SMBCモビットの返済方法|毎月の返済額から返済時の注意点まですべて解説

SMBCモビットの返済方法|毎月の返済額から返済時の注意点まですべて解説

SMBCモビットは職場への電話連絡がない「WEB完結申込」が人気の消費者金融ですが、申し込みの前に返済方法についてもしっかりと確認しておくことが重要です。

SMBCモビットは返済方法が3種類あるため都合の良い方法を選択できますが、WEB完結申込では口座振替の登録が必須になるなどの制限があります。

返済日に1日でも遅れてしまうと延滞になり様々なデメリットが生じるので、返済方法だけでなく、いつまでにいくらを支払えば良いのかもチェックしておきましょう。

この記事ではSMBCモビットの返済について詳しく説明していきます。

これからSMBCモビットに申し込みをしようと思っている方だけでなく、利息の負担を減らすコツを知りたい方、返済に遅れそうなときの対処法を知りたい方もぜひ参考にしてください。

あわせて読みたい
SMBCモビットでお金を借りる方法【審査から借入、返済までの流れ】SMBCモビットでお金を借りる前に確認しておきたい審査の流れや借入、返済方法について。電話確認なし郵送物なしで申し込みも可。職場や家族にバレずに利用したい方必見!...

目次

SMBCモビットの返済方法は3種類

SMBCモビットには次の3つの返済方法があります。

【SMBCモビットの返済方法】

  1. 提携ATMからの返済
  2. 口座振替での返済
  3. 銀行振込による返済

SMBCモビットでWEB完結申込をする場合、契約時に口座振替用の金融機関を登録しないといけません。
そのため、WEB完結申込をすると自動的に約定返済(毎月の返済)が口座振替で行われるのです。
WEB完結申込をした方も任意返済(追加返済)については提携ATM、銀行振込で行えます。

また、通常の「カード申込」をした方も口座振替で返済することはできるので、申込方法に関係なくそれぞれの返済方法について把握しておくことをおすすめします。

①提携ATMからの返済

SMBCモビットでカード申込をすると、自動契約機や郵送でローンカードを受け取ることになります。

SMBCモビットには自社のATMがないため、借り入れや返済は提携ATMを利用します。
提携ATMにモビットカードを挿入して、ATM画面の案内に従って返済をしましょう。

具体的なATMの操作手順は提携先によって違いますが、三井住友銀行ATMの場合には次のような流れになります。

銀行のキャッシュカードを使って口座に入金するのと流れは変わらないため、ローンカードを持っている方は提携ATMで返済をするのが簡単です。

三井住友銀行ATMでの返済手順
  1. 「その他のお取り引き」を選択する
  2. ATMのトップ画面で「その他のお取り引き」を選択します。

  3. 「クレジットカード」を選択してカードを挿入する
  4. 次の画面で「クレジットカード」を選択するとカードの挿入を求められるので、ローンカードをATMに挿入してください。

  5. 取引メニューで「ご返済」を選択する
  6. 取引メニューの中から「ご返済」を選択します。

  7. ローンカードの暗証番号を入力する
  8. 契約時に決めた数字4桁の暗証番号を入力しましょう。
    入力をミスした場合には「訂正」ボタンを押して、正しい暗証番号を入力し直してください。

  9. 入金額(返済額)を指定する
  10. 今回返済する金額(千円単位)を指定します。
    ATMに表示されている「現在のご返済可能額」の範囲で入金する金額を指定して、間違いがなければ「確認」ボタンを押します。

  11. 紙幣を投入する
  12. ATMに紙幣を投入したら集計されるので、「お預かり金額」が合っているかを確かめてください。
    間違いがなければ「確認」ボタンを押して、入金処理を完了させます。
    一定時間、操作をしないと自動的に入金が確定されるため、間違いがある場合には早めに「取消」ボタンを押しましょう。

