手も良く、申し込みも簡単なので、ちょっとした借入に最も適しています。
しかし、銀行や消費者金融といった金融機関のローンには満20歳以上という利用条件が付けられています。

つまり、20歳未満の未成年者はカードローンの申し込みをすることができないということです。

これには、民放4条の「未成年者の契約取消権」という法律が大きく関係しています。

未成年者の契約取消権とは

実は日本では民法上、未成年に単独での契約行為が認められておらず、法定代理人の同意なしで未成年が交わした契約は取り消すことができるとされています。

ローンも貸す側と借りる側が借入金額や金利、期日などの各項目において双方が同意して契約を結ぶ法律行為です。

もし、未成年者とのローン契約が無効になった場合、未成年者は借入金を使ってしまっていたら返還する義務はありません。
お金を貸しても貸し倒れになってしまうリスクが高く、金融機関側も未成年者への融資には慎重にならざるを得ないのです。

では、法定代理人(通常は親権者)の同意があれば法律行為を行うことができるのであれば、親の同意さえあればローンを使えるのでしょうか。

結論から言うと、大半の金融機関で親権者の同意があっても未成年者への貸付は取り扱っていません。
親権者の同意があれば可能」というのはあくまでも法律上のことで、現実的には法定代理人の同意を確認するというのは時間もコストもかかるため、金融機関側で行なっていないのが現状です。

あわせて読みたい
世代別 お金を借りる 方法
お金を借りる理由と方法!世代別のお金の借り方を徹底解説!お金を借りるのに年代などは関係ありません。しかし、実際に借りるとなるとそれぞれに優遇されていたり限定されていたり様々な借り方があります。世代別のお金の借りる方法について解説していきます。...

中小消費者金融なら学生ローンが利用できる!

銀行や大手消費者金融などの金融機関では未成年への貸付は行っていませんが、中小貸金業者の中には「学生ローン」を取り扱っている業者がいくつかあります。

学生ローンはその名の通り、18歳、19歳といった未成年でも利用できる学生専用のローンで、親の同意さえあればお金を借りることができます。

ローンカードを発行してない業者がほとんどで、追加で借入する時には店舗に行ったり振込を再度依頼する必要があることから、フリーローンに近い形式といえます。

金利は一般的なカードローンとほぼ同じ水準の15.0%~17.0%程度ですが、学生であることを考慮して利用限度額は低めに設定してあり、最大でも50万円までとなっています。
学生であることの他に、安定した収入があることも利用条件ですが、アルバイトやパートなどでも定期的な収入があれば問題ありません。

ただし、学生ローンも貸金業法が適用されるため、総量規制の影響を受けます。
融資限度額は年収の3分の1以内となるので、収入が少なければ貸付額も少なくなります。

学生ローンの場合は、聞き慣れない会社で最初は戸惑う方もいるかもしれません。
その貸金業者の公式サイトや評判を事前に調べてから申し込みをしましょう。

クレジットカードなら未成年でもキャッシングできる!どんなカードがあるの?

前述したように未成年が金融機関の一般的なカードローンを利用するのは難しいですが、クレジットカードであれば未成年者でも親の承諾があれば作成できます。

クレカといえば買い物をする時に使うという印象が強いですが、この「ショッピング枠」とは別に「キャッシング枠」という現金を借入できる機能も付いています。
キャッシング枠の上限額までであれば、クレカを利用して自由にATMからお金を借りることが可能なので、カードローンと同様の使い方ができます。

未成年が持つことができるクレジットカードにはいくつか種類があります。

まず1つ目が本人契約の通常のクレカです。
そして、2つ目が学生専用カード、最後が家族カードです。
いずれの場合も、18歳以上であること、高校生ではないこと、親権者の同意があることが必須条件です。
下記のセデイナカードでも、店頭まで出向くことなくWEB上で完結できるので、初めてのカード契約で緊張しがちになることもないでしょう。

セディナカード「Jiyu!da!」(ジユーダ)
最大手SMBCグループのセディナが発行している、人気の高い自由払い型のクレジットカードです。

学生、専業主婦(主夫)でもキャッシング枠が利用できるので、現金が必要という場面においても自由に対応が可能できます。

キャッシングはセブンイレブンに設置された、セブン銀行で24時間借入れ可能で、ゆうちょ銀行やOMCマークの付いたATMでも現金を用意することができます。

また年会費無料はもちろんのこと、セブンイレブン、イトーヨーカドー、イオン、ダイエーなどで最大1.5%ポイント還元やマルエツ等の各店舗で毎月第2・第4の日曜日に5%割引還元を受けられるなど一枚でいくつもお得な特典があります。

申し込みもWEB完結できるので、店頭まで出向いて申し込み用紙を記入する必要もなく下記の公式サイトへのボタンからも申し込み可能です。

人気指数
キャッシング限度額 1~200万円(新規の場合は限度額50万円まで)
キャッシング実質年率 18.0%
キャッシング支払い方法 1回払いまたは残高スライド定額リボルビング払い
毎月の支払額、支払日 毎月27日に5,000円から
無利息期間 なし

新規入会&利用で最大10,000円相当のポイントプレゼント中!

