SMBCモビットの金利は何%?金利の決まり方と利息を減らすコツ

SMBCモビットといえば郵送物なし・電話連絡なしの「WEB完結申込」が人気の大手消費者金融ですが、申し込みの前に金利についてもしっかりと確認しておきましょう。

カードローンで借りたお金には金利に応じて利息が発生するため、金利を確認しておかないと後で返済に困ってしまうかもしれません。

この記事では、SMBCモビットの金利について他のカードローン会社と比較しながら解説していきます。
利息を減らすコツについても紹介するので、SMBCモビットでお金を借りようと思っている方はぜひ参考にしてください。

あわせて読みたい
SMBCモビットでお金を借りる方法【審査から借入、返済までの流れ】SMBCモビットでお金を借りる前に確認しておきたい審査の流れや借入、返済方法について。電話確認なし郵送物なしで申し込みも可。職場や家族にバレずに利用したい方必見!...

SMBCモビットの金利は年3.0%〜18.0%

SMBCモビットの金利は年3.0%〜18.0%です。
ほとんどのカードローンは審査によって限度額が決まり、その限度額に応じた金利が適用される仕組みになっています。

つまり、年3.0%〜18.0%の間でどのくらいの金利になるかも審査の結果次第ということです。

ただし、SMBCモビットではじめて融資を受けるという方は、限度額が低めに設定されやすく、金利も上限である年18.0%になるケースが多いようです。

実際に何パーセントになるかは審査の結果を待つ必要があるものの、まずは年18.0%で考えておきましょう。

下限金利は年3.0%ととても低い利率ですが、このような利率で契約を結べるのは一部の人だけです。
SMBCモビットの限度額は1万円〜800万円なので、審査の結果、800万円、またはそれに近い限度額で契約を結べた方だけと考えてください。

SMBCモビットなどの消費者金融には、総量規制というルールが適用され、借り入れの限度額が年収の1/3までに制限されます。
他の消費者金融などでの借り入れが一切ない場合でも、限度額800万円で契約を結ぶためには、最低でも年収2,400万円が必要です。

これが初回契約では50万円以下の限度額になることも多いため、年18.0%を想定しておくべきなのです。

年18.0%でお金を借りたときの1ヶ月あたりの利息を表にまとめました。

年18.0%でお金を借りたときの利息
借りた金額 1日あたりの利息 1ヶ月(30日)あたりの利息
1万円 4.9円 147円
5万円 24.6円 739円
10万円 49.3円 1,479円
30万円 147.9円 4,438円
50万円 246.5円 7,397円

※スマホでご覧の方は横スクロールできます。
※ 小数点第2位以下は切り捨てています。

借りる金額にもよりますが、思っていたよりも利息は少ないのではないでしょうか?

SMBCモビットの公式ホームページでは、返済シミュレーションによって返済計画を立てることができます。
毎月いくらの返済になるのか、完済までにどのくらいの利息を負担するのかを調べてみてください。

限度額100万円以上なら金利は年15.0%以下

SMBCモビットの金利は年3.0%〜18.0%ですが、審査の結果、限度額が100万円以上だと必ず年15.0%以下の金利が適用されます。

これは利息制限法という法律によって、元金が100万円以上の場合、金利は年15.0%以下にしなければいけないと決められているためです。

この法律はSMBCモビットだけに限ったことではありません。
一般的に消費者金融の金利は高いといわれていますが、限度額が100万円以上であれば年15.0%で借り入れができるのです。

返済期日を過ぎると遅延損害金が発生する

SMBCモビットは契約時に返済日を毎月5日、15日、25日、末日の中から指定できます。
もしもその返済期日を過ぎてしまった場合には、遅延損害金が発生するので注意してください。

SMBCモビットでの延滞中は年20.00%の遅延利率が適用されるため、通常よりも多くの利息を負担しないといけません。

この遅延利率が適用されるのは元金のみで、延滞を解消すれば通常の金利に戻ります。

しかし、生活が厳しくて返済期日を過ぎてしまったという方は、少しの負担増も避けたいですよね。

最初は少額でも、延滞の日数が延びていけば遅延損害金も大きな負担になってしまいます。
カードローンの返済が苦しくならないように、計画的に借り入れをしましょう。

SMBCモビットの金利は他のカードローン会社と比べて高い?低い?

