キャッシングは借りたら返済が当たり前!無理なく返せる生活のコツ教えます

あなたはキャッシングの返済に行き詰っていませんか?
いざお金を借り入れたのはいいけれど、返済を後回しにした結果、延滞そして滞納してしまう方も少なくありません。

今回はキャッシングの返済に焦点を当てながら、返済のコツについてお伝えしようと思います。

利息が高いところから繰り上げ返済!そして返済日を厳守が完済への近道

多数の消費者金融で借入れしている方は要注意!
アコム、プロミス、アイフルのように簡単・気楽・即日融資でお金を借りることができるようになったのはいいのですが、色んな所から借りすぎて返済に困ってしまう方も多いのです。

ここでは消費者金融の返済の基本である繰り上げ返済、そして複数ある返済の優先順位の重要性について説明していきたいと思います。

複数ある借入れは、最も利息が高い業者から追加返済を

消費者金融等で複数のキャッシングを利用している方は、金銭的な価値観に若干ズレが生じている場合も少なくありません。
そんな方が共通して感じていることは、全く完済する気配が見えないこと。
つまり毎月の返済が業者の定める最低返済額しか支払いをしていない為、元金が全く減らないと言うカラクリです。

業者そして借入れ金額によっても最低返済額は異なりますが、それぞれの金利を比較して、一番利息が高くなるであろう業者を優先的に返済することが大切になってきます。金利プラスαの最低返済額に縛られず、金利が高い1社のみに絞り追加返済を務めること、それこそが優先順位を付けた賢い返済方法と言えるでしょう。

今月は無理!遅延損害金が発生する前にまず事前連絡を

遅延損害金。
それはキャッシング返済では最も避けなければならない、言わばペナルティーです。
遅延損害金は借入れ残高×遅延損害金適応利率÷365×延滞日数で金額が決まります。

遅延損害金の利率は業者により異なりますが、最低14~20%で推移。
大手消費者金融を見てみると全ての業者が20%の高金利を設定しています。

返済予定日の翌日から延滞日数のカウントが始まりますが、特に借入れ残高が高くそして延滞日数が長い程、遅延損害金の負担は大きくなります。
借入れ金額が10、20万円程度なら大した遅延損害金にはならないだろうと思っても、実際はその金額以上に信用力に大きなダメージを与えるのです。

返済予定日から数日のみの遅延で信用情報に異動情報が付く(ブラックリストとはこのことです)場合もあれば、61日以上の延滞で異動情報が記載される場合もあり、業者によって延滞記録の扱いは異なります。
その為、今月はどうしても厳しい!
そんな場合は、まず業者に電話連絡をした後に、利息分のみの返済だけにしてもらうなど事前対策が必須です。(業者によっては不可能な場合あり)

借金地獄の始まりはここから、陥りがちな返済の罠はコレだ

キャッシング返済が原因で、借金苦と言う泥沼にはまってしまう方は後を絶ちません。
ここではそんな負の連鎖に陥りがちな1番の理由についてお話してみたいと思います。

返済→借入れの負のループ

完済と言うゴール地点が遠のく原因として挙げられるのが、追加融資の魅力です。
特に毎月の生活費にキャッシングを依存してしまいがちな方は要注意!

クレジットカード、消費者金融等からのキャッシング共に借入れ後に返済した分に関しては、原則的に返済分だけ再度融資を受けることが可能です。
万が一の際には大変利便性が高いのですが、追加融資=完済までの距離が遠のく点はよくよく意識しなければなりません。

利用限度内であれば、返済の後の再借入れは全く問題ありません。
しかし再借入れの際も、業者側で返済に関する簡易審査が行われることもあり、返済に難あり!と判断されれば突然キャッシングの利用が不可になる場合も……

返済の後の借入れが癖になってしまうことこそ、キャッシング破産を生む1番の要因だということを、決して忘れてはなりません。

毎日の生活で実践可能なキャッシング返済のポイント

コンビニには行くべからず

お金の管理が下手な人は、用もないのにコンビニをよく利用している場合があります。
24時間、とりあえず何でも揃うコンビニは暇潰しにも散在にもピッタリ!

また各種キャッシングはコンビニATMに対応しており、尚且つ1万円未満の利用は108円、それ以上の利用だと216円も手数料がかかります。
買い物ついでにフラフラッとATMの引力に引き寄せられ、ついついお金を借入れしてしまう方も多いことでしょう。

もしあなたが本気のキャッシング完済を目指しているのなら、まずはコンビニ断ちから始めてみてはいかがでしょうか?
便利生活の断捨離こそが完済への近道なのです。

収支管理、金利計算アプリを活用しよう

忘れがちな返済日を思い出させてくれる、お知らせメールを活用している方は多いと思います。
しかしそれでもなお毎月の収支管理は難度が高いはず。そんな時に活躍するのが、手持ちのスマホで利用出来る収支管理アプリです。

毎月の収支を記録出来る家計簿アプリをまずはインストールしてみましょう。特にレシートを撮影するだけで収支管理ができる、「Reco Reco」や「家計簿レシーピ」などを強くオススメいたします。お金の動きを常に把握する重要性を、これでもかと実感することでしょう。

また金利は分かっていても、利息がどれ位だか把握していない方には、「どこでもローン計算」などの金利計算アプリの活用をおすすめいたします。

意外とバカにならないゾ!副業の勧め

もはや在宅ワークは珍しいものではありません。裁縫やペンの組み立てをするような内職ではなく、自分の可能性や特技を活かせる在宅ワークで追加融資の足しにしてみませんか?

