アイフルの必要書類は何がいる?提出する方法と注意点も解説

アイフルの必要書類は何がいる?提出する方法と注意点も解説

カードローンでお金を借りるためには審査通過しないといけませんが、契約するにあたっていくつか必要な書類があります。
提出した書類も審査の過程でチェックされるため、指示された書類の提出ができないというケースでは契約することができません。

この記事では、アイフルの申し込みで必要な書類について説明していきます。
これから申し込みをする方は、あらかじめ必要な書類を準備しておくとスムーズに手続きができるでしょう。

また、すでにアイフルの会員になっている人が増額申請をするときに収入証明書が必要かどうかについてもふれています。
アイフルで新たにお金を借りる方だけでなく、増額申請を考えている方にも役立つ情報なので、ぜひこの記事を参考にしながら準備を進めてください。

あわせて読みたい
アイフルでお金を借りる方法【審査から借入、返済までの流れ】
アイフルでお金を借りる方法【審査から借入、返済までの流れ】創業以来、唯一銀行の傘下に入らず独立で経営を行っているアイフル。アイフルの魅力はなんといっても多岐にわたる消費者のことを考慮した金融商品の数々。銀行カードローンを超える超低金利のカードローンや、女性向けのデザインのレディースローンカードを作れるのはアイフルだけ!...

アイフルの新規申込で必要な書類

まずは、アイフルの新規申込で必要になる書類について説明していきます。
審査内容によっても準備すべき書類は変わりますが、基本的には次の2つの書類があれば大丈夫です。

必要書類
  1. 本人確認書類
  2. 収入証明書

アイフルの申し込みで収入証明書も必要なケースについては後述しますが、必須なのは本人確認書類だけです。

本人確認書類を一切持っていないということはないでしょうが、現住所への更新をしていない、有効期限が切れてしまっていたというケースには注意してください。

別途書類を準備したり、別の本人確認書類を準備したりする必要があります。

アイフルの本人確認書類

アイフルで利用できる本人確認書類は次の通りです。

本人確認書類
  • 運転免許証
  • 運転経歴証明書
  • パスポート
  • 住民基本台帳カード(住基カード)
  • 個人番号カード(マイナンバーカード)

など

運転免許証、または運転経歴証明書を持っている方は、それらを提出してください。
免許を持っていない方は、パスポートなどその他の書類でも代用できます。

ただし、本人確認書類に現住所が記載されていない場合、顔写真つきの本人確認書類を持っていない場合には、別の書類の提出も必要です。

本人確認書類に現住所が記載されていない場合

引っ越したけど、免許の住所変更をしていなかった!」というようなケースでは、申込内容の住所と本人確認書類の住所が一致しません。
そのような場合には、現住所が記載されている以下のような書類の原本が必要になります。

現住所を確認できる書類
  • 現住所が記載されている本人確認書類
  • 公共料金の領収書
  • 官公庁発行の書類

それぞれの具体例を見ていきましょう。

①現住所が記載されている本人確認書類の具体例
  • 健康保険証
  • パスポート
  • 年金手帳
  • 母子健康手帳

など

パスポートに現住所が記載されているなら、最初からパスポートを本人確認書類として提出した方がスムーズです。

ただ、運転免許証を持っているものの、住所が古いままというときなどは、本人確認書類として運転免許証を、現住所が確認できるものとしてパスポートを提出することが好ましいでしょう。

②公共料金の領収書の具体例
  • 電気
  • ガス
  • 水道
  • 固定電話
  • NHK受信料

一人暮らしをしている方であれば、公共料金の領収書の方が用意しやすいでしょう。
ただ、現住所が記載されており、直近2回分までが有効です。

また、家族と同居していて、領収書が自分以外の名義になっている場合には注意してください。
両親のどちらかの名義で苗字が一致していれば問題ないでしょうが、苗字も違う場合には受け付けてもらえない可能性が高いです。
ケースバイケースなので他の書類を準備するか、申し込みをする前にアイフルに確認することをおすすめします。

③官公庁発行の書類の具体例
  • 住民票
  • 納税証明書
  • 印鑑登録証明書

など

これらの書類については、発行日から6ヶ月以内のものしか受け付けてもらえません。
そのため、以前発行した書類をずっと使い回すということはできないのです。

また、必ず氏名、住居、生年月日が記載されていることが必要です。
上記の書類であれば大丈夫ですが、その他の官公庁発行の書類を利用しようと思っていた方は注意してください。