SMBCモビットの金利が年3.0%〜18.0%というのは説明の通りですが、この金利設定は高いのでしょうか?
それとも低いのでしょうか?

ここでは、SMBCモビットの金利を他の大手カードローン会社と比較していきます。
参考のために限度額もまとめたので比べてみてください。

大手カードローン会社の金利比較
カードローン 金利(実質年率) 限度額
SMBCモビット 3.0%〜18.0% 最大800万円
プロミス 4.5%〜17.8% 最大500万円
アイフル 3.0%〜18.0% 最大800万円
アコム 3.0%〜18.0% 最大800万円
三井住友銀行カードローン 4.0%〜14.5% 最大800万円
みずほ銀行カードローン 2.0%〜14.0% 最大800万円
楽天銀行スーパーローン 1.9%〜14.5% 最大800万円

※スマホでご覧の方は横スクロールできます。

SMBCモビットは消費者金融の中では平均的な金利!

SMBCモビットの金利を他の大手消費者金融と比較した場合、大きな差はないといって良いでしょう。

上限金利を見るとプロミスのみ年17.8%ですが、他3社は年18.0%とまったく一緒です。
少しでも低い金利の消費者金融ということならプロミスを選ぶべきですが、少額の借り入れであれば年0.2%の差は気にしなくても良いかもしれません。

30日あたりの利息の比較
借りた金額 金利18.0%
(実質年率)
金利17.8%
(実質年率)
差額
10万円 1,479円 1,463円 16円
30万円 4,438円 4,389円 49円
50万円 7,397円 7,315円 82円

※スマホでご覧の方は横スクロールできます。

借りた金額そのものが高額であったり、長期で返済したりするのであれば、徐々に差は広がっていきます。

金利は低いに越したことはありませんが、SMBCモビットのサービス面に惹かれる部分があるなら、多少の金利差は気にしなくて大丈夫です。

ただし、SMBCモビット以外のアイフル、アコム、プロミスといった大手消費者金融には無利息期間があります。

はじめての契約だと一定期間は利息0円で借り入れができるため、金利に大きな差はなくても、他社の方がお得にお金を借りられるケースも多いです。
特に短期で返済できる場合には無利息期間の恩恵が大きいので、その点を踏まえて消費者金融を選んでください。

銀行と比べると消費者金融の金利は高め!

SMBCモビットだけでなく、消費者金融は銀行カードローンと比べると金利は高めといえます。

大手消費者金融は上限金利が年18.0%程度である一方、銀行カードローンは年15.0%以下というところが多いです。

消費者金融で確実に年15.0%以下の金利でお金を借りるには100万円以上の限度額が求められますが、上記の銀行カードローンは審査に通りさえすれば年15.0%以下の利率で借り入れができるのです。

どのくらいの金額を借りようと思っているかにもよりますが、50万円を超えるような場合、長期で返済しようと思っている場合には低金利な銀行カードローンが向いているでしょう。

SMBCモビットで利息の負担を減らすコツ

何パーセントの金利が適用されるかはSMBCモビットの審査に委ねられますが、カードローンの利用方法を工夫することで利息の負担を減らすことはできます。

SMBCモビットだけでなく、カードローン全般で役に立つ知識なので一緒に確認していきましょう。

【SMBCモビットで利息の負担を減らすコツ】

  • 限度額の増額で金利を下げる
  • 必要最低限の金額だけを借りる
  • 余裕のあるときは追加返済(任意返済)をする
  • 手数料のかからない返済方法を選択する

限度額の増額で金利を下げる

新規申込時には審査で決まった個別の限度額と金利が提示され、問題がなければカードローンの契約を結ぶことになります。
ただし、契約期間中はずっとそのままの限度額と金利というわけではありません。

