編集部コラム

auのポイントサービスがPontaポイントに!変更のメリット総まとめ

スマホなどをauで契約している方は、毎月の利用金額に応じてポイントが貯まりますが、そのポイントがau WALLETポイントからPontaポイントへ変更になりました!

もしポイントが貯まることを忘れていたなら、auの公式スマホアプリで確認してみてください。

このように簡単に今のポイントをチェックできます。

アプリの画面を見ると「Pontaポイント(auポイント含む)」と書かれていますが、2020年5月21日からauのサービス利用で貯まるのはPontaポイントとなっています。

ちなみに、すでに獲得していたauのポイントは、自動的にPontaポイントに移行されていました。

au WALLETポイントではなくなりましたが、これまでに貯まったポイントがなくなるわけではないので安心してください。

今回は、auのポイントサービスがau WALLETポイントからPontaポイントに変更されたことで、どのようなメリットがあるのかを説明していきます。

【2020年5月21日より】auのポイントサービスはau WALLETポイントからPontaポイントへ

auのポイントサービスがau WALLETポイントからPontaポイントへ変更になることで、これまでよりもポイントを貯めやすく、そして使いやすくなります。

ただ貯まるポイントが変わるというだけではないのです。

これまでは、auでの携帯料金の支払い、au PAYによる決済などでしかポイントを貯められませんでした。

この点はTポイント、楽天スーパーポイントなどの別の共通ポイントサービスと比べると劣る部分だったといえます。

ですが、これまで通りauサービスの利用でポイントが貯まるというだけではなく、今後はPontaポイント加盟店でも共通のポイントが貯まるようになるので、ポイントを増やしやすく、貯めたポイントを使える場所も多くなったのです。

実は、以前もPontaポイントに加盟しているお店でau PAYやau PAYカードで決済できるケースはありました。

その場合、ポイントカードの提示と決済で別々のポイントが付与されることになりますが、これからは同じポイントを貯めることができます。

5月21日以降5月21日まで
Pontaポイントカード0.5%のPontaポイント0.5%のPontaポイント
au PAY0.5%のPontaポイント0.5%のau WALLETポイント
合計1.0%1.0%

Pontaポイントの付与率についてはお店ごとに異なりますが、以上のように別々で貯まっていたポイントが1つに統合されるため、より貯めやすくなったのです。

さらに、これまではPontaカードを提示した後に、スマホ決済やクレジットカード決済などでポイントを二重取りしていたのを、今後はau PAY アプリを利用することでポイントカード提示+決済をワンストップで行えるようになります。

プラスチックカードや別のアプリでポイントカードを提示した後に、クレジットカードなどで支払うという手間がなくなるのは嬉しいですね。

ポイントサービスの変更と同時に、auのクレジットカーであるau PAY カード、au PAY ゴールドカードがauとの契約がなくても利用できるようになりました。

ポイントサービスの内容も改善されたので、auでスマホを契約している方だけでなく、au PAYカードはPontaポイントを貯めたい方にもおすすめのクレジットカードだといえます。

auのポイントがPontaポイントに変更されたことによるメリット

私もauユーザーなのですが、これまでスマホの利用で貯まっていたポイントはほぼ使わずに放置していました…

「一人分の携帯料金で貯まるポイントはたかが知れている」と思っていたのが主な理由なのですが、実は、私と同じような人にも今回のポイントサービスの変更はメリットがあるのです。

auユーザーへのメリット、Pontaポイントを主に貯めていた方へのメリットに分けて、auのポイントサービスの変更がどのような影響を持つのかを見ていきましょう。

もちろん、Pontaポイントを貯めているauユーザーの方は、両方のメリットを確認してもらえればと思います。

auユーザー目線でのメリット

auユーザーにとって今回の変更で特に大きなメリットになりそうなのは主に次の2点です。

  1. auの利用で貯めたポイントを街中でも使いやすくなる
  2. ポイント失効を防ぎやすくなる

①auの利用で貯めたポイントを街中でも使いやすくなる

これまではauのサービスを利用すればau WALLETポイントが貯まっていましたが、ポイントの使い道は限られていました。

auの携帯料金の支払いに充てるなどは可能でしたが、街中で利用するためにはau PAYを経由するなどの必要があり、他社のポイントサービスと比べて多少の使いにくさがありました。