顔写真つきの本人確認書類を持っていない場合

本人確認書類で「健康保険証」などの顔写真がないものを利用しようと考えている方も、別途、書類の提出などが必要になります。

銀行口座やカードローンなどは犯罪に悪用されるケースもあるため、本人確認がより厳格に行われるようになっており、顔写真がない書類1枚での申し込みはできません。

そのため、健康保険証しか持っていないという方は、以下のいずれかの方法で本人確認を完了させてください。

顔写真つきの本人確認書類がない場合
  1. 書類(A)から2点
  2. 書類(A)1点+書類(B)または補完書類から1点
  3. 書類(B)1点+アイフルからの簡易書留送付
書類(A)、(B)および補完書類の具体例
書類(A) 健康保険証、年金手帳、母子健康手帳
書類(B) 戸籍謄本、戸籍抄本、住民票、住民票記載事項証明書 など
補完書類 本人確認書類に現住所が記載されていない場合の書類

  1. 現住所が記載されている本人確認書類
  2. 公共料金の領収書
  3. 官公庁発行の書類

※スマホでご覧の方は横スクロールできます。
※ いずれも原本が必要です。

顔写真の有無に関係なく本人確認書類を持っていないというときは、住民票や戸籍謄本(抄本)を取得した上で、アイフルからの簡易書留を受け取るという方法もあります。

ただ、審査内容次第ではこのような対応を取ってもらえないケースもあるので覚えておきましょう。

あわせて読みたい
カードローンを申し込んだ際に行われる本人確認に関する注意点カードローンを申し込むと必ず本人確認が行われます。しかし、職場や家族に知られたくないという理由で本人確認を省きたいという方も少なくありません。申し込み前に知っておきたい本人確認について。...

アイフルの収入証明書

アイフルから収入証明書の提出を求められた場合には、以下の書類の中から1枚を準備しましょう。

収入証明書
  • 源泉徴収票
  • 給与明細書
  • 確定申告書
  • 住民税決定通知書、納税通知書
  • 青色申告決算書
  • 収支内訳書
  • 支払調書
  • 所得証明書
  • 年金証書、年金通知書

収入証明書として有効な書類は多いですが、基本的に給与所得者の方は源泉徴収票か給与明細書、事業所得者の方は確定申告書を提出すると良いでしょう。

わざわざ新規で取得する必要がないため、スムーズに契約手続きを進められます。

ただし、給与明細書を提出する場合、原則として直近2ヶ月分が必要です。
また、賞与の支給があった方は1年以内の賞与明細書の提出も必要なので、給与明細書と一緒に出してください。

場合によって必要なその他の書類

アイフルのカードローンの申し込みでは本人確認書類と収入証明書があれば大丈夫です。
ただし、アイフルが扱うその他のローンに申し込みをする場合には、次のような書類も必要になります。

無担保キャッシングローン(カードローン)以外で必要な書類
ローン 必要書類
目的別ローン
  • 本人確認書類
  • 収入証明書
  • 資金使途が確認できる書類(見積書、請求書など)
事業サポートプラン
(無担保ローン)
①個人事業主の場合

  • 本人確認書類
  • 収入証明書(確定申告書)
  • 事業内容確認書 ※1

②法人の場合

  • 本人確認書類
  • 収入証明書(決算書2期分)
  • 商業登記簿謄本(発行日から3ヶ月以内のもの)
事業サポートプラン
(不動産担保ローン)
  • 本人確認書類
  • 収入証明書(確定申告書)
  • 事業内容確認書 ※1
  • 不動産登記簿謄本
  • 公図
  • 名寄せ台帳、または固定資産評価証明書
おまとめローン
  • 本人確認書類
  • 収入証明書
  • 他社借入の条件、状況を確認できる書類

※スマホでご覧の方は横スクロールできます。
※ 別途、書類の提出が必要になる場合もあります。
※1 事業内容確認書はアイフル所定のものを印刷して作成します。

カードローンに比べて提出する書類が増えるため、以上のローンに申し込む場合、必ずアイフルに確認をした上で手続きに入ってください。

アイフルの申し込みで収入証明書も提出するケース

アイフルで必要な収入証明書については説明しましたが、源泉徴収票や確定申告書が不要なケースもあります。

アイフルの場合、新規申し込み時に次のいずれかに該当した人のみ、収入証明書の提出が必須になるのです。

収入証明書が必要なケース
  1. アイフルの利用限度額が50万円を超える場合
  2. 他社借入とアイフルの利用限度額の合計が100万円を超える場合
  3. 就業状況の確認などを目的に、アイフルが必要だと判断した場合

