高校生がお金を借りる方法!金融機関が未成年への融資をしない理由

高校生がお金を借りるための現実的な方法とは?金融機関が未成年への融資をしない理由

高校生になると友達との遊び方が中学生の頃とは変わり、部費や部活の道具を購入する費用がお小遣いだけでは払えないということもあるでしょう。

アルバイトができれば良いですが校則で禁止されている学校も少なくないですし、高校生のバイト代だけでは足りない、すぐに必要で給料日まで待てないということもありますよね。

そんなときは「少しで良いからお金を借りられないかな?」と思うかもしれませんが、高校生の場合だとお金を借りるのは難しいのが現状です。

ただ、借りる方法がまったくないというわけでもなく、借りる以外にもお金を用意する方法はあります。

この記事では、高校生だと本当にお金を借りることはできないのか、なぜ借りられないのか、借りる以外にお金を用意できるおすすめの方法について説明をしていきます。

高校生だとお金を借りられないって本当?

お金を借りる方法というのはたくさんあります。

比較的、身近な方法で言えば、カードローン、クレジットカードキャッシング、学生ローンなどがあげられます。

これらの方法ではどれも金融機関からお金を借りることになりますが、残念ながらどの方法でも高校生が利用することはできません。

具体的な利用条件は金融機関によって異なりますが、基本的には20歳未満である未成年の方が消費者金融、クレジットカード会社、銀行などでお金を借りることはできないのです。

あわせて読みたい
2019年はSNSアプリでお金を稼ぐ!春公開予定SOLECT(ソレクト)その他のネット上でおこづかい稼ぎの方法も紹介
2019年はSNSアプリでお金を稼ぐ!おすすめを紹介できるSOLECT(ソレクト)その他ネット上のおこづかい稼ぎの方法を解説!元号が平成から令和へと変わりつつある中で、SNSアプリも形を変えつつあります。自分が好きな商品やサービスをおすすめできるSOLECT(ソレクト)を始め、Poplle(ポップル)やselmee(セルミー)といったSNSでお金を稼ぐ新時代のアプリを解説していきます。...

そもそも金融機関でお金を借りられる人ってどんな人?

では、どのような条件を満たせば金融機関からお金を借りることができるのでしょうか?

ほとんどの金融機関では年齢と収入の2点を申込条件としています。
そのため、高校生では年齢の条件を満たせない場合が多く、審査どころか、申し込みをすることすらできないのです。

カードローン、学生ローン、クレジットカードキャッシングのそれぞれの方法を利用するための条件について見ていきましょう。

カードローンは20歳以上じゃないと利用できない

カードローンの申し込みをするためには20歳以上であることと、安定した定期収入があることが必須の条件となります。
一部の銀行では配偶者に安定収入があれば専業主婦でも申し込みをすることが可能ですが、その場合でも20歳未満の高校生では融資の対象にはなりません。

大手のカードローンの申込条件をまとめました。

カードローンの申込条件

カードローン 申込条件
アイフル
  • 満20歳以上69歳以下であること
  • 定期的な収入と返済能力を持つ給与所得者、自営業者、パート・アルバイト、派遣、出向、嘱託社員、主婦(専業主婦を除く)、学生
  • アイフルの審査基準を満たすこと
アコム
  • 満20歳以上69歳以下であること
  • 安定した収入と返済能力があること
  • アコムの審査基準を満たすこと
プロミス
  • 満20歳以上69歳以下であること
  • 申込者本人に安定した収入があること
  • プロミスの審査基準を満たすこと
三井住友銀行カードローン
  • 満20歳以上69歳以下であること
  • 原則、安定した収入がある方
  • 保証会社(SMBCコンシューマーファイナンス株式会社)の保証を受けられる方
  • お金の使い道が事業性資金以外の方
みずほ銀行カードローン
  • 契約時の年齢が満20歳以上66歳未満であること
  • 安定した収入がある方
  • 保証会社(株式会社オリエントコーポレーション)の保証を受けられる方
楽天銀行スーパーローン
  • 満20歳以上62歳以下であること
  • 日本国内に居住していること
  • 仕事をしており毎月安定した定期収入のある方(もしくは専業主婦の方)
  • 保証会社である楽天カード株式会社、または、株式会社セディナの保証を受けられる方
  • ※ パート・アルバイト、専業主婦の方は60歳以下であること

