三井住友銀行カードローンのスペック紹介!メリットとデメリットから使いやすさを考察

三井住友銀行の口座を持っている方は多いのではないでしょうか?
今回は銀行カードローンの中でも人気が高い三井住友銀行カードローンの借入について焦点を当ててみたいと思います。

審査が厳しいと言われる銀行カードローンですが、果たして万人にもオススメできるカードローンでしょうか?
日本3大メガバンクのひとつ、三井住友銀行もカードローンには大変な力の入れようです。

ここでは気になる金利や即日融資の可否などについて見てみたいと思います。

あわせて読みたい
銀行でお金を借りる方法民間融資とは、銀行や消費者金融など、融資を営利目的で営む会社のことを指します。一般的にはお金を借りるとなるとこれらの金融機関を利用してお金を借りることになります。...

三井住友銀行カードローンのスペックはコレだ

三井住友銀行カードローンの金利は4.0~14.5%となっており、銀行カードローンの中では優等生でもなく落第生でもなく、平均的な金利設定になっています。
借入条件としては20~69歳以下の毎月定収入がある方となっており、こちらも特別な条件とはなっていません。

借入限度額は10~800万円までとなっており、さすがメガバンクの大型融資にも心強い限度額ですね。
なお借入れ単位は10万単位となっているのは注意が必要です。
しかしほとんどの銀行カードローンが実施していないように、無利息金利サービスはなく、即日融資にも対応していません。

銀行カードローンで借り入れを考える方は、必ずしも即日融資を期待しているわけではないと思いますが、早ければ翌営業日には借り入れ可能なので安心してください。
また審査時間に関しても、即日とはいかず、翌日まで時間を要する場合が多いので、そこも気をつけておきましょう。

あわせて読みたい
三井住友カードゴールドローンでお金を借りる方法【審査から借入、返済までの流れ】三井住友カードローンの上位クラスである、三井住友ゴールドカードローンについて紹介します!通常のカードローンよりも低金利で限度額も初期から高めに設定されており、支払いに遅延が無ければ利率まで下がるという至れり尽くせりなカードローン!...

三井住友銀行で借入れするメリット

三井住友銀行で借入れするメリットとしては以下が挙げられます。

  1. 消費者金融よりも金利を抑えて借り入れ可能
  2. 三井住友銀行の口座があれば、インターネットバンキングによる振込み、口座振替えによる返済が可能
  3. ATM手数料が無料である
  4. 返済日を5、15、25、月末のひとつから選択可能

などが挙げられます。

三井住友銀行の口座がないと利用できないサービスがあるのは残念ですが、メインバンクが三井住友銀行の方にはお金を借りるのが便利と言えます。
また返済日を4期日から選べるのも、利用者にとっては嬉しいですね!

三井住友銀行で借入するデメリット

三井住友銀行カードローンもメガバンクといえど、デメリットは勿論あります。

  1. 三井住友銀行の口座以外には、振込み融資に対応していない
  2. 事業性資金の融資はNG
  3. 即日審査・融資に対応していない
  4. 銀行カードローンが故、保証会社による審査も必須

これらが三井住友銀行カードローンのデメリットと言えるでしょう。

どこの銀行にも同じことがいえますが、やはり自行のお客様ではないと、若干サービス面が劣るのは仕方がないことです。

三井住友銀行カードローンの申込方法について

まず思い浮かぶのがWeb申し込みですが、それ以外にも銀行窓口、電話、郵送、またはローン契約機での申し込みが可能です。

ネット申し込みありきのような風潮ですが、それぞれのライフスタイルに合わせた申し込みが可能です!
ここではネット申し込みの簡単な流れについて説明します。

まずは専用ページから申し込みを済ませてから、必要事項の記入しましょう。
審査結果については電話もしくはメールで通知されます。
審査に関しては、まずは三井住友銀行側が申し込み条件から簡単な審査をし、それから保証会社であるプロミスが再度審査を行います。

銀行カードローンは必ず保証会社の審査が必須になってくるので、消費者金融と比べると、若干の煩わしさを覚えるかもしれません。
三井住友銀行の審査対応時間は9~21時となっています。
ただしプロミス自体の保証業務は、審査スピードも早く自社が持つ膨大な情報を元に審査をするため、アルバイトや学生でも不利な扱いを受けることはありません。

審査の結果が通知された後は、ローンカードの受け取りです。
こちらは郵送もしくはローン契約機での受け取りが可能。
自宅送付の場合は時間もかかるので、自宅もしくは勤務地の近くに三井住友銀行がある方は、ローン契約機での受け取りをオススメします。

どこの業者に関しても同じことがいえますが、とにかく審査を早めに終わらせたい方には、ローン契約機による申し込みが一番スピーディーということを覚えておきましょう。

必要書類はコレだけあればOK!収入証明は50万円から

必要書類に関しては、基本的には本人確認書類が必要になります。
例えば運転免許証、パスポートやマイナンバーです。
ただしこの本人確認書類に関しては、三井住友銀行の口座をすでに所持している方に関しては、必要ありません。

また希望融資額が50万円を超える場合のみ、収入証明が必要になります。
ここでいう収入証明とは、源泉徴収票、確定申告書、納税証明等のことです。
三井住友銀行カードローンに関しても、特別に煩雑な必要書類が必要になることはありません。

借入れは手数料無料のATMがオススメ

三井住友銀行カードローンのATM手数料は無料です。

ゆうちょ銀行やセブンイレブン、ローソンAMTなどのATMで利用手数料0円で借り入れできるので、細かい手数料に苛立つことなくお金を借りれます。
コンビニ通いが日課の方には、嬉しいサービスですね。

