カードローンを借りる時に保証人は必要? 担保が必要か解説

カードローンを利用するのに保証人や担保は必要なの?

「カードローンを利用しようとするときには、保証人や担保が必要なのか?」

初めてカードローンを利用したいと考えたときに、この疑問を持つ人は少なくないでしょう。たとえば住宅ローンやマイカーローンでは必ず担保や保証人が必要になりますので、そういった疑問が生まれるのはごく普通の発想です。

最初に答えを書くと、保証人や担保の用意は不要です。

一般的な銀行カードローンや消費者金融のカードローンでは、お金を借りる際に保証人や担保を用意する必要はありません。こういったローンを「無担保ローン」と呼び、先の保証人や担保が必要な住宅ローンなどは「有担保ローン」として区別します。

保証人がいなくてもお金を貸せる理由とは?

ローン商品において保証人を用意するのは、万が一の貸し倒れリスクを防ぐためです。

契約者が何らかの理由で支払い不能に陥った場合、代わりに残債を返済してもらうために保証人がお金での返済の変わりに同等の価値を持つ担保がそれぞれ代わりとして利用されるのです。

では、保証人が不要だというカードローンではその貸し倒れリスクを貸付側が背負っているのかというと、慈善事業ではないのですから、もちろん、そんなことはありません。

貸付側は保証人を不要にする代わりに、相応の条件をプラスして、リスクの軽減を図っているのです。
カードローンは保証人を立てるのとは違う形でリスクを減らしている商品ということです。

具体的にどういったリスク軽減の条件を設けているかというと、「借入限度額を低く設定する」「条件を厳しく審査する」「返済期間を短くする」「金利を高めに設定する」などがあります。

こういった条件を立てることによって貸し出しする相手を選別し、保証人がいなくても貸したお金が返ってこない、という最悪の事態をなるべく回避できるようにしているのです。

保証人代わり?保証会社が果たしている役割とは?

銀行のカードローンの商品概要を見てみると、その多くに保証会社の記載を見ることができます。

申し込みに対して実際の審査はその保証会社が行うということ、利用者がもし返済できない状況に陥った場合、代理に支払う責任を持つということを意味します。

保証会社の審査においては、個人信用情報の照会、年収や勤続年数等の諸条件を鑑みて、所定の規定に基づいた点数を加算していく「スコアリング方式」を使って審査を行い、その点数により契約の可否を決定するという方法が多く用いられています。

では、銀行はなにもしないのかというと、提出した個人情報に誤りがないか、といった基本的な情報の確認を行っています。
あくまでローンを受けるか否かの判断と責任は保証会社が担っている、ということです。

現在では、銀行のローン商品の保証会社の多くが消費者金融です。

消費者金融のこれまで培ってきたノウハウをもとにした審査は正確性が高く、迅速性も伴うため、審査時間の短縮に役立つのです。

経営基盤に信頼性がおける銀行と、ローン業務に一日の長がある消費者金融の特長を活かしたシステムが築かれているのです。

つまり銀行のカードローンでは、その多くが実際には消費者金融業者の審査を受け、その保証を受ける、という形になっているわけです。

消費者金融は保証を代行することでいくばくかの利益を銀行から得ますし、銀行側は審査を自行で行なう手間を省けるというメリットも得られるので、双方にメリットが生じるシステムでもあります。

ローンを長期的に延滞した場合、代位弁済の義務を持つ保証会社が利用者に代わって銀行側に返済を行ないます。この時点で債権は銀行から保証会社へ移行して、以降の返済のやりとりは保証会社と行なっていくことになります。

注意しておきたいのは、この債権が保証会社へ移行した時点、つまり銀行へ本来の返済の義務を果たせなくなった時点で、個人信用情報に「ブラックリスト」として載せられ、5年間その情報が保持されることになります。

保証会社へ返済しているから問題がない、というわけではなく、そもそもの契約の約束を果たせなかったということで信頼性は著しく損なわれるのです。

http://債務整理のすすめ.com/

保証人なくとも信頼を得るために…心得ておきたいのはこのポイント!

前述した通り、カードローンには保証人は必要ありませんが、それは誰にでも貸すという意味ではありません。

保証人や担保を立てる代わりに、貸付側に「お金を貸す信頼に値する人物であること」をしっかりと示さなければなりません。

そのためにどのようなポイントを気をつければよいのかを紹介します。

高望みした借入を望まない

借入の申込を受けるか否かを判断する大きなポイントは、「ちゃんと返してもらえるかどうか」に尽きます。
それを判断するために、年収や勤続年数、勤務先などの個人情報を確認します。

返済は借入額によっては長期に渡るので、収入の安定性が強く望まれます。

そのため、今の収入を元にした生活にこの返済額が加わって無理がないかをよく考えて借り入れる額を決定しましょう。基本的に、自分が必要な最低限の額を借りるようにするのが望ましいです。

返済日にきっちりと返済していく

口座振込でも、ATMでの返済でも、いつ、いくら返済していかなくてはいけないかを忘れてはいけません。

スケジュール管理の一環として返済日を常に把握し、定期的に借入残高がいくら残っているか、自身の把握している借入内容と齟齬がないかを確認するようにしましょう。

お金を借りられた時点で利用者は一安心という気持ちかもしれませんが、貸付側にとっては契約の始まりに過ぎません。

完済までしっかりと返済の義務を果たしていき、借入先との信頼関係を着実に築いていきましょう。

計画的に借りながら返済していくならこちら

アコム
30日間無利息サービス実施しているアコムは、ネットで申し込めば来店不要
平日14:30までに申し込みが完了すると即日融資が可能です。
もし時間が過ぎてしまったり土日祝日に急遽お金が必要になってしまった場合には、全国どこにでもある自動契約機「むじんくん」を利用すれば、最短30分でお金を借りることができます。
マネぷら人気指数
限度額 1万円~800万円
金利 3.0%~18.0%
即日融資
無利息期間 最大30日間 ※無利息サービスは初めての方のみとなります。

詳細ページ公式ページ

アイフル
初回利用でも1,000円から借りられることから、キャッシング初心者でも安心して利用できると評判のアイフル。
手続きは全てネットで完了できるので、来店不要で即日融資を受けることができます。

無人契約でんわBOX「てまいらず」なら9:00~21:00まで利用でき、電話するだけでその場でカード発行をしてくれます。

PC・スマホ限定サービスとしてカードのお届け時間を選べる「配達時間えらべーる」を実施中で、確実にカードを受け取ることができ安心です。

マネぷら人気指数
限度額 1,000円~800万円
実質年率 3.0%から18.0%
即日融資
無利息期間 最大30日間 ※無利息サービスは初めての方のみとなります。

詳細ページ公式ページ

プロミス
「瞬フリ」サービスの利用なら、24時間365日、審査は最短30分、最短10秒(※平日14時までに契約完了していれば最短10秒で振込み可能)で指定口座に振込が完了します。

駅前に必ずある自動契約機や店頭なら土日・祝日・夜間(21時まで)も、最短1時間でカード発行前でも即日融資が可能。急な出費にも迅速に対応してくれます。

初回限定の30日間無利息サービス※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。)や女性専用キャッシングなど、利用者にはうれしいサービスを実施しているのもプロミスの特徴です。

マネぷら人気指数
限度額 1万円~800万円
金利 4.5%~17.8%
即日融資
無利息期間 最大30日間 ※無利息サービスは初めての方のみとなります。

詳細ページ公式ページ