  13. カードなどを受け取る
  14. 最後にローンカードや利用明細などを忘れずに受け取りましょう。

SMBCモビットの提携ATMと手数料

SMBCモビットでは、全国で14万台(2019年9月現在)の提携ATMが利用できるため、かなり多くの提携ATMで取り引きできます。

ただし、三井住友銀行ATM以外の提携先では手数料がかかるので注意してください。

【SMBCモビットの主な提携ATM】

  • 三井住友銀行ATM(手数料無料)
  • 三菱UFJ銀行ATM
  • イオン銀行ATM
  • セブン銀行ATM
  • ローソン銀行ATM
  • イーネットATM
  • ゆうちょ銀行ATM

などなど

他にも、多くの地方銀行、全国の信用金庫、VIEW ALTTE(JR東日本の主要駅に設置されているATM)などでモビットカードを利用できます。

三井住友銀行以外の提携ATMでは、1万円以下の取り引きでは110円、1万円を超える取り引きでは220円の手数料が発生します。

営業時間は提携先、設置場所によって異なりますが、コンビニの提携ATMであれば深夜でも利用できるケースが多く便利です。

ちなみに、WEB完結申込ではローンカードが発行されませんが、スマホATM取引であればセブン銀行ATMで返済することはできます。

コンビニのマルチメディア端末での返済も可能!

ATMではありませんが、SMBCモビットではコンビニに設置されているマルチメディア端末を使った返済も可能です。

対応しているマルチメディア端末は、ファミリーマートのFamiポートローソンミニストップのLoppiです。

マルチメディア端末で発券した申込券をレジに持っていき支払いをしましょう。

Famiポートの場合には、次のような流れで支払いをします。

Famiポートでの返済手順
  1. 「金融サービス」を選択する
  2. Famiポートのトップ画面で「金融サービス」を選択します。

  3. 「SMBCモビット」を選択してカードを挿入する
  4. 対応しているカードローン会社の一覧が表示されるので、その中から「SMBCモビット」を選択してください。
    その後、ローンカードを挿入します。

  5. 返済金額を入力する
  6. 返済したい金額をFamiポートに入力します。

  7. 発券される「Famiポート申込券」を受け取る
  8. 端末から発券される「Famiポート申込券」を受け取り、レジへ向かいましょう。

  9. レジで支払いをする
  10. レジで申込券を渡して支払いをします。
    通常の提携ATMでは硬貨の取り扱いはできませんが、レジでの支払いであれば硬貨も使用可能です。

  11. 「お客様控え」を受け取る
  12. 最後にお釣りと控えを受け取りましょう。

②口座振替での返済

毎月の返済を銀行口座からの自動引き落としで行う方法です。

WEB完結申込をした方は契約時に登録した口座が自動的に引き落とし先になります。

カード申込をした方も会員専用サービス(Myモビ)、または公式スマホアプリで返済方法を口座振替に変更することは可能です。
返済方法変更・返済時の振替口座変」というメニューから手続きをしてください。

SMBCモビットで口座振替ができる金融機関

SMBCモビットは他の大手消費者金融と比べると口座振替に対応している金融機関が少ないです。

今のところ、口座振替ができるのは以下の4銀行のみとなっています。

【口座振替ができる金融機関】

  • 三井住友銀行
  • 三菱UFJ銀行
  • みずほ銀行
  • ゆうちょ銀行

口座振替の名義は「カ)SMBCM」なので、引き落としが行われたかどうかは通帳などで確認してください。

口座振替が開始されるまでの期間

ATM返済などの方法で毎月の支払いをしていた人が途中で返済方法を口座振替にすると、実際に初回の引き落としが始まるまでに時間がかかります。

そのため、次回の返済日に口座振替が間に合わないケースもあるので注意が必要です。

その場合には、これまで通りATM返済、銀行振込などを利用して支払いをしてください。

返済方法を変更したからといって油断していると延滞になるかもしれません。

返済方法の登録状況についてはMyモビで確認しましょう。

③銀行振込による返済

SMBCモビットは銀行振込による返済も可能です。
契約者ごとに振込先が異なるので、はじめて振込返済をする人はMyモビの「振込返済口座照会」、次回以降は「利用状況照会」で振込先を確認してください。