はじめての借り入れなら50万円までは収入証明書が不要

まったくお金を借りた経験がないという場合には、借入希望金額を50万円以下にして申し込みをすれば収入証明書は基本的に不要です。
アイフルに限らず、初回契約時の限度額は低くなりやすい傾向があります。
そのため、はじめは必要最低限の限度額で申し込みをした方が良いでしょう。

50万円以下にしておけば、収入証明書が不要ですし、高額融資よりも審査通過の可能性が高くなります。

あわせて読みたい
収入証明不要(所得証明)でキャッシング!今は50万円までしかお金を借りることができないって本当?ほんの少し前までは、世の中のカードローン広告で収入証明不要!という文字が乱立していましたが、最近は全く見なくなりましたね。今現在変わりゆく時勢の中で収入証明不要で借りることができるのかを解説します。...

他社借入には銀行からの借り入れは含まれない

収入証明書が必要なケース②の他社借入には、銀行からの借り入れは含まれません。
この場合の他社借入は、次のような借り入れが対象になります。

他社借入に含まれるもの
  • 消費者金融のカードローン
  • 信販系カードローン
  • クレジットカードのキャッシング

など

すでに他の貸金業者(消費者金融や信販会社など)でお金を借りているというときは、アイフルでの借入希望金額が少額でも収入証明書が必要になる可能性があるので覚えておいてください。

一方、同じカードローンでも、銀行カードローンでの借入残高は合計に入れなくて大丈夫です。
ただし、他社借入に含まれないからといって、審査結果への影響がないわけではありません。

借入先に関係なく、毎月返済すべきものがあれば、その金額だけ返済能力は低く評価されるでしょう。

収入が安定しない職業は収入証明書が必要なケースが多い

収入証明書が必要なケース①、②に該当しなくても、アイフルから提出を指示される場合もあります。
例えば、一般的に収入が安定しないと言われている個人事業主は借入希望金額、他社借入に関係なく収入証明書の提出を求められることが多いです。

完全歩合制であったり、一部歩合制であったりすると、働いているからといって安定収入があるとは限らないため、申し込み時の自己申告だけでなく、収入証明書が必要になります。

実際に提出が必要かどうかは審査の過程で決まるため、申し込みをしてみないことには分かりません。

指示があったらすぐ提出できるように、事前に準備をしておくとスムーズでしょう。

増額審査を受けるときには収入証明書が必須?

アイフルの限度額は審査で決まりますが、契約期間中に手続きを行えば増額することも可能です。
ただし、増額するためには審査を受ける必要があります。

増額できるかどうかは審査の結果次第であり、返済遅れがあったり、収入がダウンしていたりするケースでは、反対に限度額が減額される可能性もあるので注意してください。

また、新規契約時ではなく、増額の申請をするときでも収入証明書の提出が必要なケースがあります。

例えば、次のようなケースでは収入証明書の提出が必要です。

増額審査で収入証明書が必要なケース
  • 新規申し込み時の収入証明書が必要なケースに該当する場合
  • 前回の収入証明書提出から時間が経過している場合

新規申し込み時の収入証明書が必要なケースに該当する場合

アイフルでの利用限度額が50万円を超える場合、他社借入との合計が100万円を超える場合には、増額でも収入証明書が必要になります。

例えば、初回契約時の限度額が30万円で、50万円超まで増額したいというときは収入証明書を提出しないと増額できません。
同様に、他社借入が70万円あり、増額によってアイフルの限度額を30万円超にするというときは、合計が100万円超になるため収入証明書が必要です。

新規契約でも、増額でも基準は一緒なので、覚えておきましょう。

前回の収入証明書提出から時間が経過している場合

過去に提出していても、増額申請をするまでに時間が空いているという場合には収入証明書が必要です。
〜ヶ月以上という明確な基準はありませんが、源泉徴収票も確定申告書も1年経過すれば最新のものが発行されるため、1つの目安になるでしょう。

また、増額申請の有無に関係なく、前回の提出から3年以上が経過している方は再度、最新の収入証明書を提出しないといけません。
これは、貸金業法という法律によって決められていることなので、再提出に応じない場合には一時的に利用停止の措置が取られることもあります。

初回契約時に不要であればずっといらないというわけではないため、アイフルから提出を求められたらスピーディに応じるようにしてください。

アイフルに必要書類を提出するときの注意点

アイフルに必要書類を提出するにあたってはいくつか注意点があります。
場合によっては、再提出になってしまうこともあるので、一通り目を通しておいてください。

免許証の裏面も必要なケースもある

本人確認書類として免許証を提出する場合、住所変更などが裏面に記載されているときは、表と裏の両方が必要です。
表面だけ送ってしまうと、申込内容と食い違いが生じるため、現住所を確認するための補完書類の提出が求められるかもしれません。

