編集部コラム

コロナウイルス海外の給付金まとめ!日本は一律10万円だけど海外はどうなってる?

日本では4/16に批判が多かった限定的な30万円給付から、国民一律10万円給付へと舵が切られました。

10万円給付というのは、元々は海外が行っていたものが日本へと行う流れになってきています。

管理人やっと
管理人やっと
日本も和牛券からやっとここまで来ました…

そこで先行で支援政策を行っている事も多い、各国の主に個人への給付金状況に焦点をおいてピックアップしてみました。
※情報が投稿した時点から更新されている場合もあるため、予めご了承ください。

海外の給付金概要

ドイツの給付金(最大約175万円)

  • 対象者:個人事業主及び従業員5名までの零細企業(芸術家やフリーランスのクリエイターも対象)
    • 3ヶ月分の一括給付として、最大9,000ユーロ(約105万円)が支給され、場合によっては更に2ヶ月間の受給が可能
  • 対象者:従業員10名までの企業
    • 3ヶ月分の一括給付として、最大15,000ユーロ(約175万円)が支給され、場合によっては更に2ヶ月間の受給が可能
    対応が早い事でも話題になっていたドイツですが、ドイツの文化相が言った「アーティストは今、生命維持に必要不可欠な存在」という言葉が、日本と比較した時にとても印象に残りました。

    新型コロナウイルス :ドイツ政府の経済支援対策 – ドイツ外務省

    アメリカの給付金(約13万円)

  • 対象者:年収が75,000ドル未満(約820万円)の世帯に対して
    • 大人1人につき約1,200ドル(約13万円)
    • 子ども1人につき500ドル(約5万5千円)
    2019年統計の平均年収は51,960ドル(約568万円)となっているので、半分を超えるかなりの世帯が貰えそうですね(ちなみに日本の平均年収は422万円です)。

    トランプ氏、2兆ドル規模の経済対策法案に署名 新型ウイルス – BBCニュース

    韓国の給付金(最大約9万円)

  • 対象者:高所得層を除く7割が対象になり、世帯により給付額が異なる
    1. 1人世帯:263万ウォン(約26万3000円)以下
      →40万ウォン(約3万5千円)
    2. 2人世帯:448万ウォン(約44万8000円)以下
      →60万ウォン(約5万3千円)
    3. 3人世帯:580万ウォン(約58万円)以下
      →80万ウォン(約7万1千円)
    4. 4人世帯:712万ウォン(約71万2000円)以下
      →100万ウォン(約8万8千円)
    5. 5人世帯:844万ウォン(約84万4000円)以下
      →100万ウォン(約8万8千円)
    6. 6人世帯:975万ウォン(約97万5000円)以下
      →100万ウォン(約8万8千円)
    商品券や電子マネーでの給付も予定されており、日本でも10万円の給付は貯金のできない電子マネーでとも一部では言われていますね。

    韓国は現金給付が決定、“所得下位70%”の世帯に10万円。月収どのくらいの人が対象?

    香港の給付金(約13万9千円)

  • 対象者:18歳以上の香港永住者
    • 1人当たり1万香港ドル(約13万9千円)
    2月末には決定とスピード感の速さが話題でしたが、申請受付は早くても7月上旬になるようです。

    1人14万円の現金支給|香港、新型コロナで経済対策:日本経済新聞

    イタリアの給付金(約7万円)

  • 対象者:自営業者、観光などにおける季節労働者、観劇関連の労働者、農業従事者など
    • 1ヶ月ごとに600ユーロ(約7万円)最長で3カ月間付与
    当初は30万円給付との情報もあり少なく見えますが、仕事減が生活に直結するフリーランサーが守られる給付金があり、ある程度の安心がうまれますね。

    新型コロナウイルス対抗措置として、新たな支援パッケージを発表(イタリア) | ビジネス短信 – ジェトロ

    フランスの給付金(最高約18万円)

  • 対象者:最も疫病の影響を受けた30の県で働く医療サービス従事者、そして108の医療施設の人たち
    • 1500ユーロ(約18万円)
  • 対象者:その他の医療関係者
    • 500ユーロ(約6万円)
    日本でも既に、大阪市では医療関係者に対しての手当が発表されていますが、大阪市に限らず今も身をていして働く方に全国的に広まればと思います

    フランスで医療従事者に6万円か18万円のボーナスを支給

    まとめ

    今回は一律10万円の給付金が話題になっていることから、各国の給付金をまとめてみました。
    給付という形では行っていないだけで、休業に対する賃金保証やその他の支援も行っている国は多いです。

    また、ヨーロッパは税金が高く、アメリカでは医療費が高いなど、どの国も日本とは同じ条件ではありません。
    そのため一概には金額も高い低いとは言えないですが、コロナウイルス感染症による影響により生活に困窮している人に間に合ううちに届けられればと思います。

    マニプラでは、今回のコロナウイルス感染症による公的融資についてまとめています。
    今回の長引く不況による影響で生活に困っている方は、一度ご確認ください。

    コロナウイルスの影響を受けた方への支援制度まとめ|不況が続く生活、事業費を経済的に支える制度を徹底網羅
    コロナウイルスの影響を受けた方への支援制度まとめ|不況が続く生活、事業費を経済的に支える制度を徹底網羅コロナウイルス感染症により、収入減、失業などが増え続けています。生活がどうしようもなく困窮しているという方も多い現状で、個人、事業主併せた経済支援制度についてまとめました。向こうからは積極的に教えてくれないだけで、調べれば利用できる制度はかなりあります。新設された制度なども随時更新中。...

    他にも、お金を借りたいけど実際にどこで借りれば良いのか分からないあなたが、ぴったりの借入先を探せるように、マニプラでは、多種多様なニーズにお応えするため様々なお金を借りる方法を提案しています。

    お金の悩みを解決したい時は、ぜひ参考にしてくださいね。

    ABOUT ME
    やっと
    やっと
    お金を借りる方法やお得に払う方法などペイサービスに特化した総合サイトマニプラの管理人です。 利用者に少しでも心地良くサービスの利用ができるよう詳細な解説を入れて、気づきづらい点、見落としがちな点なども解説し損をさせないよう心がけています。 住宅売却やトレンドなど他ジャンルのコラムなども書くことがあり漏れのない情報収集が得意です。
    \今日借りる方法はコチラで紹介中/
    WEB完結の記事を確認する
    \今日借りる方法はコチラで紹介中/
    WEB完結の記事を確認する