ただし、銀行振込では振込手数料が利用者負担になります。

金融機関によって振込手数料は異なります。
SMBCモビットは提携ATMが非常に多いため、生活圏に提携先がないというケースはほぼありません。

加えて、銀行振込だと手続きの時間帯によっては翌営業日の入金になってしまうケースもあり注意が必要です。

三井住友銀行、三菱UFJ銀行の24時間即時振込であれば、平日18時以降、土・日・祝日の振り込みであっても、翌営業日の午前中に、振込日にさかのぼって入金処理をしてくれますが、あえて振り込みを選択するメリットは少ないでしょう。

そのため、銀行振込をするよりも提携ATMを利用することをおすすめします。

銀行振込で返済するメリット

銀行振込で返済をするメリットは、硬貨の取り扱いができるため千円未満の返済にも対応できるという点です。

詳しくは後述しますが、一括返済するのであれば銀行振込を利用すると良いでしょう。

提携ATMで借入残高以上の返済をすると「預かり金」が発生し返金手続きが必要になります。
一括返済して解約も行いたいというときは、銀行振込による返済がスムーズで便利です。

インターネットバンキングによる銀行振込も可能

インターネットバンキングの契約があれば、SMBCモビットの返済をネットバンキング経由で行うこともできます。

Myモビにログインをして、「振込返済口座照会」から手続きを進めてください。
インターネットバンキングでの振込返済であれば、わざわざ銀行の窓口やATMに行く必要はなく、24時間いつでも返済の手続きが可能です。

事前の登録が必要になりますが、パソコンからでも、スマホからでも手続きできるので、慣れてしまえば便利な方法です。

SMBCモビットの返済日と毎月の返済額について

SMBCモビットでは借入残高に応じて毎月の返済額が決定して、契約時に指定した返済日までに入金をします。

返済に遅れてしまうと延滞になるので、いつまでに、いくらを返すのかを確認しておきましょう。

SMBCモビットの返済日はいつ?

SMBCモビットの返済日は、5日、15日、25日、末日のいずれかです。
契約時に返済日を指定することになるため、給料日後を選ぶとお金を準備しやすいでしょう。

指定した返済日が土・日・祝日、年末年始で金融機関の休業日だと翌営業日が返済日になります。
今月の返済日については、Myモビ(パソコン版)の「契約内容照会」にて確認してください。

ちなみに、毎月の返済日を変更したいというときは「約定支払日変更」から手続きをしてください。

ATM・銀行振込で返済する場合の返済期間

口座振替の登録をしていない方は、前回の返済日翌日から次回の返済日までが返済期間になります。

例えば、毎月25日を返済日に指定したとします。
金融機関の休業日を考慮せず、現在が4月1日だとすると、3月26日〜4月25日が返済期間になるのです。

この間に必要な額をATMや銀行振込で返済してください。
期間内に返済をすれば次回の返済日は繰り越されます。

つまり、4月1日に当月分の支払いを済ませたのであれば、次回の返済日は5月25日ということです。

口座振替は原則前日までに入金

口座振替の場合には、当月の返済日に口座から引き落としが実施されます。
引き落としが行われるのは返済期日の当日ですが、原則前日までに入金をしましょう。

また、口座振替の登録をしている方は、返済期間中に提携ATMなどから支払いをしても返済日は繰り越されません。

そのため、引き落とし先の残高については、返済日の前に必ず確認してください。
残高不足を回避するためにも、できるだけ給与の振込口座を引き落とし先に指定することをおすすめします。

SMBCモビットの毎月の返済額はいくら?