イオン銀行カードローン
  • 契約時の年齢が満20歳以上65歳未満であること
  • 申込者本人に安定した継続収入が見込める方
  • 日本国内に居住している方
  • 保証会社であるイオンクレジットサービス株式会社、またはオリックス・クレジット株式会社の保証を受けられること

※ パート・アルバイト、自営業者、専業主婦(夫)の方の申し込みは可能ですが、学生の方は不可です。

※スマホでご覧の方は横スクロールできます。

年齢や専業主婦の申込可否に差はありますが、どのカードローン会社も「20歳以上」というのは共通した条件になっています。

学生であってもアルバイトなどで収入があれば申し込みができるカードローンも多いですが、高校生の場合には年齢が条件を満たさないため利用はできないのです。

あわせて読みたい
フリーターでも使えるカードローンはある? アルバイト・パートでも借り入れはできる!知って安心の審査基準!アルバイトでもカードローンを利用したいと思う場面はあると思いますが、正社員じゃなくても申し込みができるか不安になりますよね。アルバイトでもカードローンがりようできるかを解説。...

学生ローンは高校生の利用は不可

学生ローンは主に大学生を対象としたローンサービスであり、未成年の大学生への融資にも対応している、アルバイト先への在籍確認をしないこともあるなどの特徴があります。

名前には「学生」と入っていますが、これは大学生、大学院生、専門学生などのことを指すため高校生の利用はできません。

実際に学生ローンの利用条件を見てみましょう。

学生ローンの申込条件

学生ローン 申込条件
イー・キャンパス
  • 年齢20歳以上40歳以下であること
  • 安定した収入のある学生、社会人の方
アミーゴ
  • 34歳までの安定した収入のある学生

※ただし、高校生を除く

マルイ
  • 安定した収入のある学生の方、またはマルイの審査基準を満たす方(大学生・大学院生・短大生・専門学生・予備校生など)
カレッジ
  • 日本国籍を持つ方
  • 高卒以上の大学生・短大生・予備校生・専門学生の方
  • 安定した収入のある方

※スマホでご覧の方は横スクロールできます。

学生ローンであればカードローンが利用できなかった未成年の方も融資の対象になる場合もあるのですが、最低でも高校を卒業した年齢に達している必要があります。

クレジットカードは高校生だと発行できない

クレジットカードには買い物をするショッピング機能とお金を借りられるキャッシング機能があります。
そのため、クレジットカードでもキャッシング機能を使えば借り入れが可能です。
ただ、高校生の場合にはクレジットカードの発行ができません。

クレジットカードの申し込みをするためには18歳以上というのが共通の条件となっています。

クレジットカードの申込条件

クレジットカード 申込条件
楽天カード
  • 高校生を除く18歳以上の方
Yahoo! JAPANカード
  • 主婦や学生を含む18歳以上の方(高校生を除く)
  • 安定した継続収入がある方
イオンカード
  • 日本国内に在住の方
  • 18歳以上の方
  • ※原則高校生を除くが、卒業年度の1月1日以降であれば申し込みが可能

※スマホでご覧の方は横スクロールできます。

※ イオンカードはデザインによって申込条件が異なる場合があります。

クレジットカードの申し込みができるのは18歳以上ですが、まだ高校に在学中という場合には条件を満たさないことが多いです。
中にはイオンカードのように、満18歳であり、高校を卒業する年度であれば卒業前でも申し込みができるカードもあります。

ただ、未成年のクレジットカード申し込みには親権者の同意が必要です。
そのため、申し込みをする前に両親などの親権者に相談をしてください。

また、クレジットカードの発行審査はショッピング機能の審査なので、キャッシング機能を利用するためには別途審査を受けなくてはいけません。

高校を卒業すると以下のキャッシング機能付きクレジットカードも利用可能です。

セディナカード「Jiyu!da!」(ジユーダ)
最大手SMBCグループのセディナが発行している、人気の高い自由払い型のクレジットカードです。

学生、専業主婦(主夫)でもキャッシング枠が利用できるので、現金が必要という場面においても即対応可能でしょう。

キャッシングはセブンイレブンに設置された、セブン銀行で24時間借入れ可能で、ゆうちょ銀行やOMCマークの付いたATMでも現金を用意することができます。

また年会費無料はもちろんのこと、セブンイレブン、イオン、ダイエーなどで最大1.5%ポイント還元やマルエツ等の各店舗で毎月第2・第4の日曜日に5%割引還元を受けられるなど一枚でいくつもお得な特典があります。