しかし、Pontaポイントと統合されることで、これからはPonta加盟店でもauのサービスで貯めたポイントを使えます。

そのためには、au IDとPontaカードの登録情報の連携が必須なので、必ずアプリやインターネットの会員ページから手続きしておきましょう。

②ポイント失効を防ぎやすくなる

auのサービスで貯めたポイントは、そのポイントが付与されてから4年間が有効期限です。(キャンペーンなどで付与されたポイントには、別途有効期限が決められています。)

そのため、私のようにauでスマホを契約していても、貯まっているポイントを放置していると徐々に有効期限が切れてしまっているのです。

有効期限が切れるポイントについてもauの公式スマホアプリから確認でき、今月末に失効するものがあれば「◯月◯日に〜ポイント失効します」と表示されます。

一人分の携帯電話の契約で貯まるポイントならそこまで多くはないでしょうが、家族の回線をまとめている場合などは注意した方が良いでしょう。

今後はPontaポイントの加算・利用で、その日から1年間、有効期限が延長されます。

例えば、au PAY カード(au WALLET クレジットカード)を普段から利用していれば、毎月Pontaポイントが加算されるので、ポイントの失効を気にする必要がありません。

ただし、次のサービスで毎月定期的に付与されるポイントでは、有効期限は延長されません。

  • マンスリーポイント(au、auひかり)、au STAR長期優待、長期優待ポイント
  • auでんき
  • 東京ガス for au/ 関西ガス for au
  • プラスポイント(無事故還元)

Pontaポイントを貯めている人目線でのメリット

基本的に今回のポイントサービスの変更は、スマホなどをauで契約している方への影響が大きいですが、他社のスマホを使っている人でも、Pontaポイントを貯めているならいくつかのメリットがあります。

例えば、Pontaカード(公式)アプリやローソンアプリと連携することで、それらのアプリからau PAYによる決済を行えるようになりました。

他にも、au PAYの特約店やキャンペーンを利用することで通常よりも多くのポイントを獲得できるなどのメリットもあるのです。

そのため、Pontaポイントを効率的に貯めていくのであれば、au PAYやau PAY カードの利用が有力な選択肢になってくるでしょう。

  1. ローソンやPontaの公式アプリからau PAYが使えるようになる
  2. au PAYやau PAY カードの利用でポイントが貯まりやすくなる

①ローソンやPontaの公式アプリからau PAYが使えるようになる

これまでPontaポイントを貯めていた人は、Pontaカード(公式)アプリやローソンアプリを使っていたと思います。

au WALLETポイントがPontaポイントへ統合されたことで、これらのアプリからでもau PAYによる決済が可能になりました。

au PAY側での会員登録などは必要ですが、au PAYのためだけに別のアプリをインストールする必要はありません。

ただ、現在のところ、Pontaポイントカードの提示から決済までをワンストップで行うためにはau PAY アプリが必要です。

ポイントカードの提示と決済を分けて行うのが面倒という人は、今後はau PAY アプリを使うようにすると良いでしょう。

②au PAYやau PAY カードの利用でポイントが貯まりやすくなる

Pontaポイントを貯めるには、加盟店でPontaポイントカードを提示する他、特定のクレジットカードを使用する必要がありました。

Pontaポイントの二重取りを狙うのであれば、どうしてもリクルートカードPonta Premium Plusなどのクレジットカードを使わなければいけなかったのです。

しかし、今後はau PAYやau PAY カードでもPontaポイントが貯まるので、選択肢が増えると同時に、クレジットカードが使えないお店でもau PAYに対応していればPontaポイントを貯められます。