SMBCモビットの返済額は「借入後残高スライド元利定額返済方式」という方式で決められます。
名称は長くて分かりにくいですが、最後に借り入れをした直後の残高に応じて次回の返済額が決まる方式です。

SMBCモビットは借入残高に応じて、次のような返済額になります。

SMBCモビットの約定返済額表
最終借入後残高 約定返済額
10万円以下 4,000円
10万円超、20万円以下 8,000円
20万円超、30万円以下 11,000円
30万円超、40万円以下 11,000円
40万円超、50万円以下 13,000円
50万円超、60万円以下 16,000円
60万円超、70万円以下 18,000円
70万円超、80万円以下 21,000円
80万円超、90万円以下 24,000円
90万円超、100万円以下 26,000円
100万円超 借入残高20万円増加ごとに、返済額4,000円追加

※スマホでご覧の方は横スクロールできます。

例えば、契約した直後に20万円を借りたとします。

その場合、約定返済額は8,000円です。
追加借入をしなければ毎月8,000円ずつを返済していくことになりますが、初回の返済日を迎える前に1万円お金を借りると最終借入後残高は21万円になるため、約定返済額は11,000円に増加します。

また、返済を継続して借入残高が10万円以下になっても、自動的に約定返済額は変わりません。
基準になるのは「最終借入後残高」なので、最後に借り入れをした直後の残高が10万円以下でないと返済額は引き下がらないのです。

次回の返済額が分からないというときは、Myモビ(パソコン版)で確認した上で返済をしましょう。

SMBCモビットの返済日や返済額はMyモビで確認できる

この記事でも何度か紹介しましたが、SMBCモビットの返済日や返済額はMyモビから確認できます。

金融機関の休業日で返済日がずれたり、追加借入によって返済額が変動したりするケースは多いので、正確な情報はMyモビで確認すると良いでしょう。

SMBCモビットにインターネット経由で申し込みをした方は、Myモビの利用登録もされているため、次のどちらかでログインしてください。

【Myモビのログインに必要な情報】

  1. ユーザーID+インターネットパスワード+生年月日
  2. モビットカード番号、または振込キャッシング番号+暗証番号+生年月日

自動契約機や郵送、電話などインターネット以外で申し込みをした方は、まずはMyモビの利用登録が必要です。

SMBCモビットの公式ホームページにMyモビの登録用ページがあります。
モビットカード番号、モビットカード暗証番号、生年月日を入力して認証手続きをした後、パスワードの登録、ユーザーID発行という手順で進めましょう。

ちなみに、Myモビにはパソコン版、モバイル版、アプリ版の3つがありますが、何でアクセスするかによって利用できるサービスが異なるので注意してください。

返済に関するサービスの対応状況をまとめました。

Myモビの返済に関するサービス
サービス パソコン版 モバイル版 アプリ版
返済方法変更・返済時の振替口座変更
約定支払日変更
利用状況照会
契約内容照会
振込返済口座照会
返済シミュレーション
借入・返済相談

※スマホでご覧の方は横スクロールできます。

最近ではガラケー利用者自体が減っているので、基本的にはパソコン版、またはアプリ版を使うことになるでしょう。

よく利用するようなサービスはアプリ版も対応していますが、契約内容照会はパソコン版でしか使えないので注意が必要です。

用途に応じてパソコン版とアプリ版を使い分けてください。

SMBCモビットは追加返済・一括返済も自由

SMBCモビットでは借入残高に応じて決まった金額を月に1回返済する必要があります。
これを約定返済といいます。

ただ、約定返済とは別に返済をすることもでき、これを任意返済や追加返済というので覚えておきましょう。
約定返済さえ行えば延滞にはなりませんが、できるだけ多めに支払いをした方が早く借入残高を減らすことができて利息の節約に繋がるのでおすすめです。

また、借入残高をすべて返済することを一括返済や全額返済といいます。
給料日やボーナスを利用して一括返済すれば、いっきに返済スケジュールを繰り上げることができるでしょう。