申し込みもWEB完結できるので、店頭まで出向いて申し込み用紙を記入する必要もなく下記の公式サイトへのボタンからも申し込み可能です。

人気指数
キャッシング限度額 1~200万円(新規の場合は限度額50万円まで)
キャッシング実質年率 18.0%
キャッシング支払い方法 1回払いまたは残高スライド定額リボルビング払い
毎月の支払額、支払日 毎月27日に5,000円から
無利息期間 なし

新規入会&利用で最大10,000円相当のポイントプレゼント中!

公式ページ

金融機関が高校生などの未成年へ融資を行わない理由

なぜ、どの方法でも高校生などの未成年者だと利用することができないのでしょうか?
実は高校生が金融機関からお金を借りられないのには法律が関係しているのです。

民法4条では20歳以上が成年だと規定されており、20歳未満である未成年者は「制限行為能力者」とされています。

制限行為能力者は、自分自身の判断だけでは契約を結ぶことができず、親権者の同意なしで結ばれた契約に関しては取り消しができるとされているのです。(民法5条1項、および2項)

クレジットカードを作ったり、カードローンでお金を借りたりというのも契約に該当します。
そのため、18歳以上で利用できるクレジットカードであっても必ず親権者の同意を得た上での申し込みが必要なのです。

加えてお金を貸す、お金を借りるという契約についてはより慎重にならざるを得ません。
もし、未成年の方がカードローンでお金を借りられたとしても、両親の判断で契約自体を取り消すことができてしまいます。

契約が取り消されるということは貸したお金も返済されないため貸し倒れとなってしまうのです。

そのため、金融機関にとって未成年者と契約をすることは非常にリスクが大きく、法律上では禁止はされていなくても、多くの金融機関がそれぞれのルールとして未成年者とのカードローン契約はしないとしています。

あわせて読みたい
世代別 お金を借りる 方法
お金を借りる理由と方法!世代別のお金の借り方を徹底解説!お金を借りるのに年代などは関係ありません。しかし、実際に借りるとなるとそれぞれに優遇されていたり限定されていたり様々な借り方があります。世代別のお金の借りる方法について解説していきます。...

未成年者だと契約ができないわけではない

ただ、民法では未成年者が契約を行うこと自体を禁止しているわけではありません。
以下に該当する場合には未成年であっても契約をすることができます。

未成年者の契約が有効になるケース

  1. 法定代理人(親権者)の同意を得ている場合
  2. 未成年者にとって利益になる、もしくは不利益から免れる場合
  3. 自分自身が自由にできる財産を処分する場合
  4. 未成年者が結婚している場合

など

1.法定代理人(親権者)の同意を得ている場合
例えば、高校を卒業した未成年者がクレジットカードを契約する場合などが該当します。
正確には保護者、親権者ではなく「法定代理人」の同意が必要であるとされていますが、両親がいる場合には「親権者=法定代理人」と考えて良いでしょう。
また、両親がいない場合には未成年後見人が法定代理人にあたります。

2.未成年者にとって利益になる、もしくは不利益から免れる場合
法律上は「単に権利を得る、又は義務を免れる法律行為」と記載されています。
少し難しく感じますが、お小遣いをもらう(利益を得る)、借りたお金の返済を免除される(義務を免れる)などの未成年者にとって不利益にはならない契約だと考えてください。

3.自分自身が自由にできる財産を処分する場合
お小遣いを貰った場合であれば自由にそのお金を使うことができます。
また、おつかいを頼まれたとき、特定の物を購入するようにお金を渡されたときも単独で売買契約を結ぶことが可能です。

4.未成年者が結婚している場合
未成年者」と反対の意味で「成人」や「成年」という言葉が使われることがあります。
未成年者は単独で契約などの法律行為を行うことはできませんでしたが、成人することで自身の判断にもとづいて一人でも法律行為ができるようになるのです。