住所だけでなく、変更事項が記載されている方は、裏面も忘れずに送るようにしてください。

マイナンバーは見えないように加工する

本人確認書類や収入証明書の中には、マイナンバーが記載されているものもあります。
消費者金融ではマイナンバーを収集することができないため、提出の前に申込者側で見えないように加工しないといけません。

例えば、個人番号の箇所に付箋を貼った上で、コピーを取る、スマホで撮影するなどです。
番号が写ったままだと受け付けてもらえない可能性があるので注意してください。

不鮮明な箇所・画像に切れがないかを確認する

再提出が必要になるケースで多いのが、書類に不鮮明な箇所があったり、画像の一部が切れてしまっていたりする場合です。
アイフルの店舗で写しを取る場合には大丈夫でしょうが、スマホのカメラで撮影するときには判読できない文字がないか、画像が枠からはみ出ていないかをチェックしましょう。

また、撮影場所によっては光が反射して、画像の一部が白くなってしまうこともあります。

必ず、画像の全面が写っていること、不鮮明な箇所がないことを提出の前にチェックしてください。

外国籍の方は別途、書類が必要

アイフルは外国人の方の申し込みにも対応していますが、記事の前半で紹介した書類とは別途、次の書類が必要になります。

外国籍の方の書類
  • 在留カード
  • 特別永住者証明書

外国籍の方の場合、上記のどちらかの書類がないと申し込みができません。
申込条件自体は、日本国籍の人と一緒ですが、準備する書類が増える点は覚えておきましょう。

アイフルに必要書類を提出する方法

最後に必要書類をアイフルに提出する方法を説明していきます。
様々な方法がありますが、おすすめはネット経由(パソコン・スマホ)、またはアイフルの店舗に持参することです。

ネット経由ならスマホで必要書類を撮影し、アイフルの書類提出サービスのURLにアクセスすれば、簡単に提出できます。
来店不要ですぐに提出できるため、スピード重視の方にもおすすめです。

一方、すぐにローンカードを受け取りたいという人は、ネット申し込みをして審査に通過した後で、自動契約機に来店して契約手続き(書類提出など)を進めると良いでしょう。

それらも含め、アイフルに書類提出する方法には以下のようなものがあります。

書類提出の方法
  • パソコン、スマホ(書類提出サービス)
  • アイフル公式アプリ
  • FAX
  • 郵送
  • 自動契約機(店舗設置のスキャナー)
  • 店頭窓口(店舗スタッフ)

書類の提出方法もたくさんありますが、申込方法によって選択できる方法が異なる場合もあります。
以前は自動契約機から申し込みをする方も多かったですが、最近では、ほとんどの方がネット経由での申し込みです。

24時間いつでも申し込みできるだけでなく、スマホならそのまま書類提出も可能なので、ほとんどの手続きがスマホだけでもできてしまいます。

また、アイフルの公式アプリからも書類提出ができるので、書類提出のタイミングでダウンロードしても良いでしょう。

アイフルは本人確認書類だけでも申込可能!高額融資には収入証明書も準備しよう

アイフルの申し込みは運転免許証1枚だけでも可能です。
ただ、50万円超の借り入れを希望している方、他社借入との合計で100万円を超える方だと源泉徴収票や確定申告書などの収入証明書も必要になります。
他にも、個人事業主などは申込内容に関係なく、収入証明書の提出を求められることがあるため、念の為、手元に用意しておいた方が安心でしょう。

その際は、給与所得者の方は最新の源泉徴収票、個人事業主の方は最新の確定申告書があれば大丈夫です。

アイフルは即日融資にも対応していますが、書類に不備があったり、書類の提出ができなかったりすると、契約完了が遅れてしまいます。

しっかりと必要な書類を揃えて、スムーズに契約できるようにしてください。

アイフル
初回利用でも1,000円から借りられることから、キャッシング初心者でも安心して利用できると評判のアイフル。
手続きは全てネットで完了できるので、来店不要で即日融資も可能となります。

無人契約でんわBOX「てまいらず」なら9:00~21:00まで利用でき、電話するだけでその場でカード発行をしてくれます。

人気指数
限度額 1,000円~800万円
実質年率 3.0%から18.0%
即日融資
無利息期間 最大30日間 ※無利息サービスは初めての方のみとなります。

細かな利用者目線で借り方の種類も豊富なアイフル!

詳細ページ公式ページ