さらに、auユーザーは三太郎の日(毎月3日・13日・23日)などのキャンペーンを活用することで、通常よりも多くのポイントを獲得できるチャンスがあります。

今月(2020年5月)の三太郎の日は終了してしまっていますが、ローソンでau PAY(コード支払い)を利用すると通常の20倍のPontaポイントが貯まるという大型キャンペーンが実施されていました。

また、2020年6月1日からは「au PAY」による生活応援企画と銘打ち、全国のローソン、ナチュラルローソン、ローソンストア100でau PAYを使うとPontaポイントが最大5%も還元されます。(期間の終了日は未定、なおキャンペーンは途中で変更されることもあります。)

三太郎の日であれば最大8%の還元となるので、Pontaポイントを貯めている方にとっては、これまでよりもポイントをたくさん貯めるチャンスなのです。

Pontaカードとau IDを連携する方法

特別な手続きをしなくても今後はau WALLET ポイントではなくPontaポイントが貯まっていくことになりますが、すでにPontaカードを持っている方はau IDと連携させておくと良いでしょう。

連携させないと、au PAYアプリを使っても、ポイントカード提示分のポイント付与がされなかったり、貯めたPontaポイントを加盟店で使えなかったりするので注意してください。

Pontaポイントカードを持っている人は、次の手順でau IDと連携できます。

Pontaカードとau IDを連携する方法
  1. au PAYアプリのホーム画面からポイントのメニューへ進む
  2. 「連携/ 新規カード発行」を選択する
  3. 「お持ちのPontaカードと連携する」を選択する
  4. 表示される規約を確認し、次へ進む
  5. 登録されているメールアドレスに届く確認コードを入力する
  6. Ponta会員IDを入力して「次へ」を押す
  7. Ponta会員情報に登録されている生年月日と電話番号を入力する
  8. 「連携する」ボタンを押す

以上のような流れで、au IDとPontaカードを簡単に連携することができます。

それぞれのサービスの登録状況によって手順が変わりますが、スムーズに進めば数分で連携できるでしょう。

ちなみに、Pontaカードを持っていないという人は、ステップ③で「新しいPontaカードを発行する」を選べばアプリからデジタルPontaカードを申し込めます。

プラスチックカードタイプを希望する場合には、近くのローソンなどで発行手続きをすると早いでしょう。

【まとめ】au PAYとPontaカードの両方を使ってポイントを二重取り!

auのポイントサービスがau WALLET ポイントからPontaポイントに変わったことで、確実に以前よりも貯めやすく、使いやすくなったといえます。

「とにかくPontaポイントを貯めたい!」という人は、au PAY、au PAY カードを利用することで、これまでよりもたくさんのポイントを貯められるでしょう。

また、auユーザーはこれまで通りauのサービスで貯めたポイントをau PAYや携帯料金の支払い充てるというだけでなく、au PAY カードを通して携帯料金を支払えばポイントの有効期限を延長でき、Ponta加盟店で得たポイントを携帯料金に充てることも可能です。

au PAYアプリではポイントカードの提示とスマホ決済をワンストップで行えます。

Pontaカード(公式)アプリやローソンアプリからでもau PAYを利用できるようになりましたが、レジでの決済をよりスムーズに行うならau PAYアプリがおすすめです。

au IDとPontaカードの登録情報の連携を忘れずに行い、どんどんポイントを貯めていきましょう。

なおマニプラでは、「お金を借りたいけど、どこから借りるのがいいのかわからない・・・」あなたのために、状況に応じたさまざまなお金を借りる方法を提案しています。
消費者金融や銀行カードローン以外にもお金を借りる方法はたくさんありますから、何か解決策をお探しの方は、ぜひマニプラをご活用ください!

ABOUT ME
yu
yu
ほぼ現金を使用しないキャッシュレス生活を送るアラサー男子。クレジットカードのポイントを貯めることを第一に考えているため、買い物は値段よりも、還元率を重視するという本末転倒っぷり。
\今日借りる方法はコチラで紹介中/
WEB完結の記事を確認する
\今日借りる方法はコチラで紹介中/
WEB完結の記事を確認する