またインターネットバンキングによる振り込み融資に関しては、三井住友銀行の口座にのみ振込みが可能になっています。
もちろん、利用手数料は無料です。
ただし他行への振込融資は原則として不可能なのは、残念な点ではあります。

返済方法はATM、口座振替と銀行振込みの3パターン

三井住友銀行に口座がある方は、都合のよい返済日(5、15、25、月末のいずれか)に口座振替で返済可能です。
しかし三井住友銀行の口座を所持していない方は、基本ATMまたは銀行振り込みによる返済が必須です。

ATMによる返済ですが、こちらも借り入れと同様に利用手数料無料で返済できるので安心してくださいね。
ただし銀行振込みの場合は、所定の利用手数料がかかるので、正直オススメできません。
三井住友銀行カードローンはATM利用との相性が抜群なので、極力ATMからの借り入れ、返済を心がけるようにしましょう。

勤続歴が浅い、もしくは多重債務者の方は申し込みは避けるべし

安定収入、勤続歴、年収がカードローン借り入れのための、三大条件です。
銀行は特に個々人のスペックを意識した審査を行いますので、特に勤続歴が浅い方の申し込みはNGです。

最低半年以上の勤続歴を作ってから、申し込みをするのが無難と言えるでしょう。
また多重債務者に関しても銀行は特に慎重になる傾向にあります。

2、3社からの借入れ先は許容範囲と言えますが、4社以上から借り入れがある多重債務者の方は、いくら勤務歴が長く収入があっても、審査通過は絶望的と考えてましょう。

どうしてもという方はアコムアイフルプロミスといった消費者金融に的を絞り借入れを考えるべきです。

在籍確認は避けられない!

アイフルなどでは可能な書類による在籍確認は三井住友銀行ではできません。

どうしても身バレが怖いという方は、三井住友銀行に限らず銀行カードローンでの借入れはオススメしません。

あわせて読みたい
在籍確認なしのカードローンってある?お金を借りる際に気をつけたい在籍確認と電話確認の違いお金を借りる時に悩むことの一つに在籍確認が入ることは多々ある話ですが、この在籍確認というのは電話確認だけではなく他の確認方法でも通過できることがあります!そんな方法含めて在籍確認を徹底解説!...

即日融資が必要な方は消費者金融を

銀行はスピードに重点を置いたサービスを展開していません。

前述の通り、三井住友銀行カードローンの審査は最短30分審査や即日融資に対応していません。
また週末に申し込んでしまうと、場合によっては翌週営業日まで借り入れができないこともあるので、スピード命の方は迷わず消費者金融に申し込みましょう。

あわせて読みたい
消費者金融でお金を借りる方法消費者金融とはに答えるページです。申し込みも簡単で審査も比較的通りやすいのが特徴となっており、即日融資はもちろん大手消費者金融なら1ヶ月間無利息で借り入れが可能なところも!冠婚葬祭の急な入用にも短期の借り入れにもお金を借りやすい消費者金融を徹底解説します。...

三井住友銀行カードローンに申し込むならこちら

三井住友銀行
吉高由里子さんのCMでもおなじみのあのメガバンク『三井住友銀行カードローン』が大人気です!
また、ローン契約機(ACM)という無人契約機が土日祝でも21時まで営業しており、審査も21時まで動いているので、銀行の中でも最も時間に融通がきくのが三井住友銀行です。

申し込みに来店不要でメガバンクの安心感と知名度、全国的な使い勝手の良さで選ばれ続けています。

マネぷら人気指数
限度額 800万円
金利 4.0%~14.5%
口座開設 不要
返済方式 残高スライド方式

詳細ページ公式ページ

消費者金融で申し込むならこちら

アコム
30日間無利息サービス実施しているアコムは、ネットで申し込めば来店不要
平日14:30までに申し込みが完了すると即日融資が可能です。
もし時間が過ぎてしまったり土日祝日に急遽お金が必要になってしまった場合には、全国どこにでもある自動契約機「むじんくん」を利用すれば、最短30分でお金を借りることができます。
マネぷら人気指数
限度額 1万円~800万円
金利 3.0%~18.0%
即日融資
無利息期間 最大30日間 ※無利息サービスは初めての方のみとなります。

詳細ページ公式ページ

アイフル
初回利用でも1,000円から借りられることから、キャッシング初心者でも安心して利用できると評判のアイフル。
手続きは全てネットで完了できるので、来店不要で即日融資を受けることができます。

無人契約でんわBOX「てまいらず」なら9:00~21:00まで利用でき、電話するだけでその場でカード発行をしてくれます。

PC・スマホ限定サービスとしてカードのお届け時間を選べる「配達時間えらべーる」を実施中で、確実にカードを受け取ることができ安心です。

マネぷら人気指数
限度額 1万円~800万円
金利 3.0%~18.0%
即日融資
無利息期間 最大30日間 ※無利息サービスは初めての方のみとなります。

詳細ページ公式ページ

プロミス
「瞬フリ」サービスの利用なら、24時間365日、審査は最短30分、最短10秒(※平日14時までに契約完了していれば最短10秒で振込み可能)で指定口座に振込が完了します。

駅前に必ずある自動契約機や店頭なら土日・祝日・夜間(21時まで)も、最短1時間でカード発行前でも即日融資が可能。急な出費にも迅速に対応してくれます。

初回限定の30日間無利息サービス※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。)や女性専用キャッシングなど、利用者にはうれしいサービスを実施しているのもプロミスの特徴です。

マネぷら人気指数
限度額 1万円~800万円
金利 4.5%~17.8%
即日融資
無利息期間 最大30日間 ※無利息サービスは初めての方のみとなります。

詳細ページ公式ページ