例えプログラミングやWeb制作が出来なくても、ライティングや簡単なアンケート調査等でもまとまった金額を稼ぐことは可能です。ランサーズやクラウドワークスなどで隙間時間を有効活用するだけで、お金を稼げる不思議。在宅ワークなんて……と思っている方も、ペンは剣よりも強しの精神で挑戦してみてはいかがでしょうか?

また在宅ワーク以外にも、不要なブランド商品や洋服等をメルカリやオークションで売ることも、あぶく銭を得る手段になり得ることも覚えておきましょう。

キャッシング返済に困った時に考えるべきこと

生活を見直して切り詰めても……副業を始めてもなかなか上手く行かない。もう返済に困窮している場合は、果たしてどんな対策方法があるのでしょうか?一緒に考えてみましょう。

おまとめローンで楽々1本化

多重債務の方にはもはやお馴染みのおまとめローンですね!複数の借入れ先を1本化出来る優秀なおまとめローンですが、こちらは特に3社以上の借入れ先がある方にオススメいたします。

おまとめローンの特色として総額100万円以上の1本化の場合は、利息制限法により金利が15%まで下がります。幾ら借入れがあるのか、そして各業者によっても異なりますが、100万円以上の大きな1本化は推奨すべき対策法と言えるでしょう。

ただし大手消費者金融ではおまとめローン自体の金利が高かったり、銀行はおまとめローン自体がない場合もあるので、まずは自分の懐事情にマッチするおまとめ選びをすることが大切になってきます。

どうしようもなくなったら債務整理も検討すべし

おまとめしたいけど1本化出来なかった……その場合は最後の砦としての、債務整理を検討する時期に突入したと考えて良いでしょう。
債務整理を簡単に説明すると借入れの減額や、金利の引き下げなどを提案する、一種の法的手続きです。

皆さんご存知の過払い金請求自己破産以外にも、毎月の返済等を軽減する任意整理や、借金を大幅に減額してから返済する個人再生の4種類に分かれます。

それぞれの借入れ額や金利、収入、過払い金発生などにより適切な債務整理は異なるので、自己判断ではなく司法書士や弁護士の助言に従うことが大前提です。
債務整理は完全に合法な法的手段になってきますが、おまとめローンと異なりメリットもデメリットも顕著ですので、まずは身近の無料法律相談所の門をノックすることから始めましょう。

【まとめ】追加返済がキャッシング完済の鉄則!どうしても返済出来ないその時は、専門家の意見を仰ごう

頭では返済計画を立てているつもりでも、生活というサバイバルに流されて、キャッシングの返済はおざなりになりがちです。まずは自身の借入れ状況そして金利を把握し、追加返済で金利の高い所から完済していきましょう。

完済までの道のりな決して平坦ではありませんが、自分自身の生活スタイルを見直したり、工夫をすることでお金をセーブすることは十分可能なことは忘れないでくださいね。しかしどうしようもなくなったその時は、自ら専門家に借金の悩みそして解決方法を丸投げする!そんな勇気も時には必要になってきます。

一本化で間に合う方はおまとめローン

アイフルのおまとめMAX、かりかえMAX

アイフル おまとめローン
アイフルのおまとめローンは上記のプロミス、アコムとは異なる特徴を持っています。
まずアイフルには使用歴に合わせて2種類のおまとめローンが利用可能です。

その1つは「おまとめMAX」と呼ばれるもので、アイフル利用歴がある方のみ利用可能なおまとめローンです。
一方で新規の方が利用出来るおまとめローンは、「かりかえMAX」と呼ばれています。

またプロミス、アコムのおまとめローンと比較して、大きく違うのがショッピングのリボ払いも対象になります。
消費者金融または信販会社からの借入れ、そしてクレジットカードのキャッシング、ショッピングリボが適応範囲となるので、クレジットカードのリボ払いで苦しんでいる方にもおすすめです。

人気指数
申し込み資格 満20歳以上の定期的な収入と返済能力があり、審査通過基準を満たす方
限度額 1万円~800万円まで
金利 年3.0%~17.5%
返済方式 元利定額返済方式
返済期日 毎月払い

申し込み後の連絡の際に「おまとめ希望」と伝えてください。

詳細ページ公式ページ

プロミスのおまとめローン

プロミス おまとめローン
現在の借り入れローンよりも低金利での借り入れで、毎月の返済・金利負担軽減!
おまとめで毎月の返済日が1回になるから、返済日・返済金額も管理が容易に!
貸金業者からの複数ローンを借り入れ中の方、総量規制における年収1/3を超える借り入れがある方に利用をおすすめします。

人気指数
申し込み資格 年齢20歳以上、65歳以下の安定した収入のある方
限度額 300万円まで
金利 年6.3%~17.8%
返済方式 元利定額返済方式
返済期日 5日、15日、25日、末日から選択

申し込み後の連絡の際に「おまとめ希望」と伝えてください。

詳細ページ公式ページ

アコムの借換え専用ローン

毎月の金利、返済金額の負担を軽減!
金利は年7.7%~18.0%とプロミスと比較すると最低金利が少し高いです。アコムのおまとめローンは20歳以上と記載されており、上限年齢が設定されていませんが、他のおまとめローンと同様に65歳前後までと判断していいでしょう。
人気指数
申し込み資格 20歳以上の安定した収入と返済能力があり、審査基準を満たす方
限度額 1万円~300万円まで
金利 年7.7%~18.0%
返済方式 元利均等返済方式
返済期日 毎月払い

申し込み後の連絡の際に「おまとめ希望」と伝えてください。

詳細ページ公式ページ