日本において「成人年齢」、「成年」は20歳以上を指しますが、民法上では未成年者でも結婚している場合には「成年」として扱われます。
婚姻関係を結ぶと独立した経済単位として扱う必要があるため、たとえ20歳未満であっても両親の同意なしで契約を行うことができるのです。

未成年者の契約でも取り消すことができないケース

また、次のようなケースでは未成年者が単独で行なった契約であっても取り消すことができないとされています。

取り消しができないケース

  1. 未成年者が成年だと嘘をついていた場合
  2. 法定代理人が追認した場合
  3. 取消権が時効になった場合

1.未成年者が成年だと嘘をついていた場合
もし、契約を結ぶ際に未成年者が年齢を偽ったり、法定代理人から同意を得ていると嘘をついたりした場合には契約の取り消しはできません。
ただし、契約の相手がそのような嘘を信じるような状況になかったのであれば取り消しは可能です。

例えば、口頭で年齢確認をしただけであれば、両親の判断で契約を取り消すことはできるでしょう。

2.法定代理人が追認した場合
追認とは契約の取り消しができる行為を、契約をした後で有効であると認めることを言います。
契約時は未成年であっても、途中で成人年齢に達した場合には本人が追認をすることも可能です。

また、相手は法定代理人に対して追認するかどうかの返答を求めることができます。
決められた期間内に回答がない場合にも追認したものと見なされるため、取り消しの意思がある場合には注意が必要です。

3.取消権が時効になった場合
未成年者が行なった契約を取り消すことができる権利にも時効があります。
取消権は未成年者が成年になってから5年間、もしくは契約時から20年間とされているため、この期間を過ぎると契約を取り消す権利が失われてしまうので注意しましょう。

未成年者でも金融機関などから融資が受けられるケース

親権者の同意がないと未成年者が単独で契約をすることはできず、たとえカードローンなどの契約をしたとしても両親によって取り消される可能性があります。
ただ、しっかりと法定代理人の同意を得た上での契約は有効なので、未成年者でも金融機関から借り入れができる場合もあるのです。

例えば、中央ろうきん(中央労働金庫)のカードローン「マイプラン」は満18歳以上から申し込みができます。

マイプラン(中央ろうきん)の申込条件

  1. 団体会員の構成員の方、生協組合員の方(および同一生計の家族)、もしくは一般労働者の方
  2. 満18歳以上65歳未満の方
  3. ※未成年者の場合には法定代理人の同意が必須になります。

  4. 安定した継続収入が年150万円以上ある方
  5. 同じ職場での勤続年数が1年以上であること、また、自営業者の場合には業歴が3年以上であること

親権者の同意があれば未成年でも申し込みができますが、満18歳以上であること、一定以上の収入や勤続年数が求められることなどを考えれば高校生での申し込みはできないでしょう。

また、実際に融資が開始されるのは高校卒業後ですが、学費を借りる目的であれば奨学金を利用するという方法もあります。
奨学金を利用したい場合には名義は自分自身になりますが、保証人は別途必要です。

消費者金融や銀行からお金を借りるよりも金利が低いというメリットがありますが、手続きには時間がかかり、様々な書類を準備する必要があります。

家計の状況によっては利用できないケースもあるので、まずは高校で奨学金を利用できないかを相談してみると良いでしょう。

あわせて読みたい
未成年(18、19歳含む)でもお金を借りる方法はある?親に頼れないときの現金の借入方法!基本的に大手の金融機関では貸付対象者の年齢は20歳以上となっています。しかし未成年でもお金を借りたい場面はありますよね?親にちょっと貸してと頼れない場合はこの記事を読んでみてください。...

高校生でもお金が必要!お金を準備する現実的な方法が知りたい

契約に関する知識や経験が乏しい未成年者を守るために、20歳未満だと単独で契約などの法律行為はできないと民法では規定されています。

金融機関にとってはとてもリスクが大きい上に、親権者の同意を確認するのにもコストがかかってしまうため未成年者への融資は基本的には行なっていないのです。
そのため、高校生がお金を借りたいと思った場合には別の方法を検討する必要があります。