住宅ローンや割賦販売では、返済スケジュールの変更に事前連絡が必要だったり、手数料がかかったりもしますが、カードローンの場合はそのような制限がありません。

約定返済額以上の支払いであれば自由に行えるのです。

利息を節約したい人はぜひ追加返済や一括返済もしてください。
ここでは、SMBCモビットで追加返済、一括返済する方法について説明します。

SMBCモビットで追加返済するならATMがおすすめ

口座振替では約定返済額のみの引き落としになるため、最低額よりも多めに支払うことはできません。

そのため、追加返済を希望する人はATMで返済すると良いでしょう。
口座振替の登録をしているなら、ATMから入金した分だけ追加返済に回されます。

一方、普段の返済をATMなどでしているなら、毎月の返済を行う際に多めに入金しても良いですし、給料日前などに余ったお金をまとめて入金しても良いです。

銀行振込でも追加返済はできますが、手数料がかかってしまうので注意してください。
手数料のかからない三井住友銀行ATMを利用することをおすすめします。

SMBCモビットで一括返済をする方法

カードローンの利息は1日単位で加算されていくため、現在の残高と明日の残高は違います。
一括返済をする場合には、いつ完済するのかを最初に決めましょう。

完済予定日を決めたらMyモビにログインして「一括返済シミュレーション」を行なってください。
完済する予定日の一括返済額を確認することができます。

また、ATMでは硬貨の取り扱いが基本的にできないため、銀行振込などを利用すると良いでしょう。
振込手数料が別途かかるため、少しお金に余裕を持って銀行へ向かってください。

SMBCモビットの返済日に遅れる場合はどうすれば良い?

SMBCモビットで返済日に遅れると次のようなデメリットが生じます。

【返済日に遅れるデメリット】

  • 遅延損害金(年20.00%)が発生する
  • 信用情報に傷がつく
  • 利用停止になる
  • 督促の電話や手紙が来る

などなど

出費が重なりどうしても返済が難しいというときにしてはいけないのは、何もせずにSMBCモビットから連絡が来るのを待つことです。

自分から連絡をしないと返済する意思がないと思われ、印象を悪くしてしまいます。
もし返済日に遅れそうというときは、自分から連絡を取るようにしましょう。

あわせて読みたい
延滞中でもお金を借りる方法?延滞中でも利用が可能な消費者金融まとめ!
延滞中でもお金を借りる方法!支払いが遅れている時に利用が可能な消費者金融まとめ延滞中だけど、お金って借りることはできるの? 金融ブラックになってしまったら、新規の借入はできないというけれど、本当にお金はもう借りられない? 今回は延滞中の借入に焦点をあてながら、融資のリアルについて考察していきたいと思います。 ...

Myモビで「お支払い予定日登録」をする

返済日を過ぎてしまう場合は、Myモビにログインして「お支払い予定日登録」というサービスで返済期日を延長してもらいましょう。

本来の返済期日を過ぎると延滞にはなりますが、登録した予定日までは電話や郵送物での督促は行われなくなります。

「少し待ってもらえれば返済できる!」という方は、このサービスを利用するのが簡単です。

登録した予定日までに指定の額を入金すれば延滞を解消できます。

ただし、残高不足で口座振替ができなかった場合には、引き落とし先に入金するのではなく、ATMや銀行振込で返済をしてください。

返済用口座での再引き落としは実施されないため注意が必要です。

返済に関する相談はコールセンターに電話

利用状況によってはMyモビから返済予定日の登録ができないこともあるので、その場合にはコールセンターに電話をしてください。

コールセンターでは返済に関する相談も受けてくれます。
返済日以外にも、返済額を下げてほしいなどの相談にも乗ってくれるため、今後の返済についての相談は電話で行いましょう。

コールセンターの営業時間は9:00〜21:00なので、お仕事終わりや休憩中、週末などでも大丈夫です。

できるだけ早めに相談をすることをおすすめします。

SMBCモビットの返済に関する注意点・よくある疑問

最後にSMBCモビットの返済に関する注意点とよくある疑問についてまとめました。

提携ATMで借入残高以上を返済するとどうなる?