公式ページ

通常クレカ

一般的なクレカも、本人に安定した収入があれば未成年でも審査に通ることは可能です。
親権者の同意は必要ですが、高校を卒業して働いている人などは自分のクレカを持つことができます。

パート、アルバイトでも継続して働いている方なら申し込みはできますが、スポット的な派遣のアルバイトをしている方は安定した収入があるとは言えず、審査に通る可能性は低くなります。

学生専用カード

18歳以上20歳以下、大学や専門学校生であれば、学生専用カードがおすすめです。
学生カードは、利用限度額は一般的には10万円から30万円程度と通常のクレカよりは低めですが、ポイント還元率など様々な面で学生カードだけのお得な特典も数多くあります。

申し込みには収入を申請する欄もありますが、アルバイトなどの収入がない場合は0と記入してもかまいません。
社会人になってからも一般カードとして継続することもでき、初めてのクレカデビューにもぴったりです。

家族カード

安定した収入」「学生」といった条件に関係なく持つことができるのが家族カードです。

家族カードは親となるクレカの付帯カードという位置付けです。
クレジットカードの契約者が、自分の家族にも専用のカードを追加申し込みすることで発行することができます。

家族カードもクレカとしての機能は本カードと同様に付いており、高校生を除く18歳以上であれば未成年でも持つことが可能です。
例外として、留学の際には高校生でも家族カードを発行してくれるカード会社もありますが、基本的には高校生は利用することはできません。

そして、気になるのは家族カードの審査です。
実は家族カードの申込者自体には審査がなく、審査の対象となるのは親となるクレジットカードの契約者です。

本会員の与信状況や属性を判断材料とし、家族カードの発行可否や融資額が決められます。

そのため、本会員の審査は必要になりますが、未成年で収入がなくても年齢などの申込条件さえ満たしていれば持つことができる貴重なクレカです。

20歳未満でも既婚者なら成人とみなされる!親権者の同意は必要なし!

基本的には未成年がお金を借りるためには親権者の同意が必要ですが、この「未成年」とは単純に「20歳未満」という意味ではありません。

民法上の未成年は「未婚の20歳未満」と定められており、法律上は既婚者であれば社会的責任能力があるとみなされ20歳未満でも成人として扱われるのです。
そのため、結婚して安定した収入があれば、親の同意がなくても借り入れをすることは可能です。

しかし、実際には大半の金融機関では未婚、既婚を問わず満20歳以上という年齢による制限を設けられているため、ローンを利用することは困難です。
ただし、クレジットカードのキャッシング枠の場合は未成年でも既婚者ならOKという会社もあります。

もちろん、成人とみなされる以上は、未成年者の契約取消権はなく、返済についての一切の責任を負わなければならないので、よく考えて申し込みをしましょう。

クレカや学生ローンを利用すれば未成年でも借入可能!利用条件は要確認!

多くの金融機関ではローンの利用は満20歳以上という条件が付けられており、未成年の場合は成人のように簡単にお金を借りることはできません。

しかし、いかなる場合も借入できないというわけではないので安心して下さい。

クレカのキャッシング枠や学生ローンなど、選択肢は多くはありませんが、未成年でも利用できる借入はいくつかあります。
各会社によって、安定した収入があれば申込可、既婚者なら親の同意なしでOKなど基準が異なりますので、申込前に利用条件はよく確認しておきましょう。

そして、借入をする際は親にもよく相談し、無理のない範囲内で利用するようにしなければなりません。
成人にも言えることではありますが、未成年の場合は特に、本当に借入が必要かどうか一度考えた上でより慎重に利用しましょう。

あわせて読みたい
世代別 お金を借りる 方法
お金を借りる理由と方法!世代別のお金の借り方を徹底解説!お金を借りるのに年代などは関係ありません。しかし、実際に借りるとなるとそれぞれに優遇されていたり限定されていたり様々な借り方があります。世代別のお金の借りる方法について解説していきます。...

成人になれば借入れ可能!安心なのは大手消費者金融

プロミス
審査は最短30分、「瞬フリ」サービスの利用なら、原則24時間最短10秒で振込可能です。

駅前に必ずある自動契約機や店頭なら土日・祝日・夜間(21時まで)も、最短1時間でカード発行前でも即日融資が可能。急な出費にも迅速に対応してくれます。

初回限定の最大30日間無利息サービス※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。)や女性専用キャッシングなど、利用者にはうれしいサービスを実施しているのもプロミスの特徴です。

人気指数
限度額 1万円~500万円
金利 4.5%~17.8%
即日融資
無利息期間 最大30日間 ※無利息サービスは初めての方のみとなります。

スマホアプリで使い勝手抜群!セブン銀行ATMで24時間いつでも借りれるプロミス!

詳細ページ公式ページ

アコム
最大30日間無利息サービス実施しているアコムは、ネットで申し込めば来店不要
平日14:30までに申し込みが完了すると即日融資が可能です。
もし時間が過ぎてしまったり土日祝日に急遽お金が必要になってしまった場合には、全国どこにでもある自動契約機「むじんくん」を利用すれば、最短30分でお金を借りることができます。
人気指数
限度額 1万円~800万円
金利(実質年率) 3.0%~18.0%
即日融資
無利息期間 最大30日間 ※無利息サービスは初めての方のみとなります。

キャッチフレーズ通りの初心者にもわかりやすいはじめてのアコム!

詳細ページ公式ページ

アイフル
初回利用でも1,000円から借りられることから、キャッシング初心者でも安心して利用できると評判のアイフル。
手続きは全てネットで完了できるので、来店不要で即日融資も可能となります。

無人契約でんわBOX「てまいらず」なら9:00~21:00まで利用でき、電話するだけでその場でカード発行をしてくれます。

人気指数
限度額 1,000円~800万円
実質年率 3.0%~18.0%
即日融資
無利息期間 最大30日間 ※無利息サービスは初めての方のみとなります。

細かな利用者目線で借り方の種類も豊富なアイフル!

詳細ページ公式ページ