契約後は増額の申請ができるため、限度額の見直しを求めることができるのです。
審査があるので必ず増額できるわけではありませんが、限度額がアップすれば適用されている金利も引き下げられる可能性があります。

必要最低限の金額だけを借りる

カードローンは限度額の範囲で自由に借り入れできますが、利息が発生するのは借りた分だけです。

つまり、5,000円が必要なときに余裕を持って10,000円を借りるのは損なのです。

借入単位は利用する提携ATMによって異なります。
千円単位で引き出しができるATMと、1万円単位でしか引き出せないATMがあるので注意してください。

何事においても余裕を持つということは重要なのですが、借り入れに関してはできるだけ必要最低限にしましょう。

余裕のあるときは追加返済(任意返済)をする

SMBCモビットは毎月1回の返済日までに指定の額を支払います。
この毎月行う返済を約定返済といいますが、これとは別に任意の額を支払うことも可能です。

これを追加返済や任意返済といいます。

追加返済をすることで元金が早く減るため、返済期間が短くなり、最終的に負担する利息も減るのです。

お金に余裕があるときは追加返済をして、少しでも早く完済できるように工夫してください。

手数料のかからない返済方法を選択する

利息ではありませんが、SMBCモビットはATMの利用時に手数料がかかる場合が多いです。

コンビニの提携ATMは深夜でも利用でき、とても便利ですが、セブン銀行、ローソン銀行、イーネットのいずれも手数料は有料になります。

SMBCモビットを無料で利用できるのは、三井住友銀行ATMだけです。

【SMBCモビットの主な提携ATM】

  • 三井住友銀行ATM(手数料無料)
  • 三菱UFJ銀行ATM
  • イオン銀行ATM
  • セブン銀行ATM
  • ローソン銀行ATM
  • イーネットATM

などなど

先ほど、利息の負担を減らすコツとして必要最低限の額を借りることを紹介しましたが、だからといって、こまめに利用しすぎるとATM手数料がかさんでしまうので注意してください。

提携ATMの手数料は10,000円以下の借り入れは110円、10,000円超の借り入れは220円です。

できるだけ手数料が無料の三井住友銀行ATMを使うことを意識して、返済については口座振替を登録しておくと良いでしょう。
口座振替であれば手数料は無料で、毎月、自動的に引き落としをしてくれます。

SMBCモビットの金利は消費者金融の中では平均的!借入・返済方法を工夫して利息を節約

SMBCモビットの年3.0%〜18.0%という金利は、消費者金融の中では平均的な設定だといえます。

銀行カードローンと比較すると高めではありますが、少額借入、短期返済を想定するなら大きな差にはならないケースも多いです。
ただし、SMBCモビットには大手消費者金融に多い無利息期間のサービスはありません。

そのため、SMBCモビットの金利に関するメリットはあまりないといって良いでしょう。

一方で、カードローンの利用方法を工夫することで金利を引き下げたり、利息の負担を減らしたりは可能です。

カードローンを比較するときに金利は比べやすいですが、まずは返済シミュレーションをすることをおすすめします。
金利だけを見るのではなく、SMBCモビットでお金を借りた場合に無理なく返済できるのかを確認しておきましょう。

SMBCモビットにはWEB完結申込など他社にはない特徴もあるので、その点にメリットを感じているのであれば十分に申し込みをする価値があります。

SMBCモビット
WEB完結を利用すると、会社への電話確認や自宅への書類などの郵送は一切行っていないため、会社や家族に内緒にしておきたいといった方におすすめ。
・全銀システム稼働時間拡大に伴い、2018年10月15日より原則24時間最短3分で振込可能となりました。
人気指数
限度額 1万円~800万円
実質年率 3.0%~18.0%
即日融資 ◯※
無利息期間 ×

※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。

SMBCモビットのWEB完結借り入れなら電話確認なし、郵送物なしで借り入れできる!

詳細ページ公式ページ