提携ATMでは硬貨の取り扱いができないため、残高以上の金額を入金するケースも出てきます。
その場合は、差額が「預かり金(借受金)」になります。
預かり金の発生についてはMyモビのメッセージ、もしくは「利用状況照会」で確認してください。
今後もSMBCモビットの利用があるなら、次回以降の借り入れと相殺することもできますし、銀行振込によって返金してもらうことも可能です。

完済後に解約も考えている方は、解約する前に返金してもらいましょう。

返済スケジュールはどうやって組むの?

カードローンは住宅ローンや割賦販売のように契約時点で返済スケジュールが決まるわけではありません。

約定返済をしていれば自由に返済額を調整できますし、限度額の範囲内なら追加で借りることもできます。

そのため、自分自身で返済スケジュールを立てて、計画的にカードローンを利用する必要があります。

そのときに便利なのが、「返済シミュレーション」です。
SMBCモビットの公式ホームページでは、条件を指定して毎月の返済額、返済にかかる期間などをシミュレーションすることができます。

また、すでに会員になっている場合には、現在の借入状況をもとにシミュレーションすることも可能です。

しっかりと返済計画を立てた上で、カードローンを利用してください。

利用明細が自宅に郵送されることはある?

WEB完結申込をした人は利用明細が自宅に郵送されることはありません。

一方、カード申込をした人は、特定の提携ATMだと法律で定められた内容がすべて印字された利用明細・領収書が発行されないため、後日、自宅に郵送されることになります。

以下の提携ATMであればその場で利用明細が発行されるので、自宅に明細が郵送されることはないです。

【その場で利用明細が発行される提携ATM】

  • 三井住友銀行ATM
  • 三菱UFJ銀行ATM
  • イオン銀行ATM
  • セブン銀行ATM
  • ローソン銀行ATM
  • プロミスATM
  • クレディセゾンATM
  • 第三銀行ATM
  • 福岡銀行ATM
  • 親和銀行ATM
  • 熊本銀行ATM
  • マルチメディア端末(Famiポート・Loppi)

遅延損害金って何?

SMBCモビットは通常であれば年3.0%〜18.0%で金利が決まりますが、延滞している間だけ年20.00%と高い金利が適用されます。
この延滞中に発生する利息を遅延損害金といいます。

通常の利息と二重に徴収されることはないですが、通常よりも多くの利息が発生するので注意してください。

SMBCモビットの返済は口座振替かATM返済がおすすめ!延滞に注意してお金を借りよう

SMBCモビットにはATM返済、口座振替、銀行振込という3つの返済方法があります。
自分にとって都合の良い方法を選択して構いませんが、おすすめは口座振替とATM返済です。

WEB完結申込をした人は口座振替の登録が必須ですが、毎月、自動的に引き落としをしてくれるため返済忘れを起こしにくいというメリットがあります。
また、わざわざ来店する手間もなく、手数料もかかりません。

ただし、口座振替には三井住友銀行、三菱UFJ銀行、みずほ銀行、ゆうちょ銀行のいずれかの口座が必須です。
対応している口座数は少なめなので、利便性が高いとはあまりいえないでしょう。

一方、ATM返済は来店の手間はかかりますが、返済額の調整が簡単で、三井住友銀行ATMを利用すれば手数料も無料です。

それぞれのメリット・デメリットを比較しながら、自分にとって使いやすい方法を見つけましょう。

毎月の返済日や返済額はMyモビで確認できるので、延滞に注意しながらSMBCモビットのカードローンでお金を借りてください。

SMBCモビット
WEB完結を利用すると、会社への電話確認や自宅への書類などの郵送は一切行っていないため、会社や家族に内緒にしておきたいといった方におすすめ。
・全銀システム稼働時間拡大に伴い、2018年10月15日より原則24時間最短3分で振込可能となりました。
人気指数
限度額 1万円~800万円
実質年率 3.0%~18.0%
即日融資 ◯※
無利息期間 ×

※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。

SMBCモビットのWEB完結借り入れなら電話確認なし、郵送物なしで借り入れできる!

詳細ページ公式ページ