現実的な方法としては次の3つが考えられるでしょう。

高校生がお金を借りる方法

  1. 両親や親族から借りる
  2. 友人から借りる
  3. 学校やバイト先に相談する

1.両親や親族から借りる
高校生がお金を借りる場合、もっとも現実的なのは両親や親族を頼る方法でしょう。
お小遣いとは別にお金が必要だという場合には、「何に使うのか」を聞かれることになると思います。
そのため、お金の使い道や、必要な金額によっては断られてしまう可能性が高いです。
また、両親に相談することなく親族からお金を借りようとしたことがバレると怒られてしまう可能性もあります。

それだけお金の貸し借りというのは慎重に扱わなければいけない問題だということです。

ただ、金融機関とは違い利息なしでお金を貸してくれる場合が多いのはメリットになります。
高校生だと自分自身に収入があるという方は少数なので、実質的にはお小遣いの前借りとなるでしょう。

2.友人から借りる
お金の使い道によっては両親に頼みにくいということもありますよね。
その場合には友人に頼むという方法もありますが、金額の大小に関わらずおすすめはできません。

金融機関でお金を借りる場合には、いくらを借りて、いつまでに返すのかということがしっかりと決められています。
一方、高校生がお金の貸し借りをする場合にはそのような取り決めを事前にすることはなく、文章にして残すということもないでしょう。

そうなると、返した、返さないでトラブルに発展することも少なくなく、友達との関係が崩れてしまいます。

友人から借りない、友人に貸さないということが基本であり、もし、手持ちがないときに借りてしまったというケースでは早めに返すように心がけてください。

3.学校やバイト先で相談する
どうしてもお金が必要になったときには、学校やバイト先などの信頼できる大人に相談してみても良いでしょう。
学費の場合には奨学金が利用できるように、自分が知らないだけで解決策が存在する可能性もあります。
大人の方が様々な知識や経験があるはずなので、借りる以外の方法でも解決できるかもしれません。

また、アルバイトをしている場合にはバイト先に前借りを相談するという方法もあります。
ただ、実際に前借りできるかどうかはバイト先の判断となり、高校生であること、経理上の処理が面倒なことなどを理由に認められない可能性が高いです。

高校生がお金を借りるには以上の3つの方法がありますが、もっとも現実的なのは両親からお金を借りる方法でしょう。
また、今日、明日にまとまったお金が必要というわけでなければ、借りる以外の方法でお金を用意することもできます。

借りる以外にお金を用意できるおすすめの方法

両親からお金を借りることができれば良いですが、「断られてしまった」、「両親には頼みにくい」というときは借りる以外の方法でお金を用意できないかを考えましょう。

なかなか、すぐにまとまった金額を準備するのは難しいですが、下手に友人に頼み、信頼関係を壊してしまうよりもずっと良いと思います。

お金を借りる以外にも色々な方法がありますが、高校生ならまずは次の3つを検討してみてください。

高校生が借りる以外でお金を用意する方法

  1. アルバイト
  2. ポイントサイト
  3. 不用品の処分

1.アルバイトでお金を稼ぐ
借りずにある程度の金額を用意するならもっともおすすめな方法です。
高校生だと時給が安めに設定してあるお店も多いですが、毎週短い時間でも安定して働いていけばそれなりの金額にはなるでしょう。

ただ、校則でアルバイトが禁止されている場合もあること、部活をしているとバイトの時間が取れないこと、勉強などにも影響する可能性があることなどはデメリットになります。
校則で認められていない場合には学校側にバレると内申書に影響する可能性もあり、おすすめできません。
しかし、アルバイトでは学校生活では得られない経験をすることもできるので、お金を稼ぐ以外にもメリットがあることは確かです。

校則で禁止されていない、部活や勉強との両立ができるという方には両親に相談をした上でアルバイトを始めることをおすすめします。
できるだけ早くお金が必要というケースでは、バイト代から返すことを約束した上で両親からお小遣いを前借りすることもできるかもしれません。

なかなか毎週バイトをするのが難しいという方は、夏休みだけ、冬休みだけの短期バイトも良いでしょう。
他にも、1日〜の単発バイトなどもあるので、自分の都合に合わせてバイトができないかを検討してみてください。

2.ポイントサイトでお小遣いを貯める
ポイントタウン、げん玉、モッピーなどに代表されるポイントサイトでは、アンケートに答えたり、広告を見たりすることでサイト内のポイントを貯めることができます。

そして、貯まったポイントは、現金化して自分の銀行口座へと振り込むこともできるのです。
中には年齢制限があるサイトもありますが、高校生以上の年齢であれば登録ができる場合が多く、保護者の同意なしで利用できることもあります。

ただ、両親が知らないネットサービスを使っていれば余計な心配、詮索に繋がるので、同意が不要な場合でも、どんなサービスなのかを説明した上で登録するようにしましょう。

振込用の銀行口座を持っていない方は、両親にポイントサイトについて説明をしたタイミングで口座開設も相談してみてください。

パソコン、スマホ一つで利用できる、時間に関係なくポイントを貯められるのはメリットですが、時給に換算した場合にはかなり低くなるのがデメリットです。
数分で完了するアンケートだと数円分のポイントということも多く、何千円、何万円分ものポイントをすぐに貯めることはできません。

ポイントサイトを経由してクレジットカードやFX口座などの金融商品への申し込みをすると高額なポイントをいっきに貯めることもできますが、高校生の場合には、そもそも、それらの利用ができないためコツコツとポイントを貯めていくしかないでしょう。

ポイントサイトは、大きな金額がすぐに必要というわけではない方、アルバイトができない方にはおすすめです。

3.不用品をフリマアプリなどで処分する
フリマアプリのメルカリは、両親から同意を得ていれば未成年者であっても利用することができます。
一部出品が禁止されているものもありますが、様々なものを出品することができるので不用品があれば上手く現金にすることができないかを考えてみましょう。

どのくらいの金額で取り引きされているかはメルカリ内で検索をすればすぐに分かります。
中には無料で配っていた商品サンプルなどに数百円、数千円という値段がつく場合もあるのです。

ただ、売れないとお金が手に入らないこと、入金されたお金を銀行に振り込んでもらうまでに時間がかかることなどはデメリットでしょう。

なかなか売れないという場合には、値段が下がる可能性はありますが、リサイクルショップに直接持ち込むという方法もあります。
その場合には、18歳未満の高校生一人では買い取ってもらうことができないため、必ず保護者と一緒に来店するようにしてください。

あわせて読みたい
2019年はSNSアプリでお金を稼ぐ!春公開予定SOLECT(ソレクト)その他のネット上でおこづかい稼ぎの方法も紹介
2019年はSNSアプリでお金を稼ぐ!おすすめを紹介できるSOLECT(ソレクト)その他ネット上のおこづかい稼ぎの方法を解説!元号が平成から令和へと変わりつつある中で、SNSアプリも形を変えつつあります。自分が好きな商品やサービスをおすすめできるSOLECT(ソレクト)を始め、Poplle(ポップル)やselmee(セルミー)といったSNSでお金を稼ぐ新時代のアプリを解説していきます。...

高校生だと金融機関のカードローンは利用不可!お金の使い道によって最適な方法を選ぼう

高校生は金融機関からお金を借りることはできません。
民法では未成年者が法定代理人の同意なしに行なった契約は取り消すことができるとされているため、金融機関にとって未成年者にお金を貸すことは非常にリスクが高いのです。

もしお金が必要な理由が学費なのであれば奨学金を利用できる可能性も高いので、学校などに相談をしてみてください。
その他、部活や遊びで必要という場合には、まずは両親に相談をするのが良いでしょう。
しっかりと理由を説明した上で頼めば検討してくれる可能性が高いです。

それでも駄目だったというときは、アルバイト、ポイントサイト、フリマアプリなどを活用して借りる以外の方法でお金を用意できないかを考えましょう。
ただ、どの方法を利用するにしても両親の同意が必須だったり、両親の同意があった方がスムーズだったりします。

家計の事情で両親からお金を借りられないということもあるでしょうが、両親との関係を良好に保つことは一人ではできないことが多い未成年者にとっては重要なのです。

借りる以外にもお金を用意する方法はあるので、両親とも相談しながら最適な方法を選ぶようにしましょう。

あわせて読みたい
世代別 お金を借りる 方法
お金を借りる理由と方法!世代別のお金の借り方を徹底解説!お金を借りるのに年代などは関係ありません。しかし、実際に借りるとなるとそれぞれに優遇されていたり限定されていたり様々な借り方があります。世代別のお金の借りる方法について解説していきます。...